新型コロナウイルスと、同時感染しないためインフルエンザの予防も!

インフルエンザ
スポンサーリンク

今年は例年とは違い新型コロナウイルスの脅威がいまだ治まりません。
そんな中で油断していると、すぐにインフルエンザの季節になってしまいます。

これからのインフルエンザのシーズンにむけて、今年は特に対策が必要です。
そこで考えられるのが、インフルエンザワクチンの接種です。
ワクチンの予防接種ですが、10月から接種が始まります。



通常ワクチンの効果期間は、接種後5ヶ月位と言われています。
ですからいま接種しておけば、
インフルエンザが猛威を振るう、1月2月にも効果は持続しているわけです。

早いということはありませんね。
逆にシーズンが入ってから接種しても、無駄にインフルエンザのシーズンが過ぎてしまいます。


つまり効果が持続する期間のほうが、シーズンよりも長くなってしまうというわけですね。

そこでンフルエンザの予防接種をするなら、接種の時期を考えた上でするべきでしょう。
やはりシーズンを考慮するなら、遅くても11月中にはするのが良いと思います。

スポンサーリンク

今年は、インフルエンザワクチンの接種は早めに!

インフルエンザはA型B型によって、流行する時期が違います。
A型は12月から1月にかけて、B型は2月から3月に流行することが多いようです。


またA型は高熱が出て、重症化しやすいと言われています。
B型の場合は、それほど高熱も出ず症状も軽く済むようですよ。

予防接種をシーズに入る前時期にすれば、症状が重症化するA型の時期に効果が見込めます。



また今年の場合は、新型コロナウイルスの関係で
例年以上に、インフルエンザワクチンの接種は増えると思います。

ですからインフルエンザのシーズンに入ってしまうと
ワクチンが不足してしまうといった、恐れがないわけではありません。



そこでこの時期に受けてしまい、早めに安心を手に入れましょう。
特に高齢者の場合は、2度接種するのがより効果的と言われています。

確か高齢者の場合、料金が低めに設定されたと思います。

新型コロナだけではなく、インフルエンザ流行の兆しもあり注意が必要

毎日暑かったと思えばこのところめっきり冷え込む日もあり、体調の管理も難しい季節です。
まだまだインフルエンザの季節には、間があると思っているとすぐに流行の兆しは見えてきます。

インフルエンザワクチンは製造も始まり、10月からはインフルエンザの予防接種も行われます。
しかしインフルエンザは、ワクチンを接種してもそれだけでは安心できません。



ワクチン接種は子供や、高齢者に配慮されています。
つまり体力的に劣っている人について、推奨されているわけです。

一般成人であっても体力が弱っていれば、インフルエンザには罹患しやすいということです。
ですからインフルエンザ流行の恐れのある時期には、無理をせず体調管理には十分配慮することが大切です。


いまだ新型コロナウイルスのワクチンは、実用化されてはいません。
少なくてもダブルで、ウイルスに罹らないようにしなければいけませんね。

今年流行するインフルエンザが、重症化するA型になるかもしれません。
特に今年は、インフルエンザに対しても対策を立てる必要がありそうですね。

いまさらですが、インフルエンザとは?

風邪の症状と似ているインフルエンザですが、一体インフルエンザとはどんなものなのでしょうか?

あらためてインフルエンザについて知ることで、
いち早く対策を立てていければ、感染した場合でも適切な対応ができると思います。



インフルエンザは、”強い全身症状から始まり、主に気道を侵し、強い感染力があります。
また短期間に速やかに流行が拡大していきます。
つまりインフルエンザウイルスによる、急性の伝染性感染症”です。

一般にインフルエンザは、風邪の症状とよく似ています。
ただインフルエンザに罹ると、38度以上の高熱や筋肉痛など全身の症状が表れます。
風邪と違い重症化して死亡にいたる場合もあります。


また感染力が非常に強いので、周りの人に移さない注意が必要です。
感染してしまうと症状は1,2週間続きます。


その間は、十分な休養と栄養摂取を十分行い、
不用意に出歩くことなく、感染が拡大しないよう家で安静にしていることが肝心だと思います。

言い古されたことですがインフルエンザの予防法は?

ではどのようにしてインフルエンザから身を守れば良いのでしょう?

インフルエンザはくしゃみや、咳などからウイルスに感染する飛沫感染があります。
それに感染者が、咳などしたときに覆った手などでさわったものに触れると、
そこから間接的に、感染する接触感染があります。

ですから事前に、予防接種を受けることは必要ですね。
また飛沫感染を予防するためには、マスクを着用してよくうがいをすることです


また接触感染を防ぐために外出から帰った際は、手洗いをすることも必要ですね。
手洗いをするときは、時計や指輪は外して洗いましょう。

しかし手洗いやマスクをしていても、肝心の自分の体力が弱っていては何にもなりませんね。
普段から食事や体調の管理に努め、免疫力をつけておきましょう。


空気の乾燥する時期は湿度にも気をつけ、喉の粘膜にも配慮が必要かもしれません。
インフルエンザには感染しないことが一番です。

もし感染してしまったら早めに医療機関で受診、十分栄養と休養を土地安静に努めましょう。



今年も新型コロナだけではなく、各地でインフルエンザの流行という話題も出始めています。
そこで毎年のように話題になることですが、ワクチンを接種したのに毎年のように感染してしまうという人もいます。


そこで本当に、インフルエンザワクチンが効いているの疑問に感じる人もいるようです。
せっかく高いお金を払って予防接種を受けても、感染してしまうのなら打つ必要があるのかという疑問です。

予防接種が必要なわけは?

インフルエンザに、どうせ罹ってしまうのなら、
ワクチンの予防接種なんか、受けなくても良いのではと考えてしまう人もいます。

しかしインフルエンザのワクチンは、感染と発症ということを別々に考える必要があります。

たとえワクチンを接種したとしても、
インフルエンザウイルスが体に入ってしまうことを、妨げられるわけではありません。


しかし感染しても多くは、ワクチンの接種で発症が抑えられるということです。

たしかにワクチンの予防接種しても、インフルエンザが発症してしまったという話はよく聞きます。
これは個人個人によって、どんなワクチンを打ったとしても発症してしまう人はいます。


つまりワクチン接種しても、すべての人の発症を抑えられるものではないということです。
だからといってワクチンの予防接種を、行わない理由にはなりません。

ワクチンを接種することによって、インフルエンザの発症をかなりの確率で抑えることはできます。
インフルエンザワクチンの接種で、発症を軽減できるということは研究結果にも出ています。

インフルエンザの感染を広げないため

インフルエンザのワクチンを接種しておけば、感染して発症してしまう確率は確実に低くなります。

また感染して発症したとしても、インフルエンザの重篤化は防げます。
特に子どもがタミフルを服用して、異常行動があったなどの話題もありました。



まず感染をしないためには予防接種です。
高齢者などは体力も落ち、免疫も低下しているので予防接種は必要です。

予防接種は自分の感染を、防ぐためだけにするのではありません。
他人を感染させないためにも必要なことです。


特に多くの人と、交わる可能性のある人は、
積極的に予防接種を受け、インフルエンザに感染しないよう心がけたいですね。


ただ予防接種の料金は、地域ばかりではなく病院によって価格差があるようです。
インフルエンザワクチンの仕入れ値自体は、どこの病院でも大きな違いがあるわけではありません。

しかし予防接種は自由診療ですので、接種料金は病院ごとに決められます。
そのためどこの病院でも、同じ料金で接種できるわけではありません。
また診療科によっても多少は違いがあるようです。



例えば小児科などでは、小児の付き添いで来た親子一緒に接種される場合。
ワクチン接種の料金を、配慮する病院もあるようです。

自治体によっては子供や高齢者に、接種費用の補助をしている地域もあります。
しかしそれ以外の人は実費負担になってしまいます。

インフルエンザのワクチン料金はコチラの記事が参考になります。

インフルエンザ予防接種の料金の相場は!料金は全国均一?
毎年インフルエンザが流行する時期になると、予防接種を受ける人が多くなります。 インフルエンザの任意接種は、料金を支払って受けるのが一般的ですね。 しかし小さな子供や高齢者は、地域によって自治体の補助がもらえるところもあります。 ...



一旦インフルエンザの流行が始まってしまうと、混雑で予防接種を受けることも難しくなってしまいます。
また接種をしても免疫も出来ない前に、感染してしうことだって考えられますよね。


あなたも予防接種を考えているのなら流行の始まる前、今のうちにすませてしまいましょう。
そうすれば安心して過ごせますね。

タイトルとURLをコピーしました