インフルエンザ予防接種、妊娠中でも大丈夫? 接種はどこで受けたらいいか?

インフルエンザに限らず様々な伝染性ウイルスは人に与える影響は大きいですよね。

特に妊娠中にインフルエンザに罹ると母体だけでなく、胎児にも悪影響を与えると言われており、流産や早産などの原因にもなっているようですよ。

その為に一般の人と同じように、インフルエンザの予防接種は受けておきたいと考える妊婦さんも多いと思います。

ですが妊娠中に、予防接種をしても大丈夫だろうかと不安になることもありますよね。

そこで妊娠中でも予防接種はうけられるのか、また胎児への影響や副作用の心配はあるかまとめてみました。

インフルエンザ予防接種は妊娠中でも大丈夫なのか?

妊婦さんがインフルエンザに罹ると、流産や早産の原因にもなります。
また無事に生まれても、赤ちゃんに何らかの影響がある事が報告されています。

ですから一般の人と同様に、インフルエンザの予防接種を受けたいと思っても、胎児に与える影響を考えると躊躇してしまう妊婦さんは多いと思います。

しかし普通の予防接種は生ワクチンを使用していますが、インフルエンザのワクチンは無毒化した不活化ワクチンを使用しています。

ですから妊娠中の母体に接種したとしても、特に問題はないようですね。
また胎児に対する影響も心配ですが、今現在悪影響についての報告はないようですよ。

逆に妊娠中にワクチンを接種すると、出生児へのインフルエンザ感染予防にも繋がります。

そのため推奨する医師も多く、インフルエンザ不活化ワクチンに対する有効性と、安全性は高く評価されているようですね。

ですから予防接種は安心して受ける事が出来ますよ。

妊娠前期でも後期でもいつでも大丈夫?

妊娠をした事がある人なら誰もが不安に感じたと思いますが、妊娠中でも特に初期は、胎児が成長するうえで一番大事な時期ですよね。

この大切な時期にレントゲンや、様々なウイルス感染、また薬剤などの影響を受けると胎児にも悪影響を及ぼします。

ですから妊娠の初期には、慎重になる妊婦さんは多いですよね。
また妊娠初期は胎児が安定しない時期でもあり、流産や早産の可能性もこの時期は高くなります。

そこで一般的に妊娠初期の予防接種は、避けた方が良いか受ける場合であれば13週以降に受けるのが良いようですね。
しかし妊娠初期の、インフルエンザワクチン接種に対しての悪影響は、どのデーターからも確認されていません。

逆に安全性や有効性について確認されているので、インフルエンザシーズンが妊娠初期にあたった場合でもワクチンを接種しても問題はないようです。

心配であれば13週以降に受けるか、または医師に相談してみるのも良いかもしれませんね。
また妊娠後期(5か月以降)になると、胎盤が出来上がるため安定期に入ります。

妊娠後期になれば様々な影響から、胎児は守られる事になるのでインフルエンザのワクチン接種も安心ですね。

予防接種には生ワクチンと不活化ワクチンの2種類あり、インフルエンザを除いた他の予防接種は生ワクチンを使っています。
そのため妊婦さんには予防接種が出来ないと、一般的には言われています。

ですがインフルエンザのワクチンは、毒性を無毒化した不活ワクチンであるので妊婦さんも接種が可能です。
ですから妊娠中は初期でも後期でも、インフルエンザワクチンの接種は特に心配はなくいつでも大丈夫と言えます。

それでもやはり不安と言う妊婦さんは、産婦人科医とよく相談したうえで決めるのが良いと思います。

妊娠中の予防接種は内科で?

妊娠中はかかり付けの産婦人科があり、臨月まで定期的に検診を受けるようになっていますよね。

ですから妊娠中の様々な諸事情は、産婦人科医に相談することが一番です。

妊婦さんがインフルエンザのワクチンを接種する場合は、やはりかかり付けの産婦人科で行われる場合が多いです。

しかし混雑や病院の事情によって受けられない場合もありますよね、その時は最寄りの内科でも大丈夫だと言う事ですよ。

その場合は妊娠している事を医師に告げる事は必要で、母子手帳などは忘れずに提出するようにしましょうね。

妊娠中の副作用の心配は?

妊娠中にインフルエンザに罹患してしまうと、一般の場合よりも重症化しやすく、特に100%の確率で胎児に影響が出ると言われています。

そのほとんどは流産や早産、死産と言った形になるので、やはり予防接種は受けておくことは必要ですよね。
インフルエンザワクチンは不活化ワクチンである為、母体や胎児にたいしても悪影響が出たと言う報告もありません。

しかし体調や体質によっては接種した部位が赤く腫れる、又は痛みなどの副作用は妊娠さんでも現れる場合はあります。
しかしほとんどの場合、2~3日で治るのでこれらの副作用に関しては特に心配はいりません。

ごくまれにですが全身症状として発熱や頭痛、又は痙攣などの副作用が現れることもあるようです。

とは言ってもこれらの副作用は極・稀の稀であり、滅多にない事ですので心配はいりませんが、卵でアレルギーの出る人は注意が必要です。

インフルエンザワクチンは、卵を成分にして作られています。
ですから卵にアレルギーのある人は、じんましんや呼吸困難、発疹などの副作用が現れるので接種は出来ない事になっています。

ですから予防接種を受ける時は、事前にしっかりその旨を医師に伝える事が大切ですね。