インフルエンザ予防接種の料金の相場は!料金は全国均一?

インフルエンザ
スポンサーリンク

毎年インフルエンザが流行する時期になると、予防接種を受ける人が多くなります。

インフルエンザの任意接種は、料金を支払って受けるのが一般的ですね。

しかし小さな子供や高齢者は、地域によって自治体の補助がもらえるところもあります。

普通は自己負担なので、家族全員が受けるとかなりの金額になってしまいます。

ところで予防接種の料金は、地域や病院で違いがある事をしっていますか?

そこでインフルエンザ予防接種料金の、相場や価格の違いなどまとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の料金はどこでも均一?

インフルエンザは、法定伝染病にも指定されている流行性の疾患です。

またインフルエンザは、高熱を伴うのが特徴です。
場合によっては痙攣や、肺炎などを併発します。

インフルエンザは伝染する確率が非常に高く、
昔は学校などでも、集団で予防接種を受けていました。

 

しかし自治体からの補助がない地域では、
個人が任意で、予防接種を受けることになっています。

ですからインフルエンザの予防接種を受けるには、
個人で医療機関に行き、自費で接種
することになります。

 

そこでインフルエンザ予防接種は、
どこでも同じように、均一料金と考えてしまいます。

ところが予防接種の料金は、均一ではありません。
地域や医療機関によっては、
料金に差があります。

 

そのため接種料金の高い病院と安い病院とでは、
1,000円以上もの差がある場合もあります

予防接種の料金は、全国どこでも均一と思っていませんでしか?
料金に差が生じるなんて、なんか納得できませんね。

インフルエンザ予防接種料金の相場はどれくらい?

インフルエンザ予防接種の料金が、
地域によって違うということは分かりました。

それではインフルエンザ予防接種料金の相場は、一体いくらくらいなのでしょう?

 

インフルエンザのワクチンは、
厚生労働省が選んだウイルス株を元に、医薬品メーカーが製造しています。

ですから基本的に、どちらのワクチンの中身は同じです。
それなら
料金も同じになるのが相当
と考えますね。

しかし実際は、接種するワクチンの料金にはバラつきがあります。

ところでインフルエンザウイルスの型は、毎年のように変わっています。

そこでワクチンも、その年のウイルスに合うよう、
3種類から4種類に増やされ、値段的には高くなることもあります。

 

最近のワクチンの相場としては
3,000円~5,000円くらいで、
平均すると3,066円になります。

しかしワクチンの価格の変動に伴い
5,000円以上の時もあれば、安いときは3,000円以下の時もあります。

 

このように価格の相場は、その年ごとに大きく変動します。

予防接種料金はなぜ地域差があるのか?

インフルエンザ予防接種の料金の相場は、
その年に流行する型によっても変動しています。

そこで受診する、医療機関によっても差がでてきます。

 

ワクチンの中身は同じなのに、
なぜ料金に違いが生じるのか不思議に思いますね?

実はインフルエンザを予防するワクチンは、
厚労省が選んだウイルス株を元に、医薬品メーカーが製造しています。

ですからワクチンの中身は同じなのですが、
予防接種の料金は病院ごとに、
自由に価格を設定できる、自由診療に基づいて行われているのです。

 

そこで予防接種の料金が、医療機関ごとに差が生じてしまうわけです。
つまり病院側で、自由に料金を設定することが出来てしまうというわけです。

予防接種の価格は、
「ワクチンの仕入れ値+必要経費+病院の利益」となります。

ですからその年に作られたワクチンと、
病院の思惑によって、値段に差が生じていると言う事になります。

 

またワクチンは、毎年流行しそうな型を想定し、
A型・B型とそれぞれの型と、更に2種類加えたワクチンから作られます。

そんなわけでワクチンの価格も、年ごとに変動してしまうことになります。

そこで病院側の仕入れ値も、情況により異なります。
病院の利益を考えれば、
各医療機関ごとで料金に差が出るのも仕方がないのかもしれません。

 

しかし平成30年から、
インフルエンザ予防接種助成金制度が制定されました。

各企業の補助金制度に基づいて、
2,000円を上限とした助成金が受けられるようになりました。

 

この制度は本人のみではなく、
家族も予防接種を受けると支払われます。

インフルエンザの予防接種を受ける際には職場で確認してみてください。

予防接種料金、大人と子供では違いがあるのか?

基本的に大人と子供では、
インフルエンザの予防接種料金に違いがあります。

つまり、大人よりも子供の接種料金が安いということです。

ふつう子供は2回接種するのが基本です。
ですから1回2,000円~3.000円程度で、2回目は1回目よりも安くなります。

 

また病院によっては2回目を無料にしているところもあります。
しかし結果的には、大人の料金とあまり違いのない額になりそうです。

そこで大人料金ですが、一般的に3,000円~5,000円が多いようです。

 

インフルエンザも一回や二回の予防接種で、
重症化を防ぐ事ができれば、受けておいて損はありません。

最近では助成金も受けられます。
補助金も上手に活用して、今年は予防接種をしましょうね。

インフルエンザの予防接種をするなら、もっとも効果的な時期はいつ?
毎年冬になれば、インフルエンザが流行します。 この時期になると、予防接種を受ける人が多くなります。 それでも中には、予防接種をしもインフルエンザに罹ってしまう人はいます。 そこで効果の持続期間や、受ける時期などが気になるところですね。
タイトルとURLをコピーしました