インフルエンザ

妊娠中のインフルエンザ予防接種は、どこで受けたらいいか?

今年はインフルエンザに限らず、新型コロナウイルスが多くの人に深刻な影響を与えました。

特にインフルエンザは妊娠中に罹ると、母体だけでなく胎児にも悪影響を与えるといわれます。

そしてインフルエンザは、流産や早産などの原因とも考えられています。

ですから妊婦さんがインフルエンザの予防接種を、受けたいと思うのは当然の心理ですね。

しかし妊娠中に予防接種をしても、大丈夫なのでしょうか?

ちょっと不安になりますよね。

そこで妊娠中予防接種についてまとめました。

インフルエンザ予防接種は、妊娠中でも大丈夫なのか?

妊婦さんがインフルエンザに罹ると、流産や早産の原因にもなります。
また生まれた赤ちゃんに、インフルエンザの影響がでることも報告されています。

ですからインフルエンザに罹らないように、インフルエンザの予防接種を受けたいと思うでしょう。
しかし予防接種が胎児に影響を与えるのではと、躊躇してしまう妊婦さんは多いと思います。

普通、予防接種は生ワクチンを使用しています。
しかしインフルエンザのワクチンは、無毒化した不活化ワクチンを使用しています。

ですから妊娠中の母体に接種したとしても、特に問題はないと考えられています。

また胎児に対する影響も心配ですが、今現は在悪影響についての報告はないようです。

逆に妊娠中にインフルエンザワクチンを接種すると、出生児への感染予防にも繋がります。

ですからワクチン接種を推奨する医師もたくさんいます。
つまりインフルエンザ不活化ワクチンに対する有効性と、安全性が高く評価されているのですね。

ですから予防接種は、妊婦さんでも安心して受ける事が出来ます。

妊娠の接種は、いつでもいつでも大丈夫?

妊娠をしたことがある人なら誰もが不安に感じると思います。
妊娠中でも特に初期は、胎児が成長するうえで一番大事な時期ですよね。

この大切な時期のレントゲン撮影。
またウイルス感染、薬剤などの投与で胎児にも悪影響を及ぼします。

ですから妊娠の初期には、慎重になってしまう妊婦さんは多いと思います。
また妊娠初期は、まだ胎児が安定しない時期です。
ですから流産や、早産の可能性もこの時期は高くなります。

そこで一般的に妊娠初期の予防接種は、出来るだけ避けた方が良いと考えられています。
また予防接種を受けるのなら、13週以降に受けるのが良いようです。


しかしインフルエンザワクチン接種は、妊娠初期についての悪影響は確認されていません。

むしろ逆にインフルエンザワクチンの、安全性や有効性について確認されています。
ですからインフルエンザシーズンが、妊娠初期にあたった場合でもワクチンを接種は問題ないようです。

心配であれば13週以降に受けるか、または医師に相談してみるのが良いかもしれませんね。
また妊娠後期(5か月以降)になると、胎盤が出来上がるため安定期に入ります。

妊娠後期になってしまえば、様々な影響も胎児は守らます。
ですから妊娠後期なら、インフルエンザのワクチン接種も安心ですね。

また予防接種には生ワクチンと不活化ワクチンの2種類あります。
インフルエンザを除いた、他の予防接種は生ワクチンを使っています。
そこで妊婦さんは予防接種が出来ないと、一般的には言われます。

しかしインフルエンザのワクチンの場合。
毒性を無毒化した、不活ワクチンでですから妊婦さんも接種が可能です。


つまりインフルエンザワクチンの接種は、妊娠初期でも後期でも心配はないと言えます。
それでもやはり不安と言う妊婦さんは、産婦人科医と相談して決めるのが良いですね。

妊娠中の予防接種は、何科が良いか?

妊娠中は、かかり付けの産婦人科があると思います。
その病院で、臨月まで定期的に検診を受けるようになっていますよね。

ですから妊娠中の様々な諸事情は、やはり産婦人科医に相談することが一番です。

妊婦さんが、インフルエンザのワクチンを接種する場合。
やはり、かかり付けの産婦人科が安心ですよね。

しかし混雑など病院の事情によって、受けられない場合もあるかもしれません。
その時は最寄りの内科でも、大丈夫のようです。

もっともその場合には、妊娠している旨を医師に告げることは必要です。
ですから母子手帳など、忘れずに提出するようにしましょうね。

妊娠中の副作用の心配は?

妊娠中にインフルエンザに罹患してしまうと、一般の場合よりも重症化しやすくなります。
またインフルエンザは、100%の確率で胎児に影響が出ると言われています。

そのほとんどは流産や早産、死産といった形になることが多いようです。
そのためのもインフルエンザの予防接種は、受けておくことが必要ですね。


インフルエンザワクチンは、不活化ワクチンです。
母体や胎児にたいして、悪影響が出たと言う報告はありません。

それでも妊婦さんの、体調や体質によっては軽い副作用が現れるようです。
接種した部位が、赤く腫れたり痛むなどの副作用です。
しかしほとんどの場合、2~3日で治るのでこれらの副作用に関しては特に心配はいりません。

ごくまれにですが全身症状として発熱や頭痛、又は痙攣などの副作用が現れることがあるようです。
とは言ってもこれらの副作用は極・稀の稀であり、滅多にない事ですので心配はいりません。
しかし、卵でアレルギーの出る人は注意が必要です。

インフルエンザワクチンは、卵を成分にして作られています。
そこで卵にアレルギーのある人は、接種は出来ない事になっています。
卵アレルギーの人は、じんましんや呼吸困難、発疹などの副作用が現れるようです。

ですから予防接種を受けるときは、事前にその旨を医師に伝えることが必要ですね。

インフルエンザ予防接種の副作用が現れる時期や症状は?

-インフルエンザ

© 2021 うきうき情報