2019年のお歳暮を贈る時期はいつ頃?関東関西で贈る時期に違いはあるのか?
スポンサーリンク

毎年11月頃になると、スーパーなどからお歳暮のパンフレットなど送られてきます。

このパンフレットを手にする度に年の瀬を感じ、日頃お世話になった方々へ感謝の気持ちを伝えなければと言う思いに駆られます。

スーパーなどでは混雑を防ぐ意味でも、早割引を実施しているところもあり、年々注文する時期が早くなっている事にも気づかれますね。

しかし、本来お歳暮を贈る時期はいつ頃が一般的なのかご存知ですか?

また、過ぎてしまった場合はどうすればよいのでしょうね。

そこで2019年にお歳暮を贈る時期や、関東と関西では贈る時期に違いがあるのかまとめました。

スポンサーリンク

お歳暮を贈る時期っていつ頃なのか?

日頃お世話になった方々へ一年間の感謝として、お歳暮やお中元などの贈り物をする習慣があります。

近年ではデパートやスーパーなどでは、パンフレットを早めに配り混雑することを避けるために早割引きなどを実施しているところもありますよね。

お歳暮などは11月頃から準備を始めるところもあります。
その為、贈る側としても時期が年々早まっている感じもありますが、本来のお歳暮を贈る時期っていつ頃なのでしょうね

12月と言えば年の瀬でもあり、お正月の準備(正月事始め)やクリスマスの準備にいそがしくなります。
また会社関係なら忘年会や仕事納めと、何かと慌ただしく過ぎ去ってしまうのもこの時期ですね。

その為忙しい時期に、お歳暮のお返しなどを考えなけれと思うと、贈る側としては時期を考えなくてはなりませんよね。

お歳暮は一般的に12月13日から12月20日までに贈るのが良いと言われています。
しかし慌ただしい年の瀬のことですから、贈られた相手の気持ちを考えると少し余裕も欲しいところですね。

そのような事情を考えると、やはり11月下旬から12月上旬あたりに届くよう準備する。
やはり贈る時期としては、11月から12月上旬頃が良いと言えそうですね。

スポンサーリンク

お歳暮を贈るときに、気をつけることとは?

お歳暮は1年の締めくくりとして、日頃お世話になった方へ感謝の気持ちを伝える為にあります。
ですから本来は、お相手の自宅を訪問して直接手渡すもので、変わらずに元気でいる姿を知り、喜び合うものでした。

しかし近年では時期的にもあわただしい季節ということで、宅配便で送る人も多くなっているようですね。
その為か古くからあった日本の習わしも、新しい時代と共に変化しているようです。

ですから贈る挨拶も頂いたお礼も、スマホなどで簡単に済ませられるような時代になりましたよね。
しかしマナーとして守るべきポイントは、いつの時代でも変わりはありません

相手の気持ちになってお歳暮の品を選び、頂いた場合は嬉しいと言う気持ちを早めに伝える事は今も昔も変わるものではありません。
そこでお歳暮を贈る際に、注意しなければならない事を、幾つか紹介してみますね。

ハサミや包丁、ナイフと言うような「切る」事を連想させる物は避ける。
切ると言う事は「縁を切る」と言う意味にも捉えられるため、贈り物としてはタブーとされています。
また、ハンカチも同じ縁を切ると言う意味を持つ事からお歳暮には相応しくありませんよね。

スリッパや靴下、又は靴などは足で踏みつける事を連想する物は避ける
特に目上の方への贈り物としては避けた方が良いでしょう。

櫛などのように縁起の悪い言葉を連想させる物は避ける
「九」や「四」は、「苦」「死」を連想するためお歳暮などには不向きですね。
このように贈り物を選ぶ場合は、縁起や意味なども考えて贈る事が大切だと言う事です。

またこの他に注意しなければならない事は、生鮮食品などのような保存に気を遣うものは、届いた時の消費期限などの配慮が必要ですね。

せっかく相手の事を考えて選んだ品物でも、マナー違反になってしまっては残念ですよね。
その他お歳暮に現金や商品券などを贈る事は、特に目上の場合だと失礼になります。

またアルコールやコーヒーなどの嗜好品は苦手な方もいる為、事前に相手の好みを把握しておくことが大切ですね。

お歳暮は日頃からお世話になっている方へ、1年の締めくくりとして感謝の気持ちを伝えると言う意味をもっていますね。

ですからうっかりしたことでマナー違反になっては、せっかくの思いも水の泡となってしまいます。
その為にもしっかり選びましょうね。

贈る時期が過ぎてしまった場合はどうすればいい?

お歳暮は、一年で一番忙しい年の瀬に贈る為、贈る側としても贈られる側としても余裕をもって対応したいものです。

しかしあまりの忙しさに、うっかり時期が過ぎてしまいどうしたらよいかと悩むことだってあります
一般的にお歳暮は、12月上旬から12月20日頃まで贈るのが良いと言われていますよね。

でも年内に贈る事が出来なかった場合は、あわただしい時期には迷惑がかかる事を考えなければいけませんね。

時期は過ぎますが翌年の「御年賀」、もしくは2月4日の立春までに「寒中御見舞」として贈るのが良いようですね。
どちらにしても、お歳暮で贈る事が出来なかったことをお詫びする連絡は入れておきましょう。

ベルーナお歳暮特集

関東、関西など地域で贈る時期に違いはあるのでしょうか?

お歳暮は、漢字で表記されている通り、年の暮れに贈る物と言う事は誰でもご存じだと思います。
しかし関東と関西では、送る時期に若干の違いがある事をご存じですか?

実は、関東では12月初旬から12月31日まで贈るのが一般的です。
一方関西では、12月13日~12月31日までの間に贈れば問題ないと言われています。

どちらも12月中に贈るのが良いとされていますが、12月31日は大晦日でもあり来客など大忙しで避けた方が無難ですね。

そう考えると気持ち的にも余裕の持てる、12月初旬に贈るのが良さそうです。
また、贈る時期を過ぎた場合関東では、年明けから1月7日の松の内まで贈ります。

一方関西では年明けから1月15日までに贈ればよい事になっています。

もちろんその時の表書きは「御年賀」であり、2月4日の立春までに贈る場合は、「寒中御見舞い」として贈る事を忘れませんように。

その時は、お歳暮で贈れなかったことに対してお詫びの一言があれば、贈られた側としても嬉しいのではないでしょうか。

ベルーナお歳暮特集

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。

ゆきびーが取り組んだ方法は

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから

ゆきびーが取り組んだ方法は