【今更聞けないお月見の意味】中秋の名月とはなにか?

日本には四季折々に、たくさんの楽しみ方があります。
中でも日本独特の楽しみ方として春のお花見、秋のお月見、そして冬の雪見などがありますね。

また夏の七夕と言う行事を考えると、お星見と言えるかもしれませんね。
どれも風流な行事で、日本人ならではの楽しみ方と言えそうです。

特にお月見などは、夜空に浮かぶ大きな満月を見て、昔の人々は何を思ったのでしょうね。
お月見にはとてもロマンを感じますが、そんなお月見にもちゃんとした意味がある事をご存じでしたか。

そこで中秋の名月とはどんなものなのか、お月見の意味とは何か考えてみます。

中秋の名月とはなに?

一般に十五夜の事を中秋の名月と呼び、同じ満月でも特に美しい月の事を指すようです。
そんな最高に美しい月が見える時期は、旧暦の8月15日(新暦9月20日)と言われています。

そこで月が最も美しく見えるこの日の月を特に「中秋の名月」と呼ぶようです。
また他に「仲秋の名月」と表記する場合もありますが、この二つは全く別の意味を持っています。

仲秋は秋を区分すると初秋(旧暦7月)、仲秋(旧暦8月)、晩秋(旧暦9月)と分けられます。

ですから仲秋(旧暦8月)は8月の時期の全体を指す事から、十五夜に限定されず十三夜や十日夜などの月見を指す場合もあります。

また中秋は秋全体の「中日」となる為、旧暦の8月15日のみを指す事になります。
このように、月は様々な形を変えて夜空に浮かび、毎月15日頃になると満月となり薄明りでほんのり照らしてくれます。

その中でも中秋の名月は、特別なお月様と言うことですから期待したいですね。
ちなみに2019年の中秋の名月は9月13日になりますよ。

お月見には、どんな由来があるのか

日本では毎年秋になると、月見団子を食べながらお月様をして楽しむ行事があります。
そのほとんどは中秋の名月である、十五夜に行われますね。

お月見はもともと中国の宮廷行事から伝わった風習のようです。
日本では平安時代以来、月の満ち欠けが人の生と死に通じると思われてきました。
ですから満月のたびに、祭り事として月見をしたことが由来のようですね。

明治以前までは陰暦を元に作られた、旧暦から月日を決めていました。
そこで毎月15日が満月となり、一年に12回、閏年の年だと13回が満月(十五夜)あることになります。

そして中でも最も月が美しいとされたのが旧暦の8月15日(新暦9月20日)でした。
そこでこの日を中秋の名月と呼び、お月見の風習として広がったといわれています。

これが江戸時代に入ると、農作物の収穫時期と重なる事から、豊作を祝う祭りとして根付いてきたようです。
昔、月は太陽と同じくらい神秘的な存在として扱われ、月にも神様が宿ると考えられていたようですね。

その為、月には神様に捧げる餅をつくウサギいると言われ、大きな月を眺めていました。
またかぐや姫の童話などでも月は登場しますよね。

どんなに高い山に登っても、手を伸ばせば掴めそうなほど大きな月でも決して触れる事も、辿りつくこともできません。
人々にとってお月様は、神秘的でもあり神聖なものだったのでしょうね。

現代は宇宙旅行もそう遠くない話になってきました。
今では月の実態も小学生でも写真を通して知る事が出来る時代です。
何も知らない昔の人達の気持ちを考えるとロマンを感じてしまいますよね。

お月見の意味をまとめると

お月見は、美しい満月を見て楽しむ事から観月とも呼ばれています。
昔は貴族の間でお供え物をして酒などを酌み交わし、池や盃にうつし出される満月を見て風流に浸かったといわれています。

また旧暦の8月15日は新暦で9月13日前後になる為、農村の収穫祭と重なる事になりますね。
そこで豊作に感謝の気持ちを捧げて、お供え物と共に豊穣に感謝したと言われてれています。

ですからお月見の意味は貴族の間では楽しみの一つでもあり、農民の間では秋の収穫祭の意味合いがあると言う事ですね。