新型コロナだけではない、インフルエンザワクチン2回接種の間隔は?

インフルエンザ
スポンサーリンク

インフルエンザは毎年、10月~3月頃流行します。

今年は新型コロナの問題もあり、先行きも不透明になっています。

 

こんな時期インフルエンザに罹患したら、高熱や倦怠感などの症状が現れ最悪ですね。

今年は新型コロナウイルスばかりではなく、インフルエンザにも注意が必要です。

 

特に抵抗力が弱い子供や、高齢者は生命の危険がありますね。

そこで自治体では、インフルエンザワクチンの接種をすすめています。

 

またインフルエンザワクチンは、2回接種する場合もあります。

そこで接種の間隔は、どれくらいあければよいのでしょう?

 

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の2回目の間隔は?

インフルエンザの予防接種は2種類あります。

ひとつは法律に基づいて、市区町村が主体となって実施している定期接種。
そして希望者のみが、自費で受ける任意接種です

 

定期接種は65歳以上と、60歳~64歳でも何か基礎疾患をもっている人が対象となります。
そして接種は定められた医療機関で受ける事が出来ます。

 

また任意接種は生後6か月未満の乳児と、定期接種以外の全ての人が対象になります。

ワクチン接種の回数は、大人や定期接種対象者の場合、
1回の接種でも十分ですが通常は2回受ける必要があります。

 

インフルエンザワクチンの効果は、
1回接種した後1~2週間後くらいで抗体ができはじめます。
そして2回目の接種で、1ヵ月ピークに達すると言われています。

 

 

また3~4か月たつと、徐々に効果が減少し始める事になります。

ですからインフルエンザ予防接種など、
不活化ワクチンを使用した接種で、2回目を接種する場合は1~2週の間隔です。

 

ところでワクチンには生ワクチンと、不活化ワクチンの2種類あります。
生ワクチンを使った予防接種の場合は、安全性を考えることが必要です。

そこで次の予防接種を受ける場合、通常4週間は開けて接種しています。
その点は注意が必要です。

副作用など子供のインフルエンザ、予防接種で気を付けることは?
インフルエンザ予防接種の副作用は、脳脊髄炎やギランバレー症候群、或いはアレルギー症などがあります。 統計としては少ないのですが、子供に接種する時はいろいろ心配ですよね。 また任意で接種する場合は、自分で医療機関を探すことになります。どこ...

インフルエンザ予防接種の間隔、大人と子供はでは違うの?

誰でも一度くらいはインフルエンザに、罹ったがあるのではありませんか?

インフルエンザのウイルスは大きく分けて、A型、B型、C型の3種類の型があります。
更にその組み合わせによって、様々な型に分けられています。

 

インフルエンザは、毎年同じ型になることは少ないようです。
しかし治療薬やワクチンは、従来通りのもので対応するため効き目も万全とは言えません。

それでも大人の場合は人生のなかで、様々なインフルエンザに罹患します。
そこでインフルエンザに対する免疫も、ある程度は出来ているといえますね。

 

 

そこで大人の場合新型のウイルスが、流行しなければ1回の予防接種でも効果はあります。
また新型のウイルスでも、重症化を予防できる効果はあると考えられています。

しかし小さな子供は、大人に比べ免疫力は低いですね。
つまりインフルエンザに対する、
免疫が出来ていない子供には、1回目の接種だけでは不十
分というわけです。

 

そこで効果を高めるため子供には、更に2回の接種が必要になります。

また2回目接種の間隔は、以前は1~2週間の間隔で接種されていました。
しかし最近は2~4週間の間隔で接種するようになりました。

 

 

幸いにもインフルエンザのワクチンは、
生ワクチンと違って無毒化した不活ワクチンを使用しています。

そこでインフルエンザワクチンは、
1~2週間の間隔をあけるだけで、他のワクチンを接種することが出来ます。

小さな子供なら2~4週間も、間隔をあけて接種すればまずまず安心ですね。

インフルエンザの予防接種をするなら、もっとも効果的な時期はいつ?
毎年冬になれば、インフルエンザが流行します。 この時期になると、予防接種を受ける人が多くなります。 それでも中には、予防接種をしもインフルエンザに罹ってしまう人はいます。 そこで効果の持続期間や、受ける時期などが気になるところですね。

インフルエンザ予防接種の間隔があきすぎたら?

インフルエンザの予防接種は、無毒化した不活化ワクチンです。
そこで多少、鼻水や咳が続いても接種することは可能です。

しかし1回目の接種後に、高熱が出たり風邪症状がひどくなることもあります。
そこで2回目の接種が、受けられないということもありますね。

 

 

1回目の接種から間隔があきすぎてしまったらどうしよう。
そんな不安にかられることもあるかもしれません。

でも安心してください。

3歳以上であれば、1回のワクチン接種で十分抗体は出来ています。
ですから間隔がたとえ4週間あいたとしても、効果が落ちることはありません。

 

 

それでも4週間を過ぎたころからは、徐々にワクチンの効果は低下してきます
ですから2か月も過ぎてしまったという場合は、やはり医師と相談することは必要ですね。

特に低年齢の子供の場合は、抗体ができにくくなっています。

そこで間隔があきすぎてしまったら、
また1回目から接種し直すことを、考えてもいいかもしれません。

妊娠中のインフルエンザ予防接種は、どこで受けたらいいか?
今年はインフルエンザに限らず、新型コロナウイルスが多くの人に深刻な影響を与えました。 特にインフルエンザは妊娠中に罹ると、母体だけでなく胎児にも悪影響を与えるといわれます。 そしてインフルエンザは、流産や早産などの原因とも考えられていま...
タイトルとURLをコピーしました