インフルエンザ予防接種の 効果期間はどれくらい続くのか?

インフルエンザ
スポンサーリンク

毎年寒くなるとインフルエンザが流行して、どこの病院でも高熱でぐったりした患者さんであふれていますよね。

またインフルエンザは感染力も強いので、罹患してしまったら職場も学校も休むことが奨励されています。

毎年のように変異するウイルスには、治療薬の効果も期待できないのでまず罹患したくない病気ですね。

インフルエンザの予防接種を受ける人は多いですが、その効果期間ってどれくらいかご存知ですか?

そこでインフルエンザ予防接種の効果期間や、予防接種で注意することなどまとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の効果はすぐ現れるのか?

インフルエンザが猛威を振るう時期は寒くて乾燥している時期が多く、毎年10月下旬頃から翌年の3月までその流行は続きます。

その為には予防接種を、12月前までには終了しておくのが望ましいといえますね。
しかし予防接種の効果は、直ぐには現れないと言う事をご存じですか?

実は予防接種をしたあとに、効果が現れ始めるのは1~2週間後あたりからです。
つまり体内でインフルエンザウイルスに対する抗体が、でき始める時期でもあるのです。

しかしインフルエンザの潜伏期間は1~2日です。
感染したその日から体内にはウイルスが潜んでいる事になり、せっかく予防接種を受けてもインフルエンザに感染すると言う事はありますね。

ただ予防接種を受ける事で体内には抗体ができるため、ウイルスが侵入していたとしてもその抗体は増える事になります。
ですので予防接種をしておけば、インフルエンザの症状の軽減や重症化することを防ぐことにもなっています。

その為にも予防接種は早めに受ける事が良いと言えそうですね。

インフルエンザの予防接種をするなら、もっとも効果的な時期はいつ?
毎年冬になれば、インフルエンザが流行します。 この時期になると、予防接種を受ける人が多くなります。 それでも中には、予防接種をしもインフルエンザに罹ってしまう人はいます。 そこで効果の持続期間や、受ける時期などが気になるところですね。

インフルエンザ予防接種の効果期間はどれくらい続くのか?

インフルエンザが流行する時期は、寒くなる11月あたりから翌年の3月頃まで続きます。
季節にすると冬の間中、感染する機会があると言う事になりますね。

ですからインフルエンザ予防接種の、効果の持続期間は気になります。
インフルエンザワクチンの効果は接種したからと言って直ぐ現れるわけではありません

およそ1~2週間後から抗体はでき始め、その効果も1回の接種では50%程度しかないと言われています。

特に3歳未満の小さな子供や、インフルエンザに対する抗体ができていない人は1回の接種だけでは有効性は低くいので2回接種する必要があります。

そして2回接種の効果は、2回目の接種1ヵ月後くらいがインフルエンザのピークとなります。
その後効果は3~4か月くらいで徐々に減少していきますが、効果は5か月持続すると言われています。

つまり2回接種することで、ワンシーズンが予防圏内にあるということになりますね。
しかしインフルエンザワクチンの効果は、接種したからと言って100%有効とは言えないようです。

ただし重症化を防ぐ意味では、インフルエンザが流行する前に早めにワクチンの接種を行う事が良さそうですね。

インフルエンザの2回接種はコチラの記事が参考になります。

新型コロナだけではない、インフルエンザワクチン2回接種の間隔は?
抵抗力が弱い子供やお年寄りが感染した場合は、生命の危険もあり自治体ではワクチンの定期接種を促しています。 しかしインフルエンザを予防するワクチンは、1回の接種で済む場合や、2回接種しなければならない場合もあります。 そのため接種の間隔は、どれくらいあければよいのか良くわからないと不安に思ってしまいます。

インフルエンザ予防接種で注意すること?

インフルエンザの予防接種には法律で定められた定期接種と、任意で受ける任意接種の2つの方法があります。

65歳以上および60~64歳で基礎疾患のある人は、定期接種を受けるように指定されています。
その他の生後6か月未満の乳児や定期接種以外の人は任意接種となり、自分の意志で受ける事が出来ます。

しかし効果については3歳未満の小児では、効果が低くワクチンを接種してもインフルエンザに罹患する可能性は高いようです。
また乳児に関しては胎盤を通して、母体から様々なウイルスに対する抗体をもらっています

そのためインフルエンザが流行しても、特に心配することはないのですが、抗体が低下する生後6か月頃からは接種することも考えてみてもいいかもしれません。

インフルエンザのワクチンは、無毒化された不活ワクチンを使用しているので有効性と安全性が確認されています。
その為妊婦でも受ける事は出来ますし、接種することで出生児に対する感染予防にもなる事から受けておいたほうが良さそうですね。

ただインフルエンザワクチンの成分は、卵からの成分なので卵アレルギーのある方は副作用のリスクもあり考慮する必要がありますね。

また高熱や風邪のひきはじめなどは他の感染症も考えられる為、接種する前に医師と相談することも大切です。
インフルエンザ予防接種は、感染する確率を少しでも下げる為のものであり、効果として100%望めるものではありません。

ですからインフルエンザの流行期は特に、うがいや手洗いマスクの着用は必要な事といえそうです。
しかしインフルエンザに罹患したとしても、予防接種で重症化を防ぐことは確認されていますので早めに受けておくことがよさそうですね。

妊娠中のインフルエンザ予防接種は、どこで受けたらいいか?
今年はインフルエンザに限らず、新型コロナウイルスが多くの人に深刻な影響を与えました。 特にインフルエンザは妊娠中に罹ると、母体だけでなく胎児にも悪影響を与えるといわれます。 そしてインフルエンザは、流産や早産などの原因とも考えられていま...
タイトルとURLをコピーしました