スポンサーリンク



こんにちは、テレビっ子です。

今回は前々から話題になっていた真木よう子さん主演のドラマ。
『炎上弁護人』を取り上げてみました。

今の世相を反映したテーマで見ごたえもあると思います。
この秋も弁護士が主役のドラマはあります。
また一味違うドラマですので期待してください。

12月15日(土)NHK総合で土曜ドラマスペシャル『炎上弁護人』が放送される。

渡会美帆(真木よう子)は大手弁護士事務所で企業のリスクマネジメントを担当していた。
そんな日々、大手企業の炎上案件をめぐり事務所を追われてしまう。

現在は自宅でネットを巡る案件をこなしている毎日だった。
そんな渡会に降って湧いたのがネットで炎上し“加害者扱い”された主婦・朋美(仲里依紗)の案件。

ここからアウトローな弁護士・美帆と、彼女に助けられタフに変わってゆく朋美。
依頼人と弁護士という立場を越えた二人の女のヒューマンドラマです。

ドラマのあらすじは

実家の2階で宅弁を営む弁護士・渡会美帆(真木よう子)のもとに、依頼人の主婦・朋美(仲里依紗)が現れる。
彼女のSNSはタレント並みのフォロワー数を誇っていた。

朋美は自分に冷淡だったマンション業者のモデル・ルームが火災にあった映像をSNS発信したことで、
「拡散を狙った自作自演の放火では?」と疑われ、一気に炎上したのだ。

SNSの炎上案件という勝ち目の薄い状況に迷う美帆だったが、朋美に対する攻撃のひどさにあえて依頼を引き受ける。
だが朋美の自宅がネット民に割り出されて襲撃にあってしまう。

さらにマンション業者には信用棄損で訴えられ、高額の損害賠償を要求される。
業者側の弁護士・北坂(小澤征悦)は、かつて大手事務所で公私に渡るパートナーだった。

しかし、とある案件で美帆を裏切り、事務所を辞める原因となった因縁の相手だった。
追い詰められた朋美を守るため、美帆はネット記者の馬場(岩田剛典)と組む。
ネット中継で朋美自ら無実を訴えさせる決断をするが…。

配役

渡会美帆(わたらい・みほ)…真木よう子

真木よう子さんからのメッセージ

今やネット炎上や、SNSから発信される情報での事件発覚等、私達、表に立つ人間でなくとも皆様全員が襟を正さなければ、次は我が身と姿勢を伸ばす社会になったように思います。

誰が本当の犠牲者で、加害者は何者なのか。
現代のこの流れにどこか「これでいいのか?」と、思っていらっしゃる方々の気持ちがスカっとするようなドラマです。是非、多くの方々に御覧になって頂きたいと思っております。

 

日下部朋美(くさかべ・ともみ)…仲里依紗

馬場明(ばば・あきら)…岩田剛典

渡会明彦(わたらい・あきひこ)…宇崎竜童

北坂史郎(きたさか・しろう)…小澤征悦

土曜ドラマスペシャル『炎上弁護人』
このドラマではアウトローな弁護士を演じています。
久々のドラマ出演に今から期待も高まっています。

話題のドラマのキーワードは弁護士

真木よう子さん主演の『炎上弁護人』だけではなく
この秋から始まったドラマには
弁護士さんが登場される話題のドラマがたくさんあります。

ひとつは織田裕二さん主演SUITS(スーツ)
これはアメリカで爆発的人気をほこった
テレビドラマのリメーク版です。

本場のSUITS(スーツ)は日本でも有料放送で視聴できるようです。

過去に共演した、鈴木保奈美さんとのからみが注目されれてますね。

その他今注目の新木優子さんや
(Hey! Say! JUMP)の中島裕翔、中村アン等が出演されています。

そしてもう一つ注目されているのが
米倉涼子さん主演の「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」

米倉涼子さん自身が弁護士役というわけではありませんが
資格を剥奪されてしまった元弁護士が
どんな不利な訴訟であっても勝利を勝ち取とっていくという痛快なドラマ。
共演も林遣都さん、三浦翔平さん、菜々緒さん等
豪華な顔ぶれが揃っていますね。

期待通りなドラマで毎週欠かさずみている方も多いのではないでしょうか。

なぜ弁護士ドラマは好まれるのか

このように弁護士を主役にしたドラマが話題になりますね。
なぜこのような法定ドラマが好まれるのでしょうか。

連続ドラマは毎回見ないと内容についていけないということがあります。
しかし弁護士ドラマは一話完結がほとんどです。

ですから、どの回から見ても話の辻褄は合います。
主役の俳優さんはもちろんですが、
一話完結なので、毎回ゲストの俳優さんにも楽しみがあります。

また日常生活とはあまり縁のない

逮捕、起訴、裁判といった普段知らない
法律知識もわかりやすくドラマになっているので、人気も高いのかもしれません。

またテレビ等の法律バラエテーは今でも人気の番組です。

そんなことが後押しになって、弁護士ドラマが続々登場してくるのかも知れません。

スポンサーリンク