お歳暮やお中元の起源とは!お歳暮とお中元はどう違うのか?
スポンサーリンク

日本では、古くからお世話になった方へ感謝の気持ちを伝える為に贈り物を贈る風習があります。

広く親しまれているものには「お中元」「お歳暮」などの行事がありますね。

現代ではその習慣が20代以上の世代でも、9割を超えるほど定着しています。

これを見てもお歳暮などの習慣が、如何に一般化しているか理解できますね。

でもその起源や由来について知っている人は少ないと思いますが、あなたはご存じですか?

そこで御歳暮やお中元の起源や由来、また御歳暮とお中元の違いについてまとめました。

スポンサーリンク

お歳暮はいつから始まった習慣?その由来とは?

日本では一年の内、「お中元」と「お歳暮」と言う形で年に2回、お世話になった方へ日頃の感謝の気持ちを伝える為の贈り物をすると言う風習があります。

昔はその季節に合った品物を持参して、親戚やお世話になった方々の家を回ったりしたものです。
しかし、時代と共にそのあり方も変化し、今では会社の上司や近くの友人でも宅配でおくる人が多いようです。

特にお歳暮などは年の瀬に贈る事もあり、どこの家も忙しい事からこのようなシステムをとる人は増えているようですね。

ところで、あなたは御歳暮はいつ頃から始まったのかご存知ですか。
そもそも御歳暮やお中元に限らず贈り物のルーツをたどればその歴史は古く、中国古代から伝わったとされています。

中国の三大宗教の一つで上元(1月15日)・中元(7月15日)・下元(10月15日)の三元に分けた暦法が由来しています。
そして、それぞれの日を神様の誕生日として供物を捧げて神を奉った事が贈り物の始まりです。

中でも「中元」を人間贖罪の日と定めた事から、この日だけは様々な罪がゆるされる事になったと伝えられています。
この贖罪の行事が後に仏教にうつり、盂蘭盆会となり、先祖の霊を供養する行事になったようですよ。

これがお盆の時期の贈答品であるお中元の始まりであり、定着したのが「お中元」、「お歳暮」と言われています。
その為、お歳暮の歴史も同じようなもので、ルーツは中国の道教にあり、お歳暮が始まったのは室町時代からとされています。

そしてお歳暮として全国に広まったのは江戸時代ころで、お中元やお歳暮の時期になると商人達が贈答の活性化に繋げていきました。

そんな風習が全国に広まり、一般的に御歳暮として定着していったのは明治30年頃のようですね。
御歳暮はもともと先祖に霊を迎える、御霊祭りのためのお供え物として贈られたものです。

早い話が、新年に向けて福を呼び込むためのお供え物として贈られた事が、御歳暮の由来になっていると言う事です。
それが現代では、お世話になった方への感謝の気持ちを伝える贈り物へと変化し、定着したものと思われます。

スポンサーリンク

お歳暮は誰に贈れば良いのか?

現代では、御歳暮を贈る相手は会社の上司や子供がお世話になっている学校、或いは塾の先生に贈る人が増えています。

もともと御歳暮は、必ずしも誰かに贈らなければならないと言うルールはないようですね。

正式には日頃お世話になっている方に贈るのが基本であり、あくまでも感謝の気持ちを伝える事が目的となっています。

また、「これからも長い付き合いをお願いします」と言う意味も込められているので、一度だけ贈ってその後は贈らないと言うのは失礼になるので注意してくださいね。

会社関係では取引先の方などに贈るのも良く、健康などを気遣う両親やお世話になった親戚などへ贈るのがよいでしょうね。

お歳暮とお中元の違いは?

御歳暮やお中元などの贈り物の始まりは、中国古代からの「三元」が由来しています。
どちらもお世話になった方へ、感謝の気持ちを伝えると言う目的で、この二つの行事は同じ意味を持っています。

しかし違いとしては贈る時期にあり、「お中元」の場合は中国三大宗教の三元の中元にあたります。

そして人間贖罪の日と定められた行事が、盂蘭盆会となり先祖の霊を供養する行事になりました。

お中元はお盆の時期の贈り物として先祖などに感謝の気持ちを伝え、また同時にお世話になった親戚や両親などに贈る事を目的としています。

一方御歳暮は一年の締めくくりとして、年末の年の瀬に日頃お世話になった方へ感謝の気持ちを伝えることが目的です。
ですから「翌年もよろしくお願いします」と言う年末の挨拶が込められたものです。

また夏と冬では贈る内容にも違いがあり、御歳暮は年末年始に人が集まる事を想定して何か役立つものが多く選ばれていますね。
その為、お中元よりも若干高値になることもあるので重要視されるようですよ。

どちらも相手に感謝すると言う目的は同じです。
贈る内容よりも一年に2回くらい、元気でいると言う事を確認するためにこれからも続けたい習慣ですよね。

ベルーナお歳暮特集

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。

ゆきびーが取り組んだ方法は

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから

ゆきびーが取り組んだ方法は