インフルエンザの予防接種をするなら、もっとも効果的な時期はいつ?

インフルエンザ
スポンサーリンク

毎年冬になれば、インフルエンザが流行します。

この時期になると子供やお年寄り、受験生など予防接種を受ける人が多くなります。

それでも中には、予防接種をしもインフルエンザに罹ってしまう人はいます。

小さなこどもの場合、他の予防接種と時期が重なることもあります。

そこで効果の持続期間や、受ける時期などが気になるところですね。

この記事は予防接種の効果的な時期など、2分ほどで読めるようまとめています。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の時期はいつが効果的?

毎年12月~3月頃までは、時期的にインフルエンザが流行します。

そこでこの時期になると学級閉鎖や、
学校閉鎖などの処置をとらざるを得ない学校も出てきます。

 

ではインフルエンザの予防接種は、いつ受けたらよいのでしょう?

予防接種は実際に、
インフルエンザが流行する時期から逆算すると、11月頃に受けるのが最適なようです。

 

しかし近年は毎年のように、インフルエンザの型が変化します。
ですから従来の予防接種や、治療薬では効果を示さないことがあります。

予防接種の効果は接種したあと、約2週間で抗体が出来上がります。
その後4週間で、その効果はピークに達します。

ですので効果は、5か月程持続したのちに低下していくといわれています。

 

予防接種を受けた後に、インフルエンザウイルスが体内に侵入した場合。
抗体が増えるので、ワクチンの効果も持続して症状を抑えることが出来ます。

しかし抗体を持たない新種のウイルスの場合は、
体内に侵入してしまうとワクチンの効果は確実とは言えないようです。

とはいえ予防接種は、
インフルエンザに罹らないためには、必要なことに違いはありませんね。

また予防接種は、体内に侵入した新型のウイルスでも、
重い合併症や、重症化を予防することは期待できるようですよ。

そこで健康被害を最小限に止めるためにも、早めに予防接種を受けることはおすすめです。

大人と赤ちゃんの予防接種の違いは?

子供や乳幼児の接種回数は?

赤ちゃんが生まれると6か月以内は、母親の抗体が体内で働いています。
そこで赤ちゃんはインフルエンザや、その他の病気に感染しにくいといわれます。

そんな事情で、6か月以上の赤ちゃんからは
インフルエンザの、予防接種をすることも可能になっています。

しかし1歳未満の乳児への、ワクチン効果はまだ立証されてはいないようです。

 

またインフルエンザに、一度もかかったことがない小児。
そして13歳未満の子供は、インフルエンザの予防接種を1回だけでは効果が低いようです。

 

そこで一度予防接種をしていただけでは、
インフルエンザにかかってしまう可能性があります。

つまり6か月~13歳未満の、小児への予防接種は、
抗体を高めるためにも2回摂取する必要があるということになりますね。

大人の場合の接種時期などは?

一方で何度かインフルエンザに罹り、抗体もできているような
13歳以上の子供や大人は一回の接種でも効果はあるようです。

また毎年ワクチンを接種しているような人も、
一回の接種で十分効果は得られると言うことです。

 

また6か月以上の赤ちゃんの場合は、
予防接種を受ける時期について、まずインフルエンザが流行する時期を考えます。

毎年インフルエンザが、12月~3月の期間に流行することを考えると、
10月~11月に一回目を受けことになります。

 

二回目の接種は、2~4週間間隔をあけて11月~12月に受けるようにします。
できればインフルエンザが流行する前に、2回めも終了できるように調整できると良いですね。

 

一方大人の場合は、インフルエンザの抗体が出来ているので
一回の接種でも、十分効果はあります。

インフルエンザの流行を考えると、
接種時期としては10月~11月頃が最適で、12月前までには終わっているのが理想ですね。

受験生のインフルエンザ予防

インフルエンザウイルスは、寒い時期と乾燥しやすい環境を好みます。
そこで流行する時期は、12月~3月頃がピークになります。

インフルエンザにかかってしまうと、高熱が続き日常生活が困難になります。
また重症化すれば、脳炎や肺炎なども併発する恐れがあります。

ですのでインフルエンザにかかってしまうと、必然的に安静にしている必要があります。

 

特にこの時期は、受験シーズンとも重なっています。
受験生にとっては、最大の注意が必要になってくる時期です。

受験生なら遅くとも、
受験日の3~4週間前までに
は予防接種をすませておきたいですね。

 

せっかく受験に向けて頑張ってきたのに、
インフルエンザによって、試験が受けられないのでは残念すぎます。

本当に嘆いても、嘆ききれませんよね。

 

自分が頑張ってきた成果を、100%発揮できるよう、
インフルエンザの予防接種は、前もって接種し悔いを残さないようにしてくださいね。

インフルエンザ予防接種の料金の相場は!料金は全国均一?
毎年インフルエンザが流行する時期になると、予防接種を受ける人が多くなります。 インフルエンザの任意接種は、料金を支払って受けるのが一般的ですね。 しかし小さな子供や高齢者は、地域によって自治体の補助がもらえるところもあります。 ...
タイトルとURLをコピーしました