台風19号神奈川に直撃?!気になる台風の進路。

こんにちはゆきびーです。

関東地方では今ニュースではまず初めに台風情報が流れ注意喚起が呼びかけられています。

私の暮らす神奈川はやはり今回の台風19号は直撃は避けられないのでしょうか。

やはり今回に台風の進路についてはどうしても気になったしまいますよね。

そこで今までの台風情報などまとめてみました。

神奈川県直撃はあるのか

台風19号の神奈川県の暴風域に入る確率10日15:00現在気象庁から発表されています。

神奈川県で台風の暴風域に入る確率を、それぞれ24・48・72時間以内の台風の暴風域に入る確率を地域に対して発表します。

神奈川県各地に入る確率は、10日15:00現在では確率的に直撃は避けられそうにありませんね。

             10月12日7:00現在


引用元:https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2019/10/10/6237.html

各地域10日から13日15時までの台風が直撃する確率です。

地域 確率
横浜・川崎 96%
湘南地区 97%
三浦半島 98%
相模原 95%
県央  93%
足柄上  95%
西湘   95%

 
    
神奈川直撃は免れないようなので、早め早めの台風対策はぜひ忘れずにしてくださいね。

台風19号と同じような進路をたどった2004年の台風22号

今回神奈川に直撃するかもしれない台風19号と、似たような台風が2004年にもありました。

2004年の台風22号は今回同様に気圧が低いのが特徴で、最低気圧が920hPaまで下がりました。

台風は勢力を落としながらも、伊豆半島に上陸し、その後三浦半島を通り千葉県に再上陸しました。

この時静岡県の石廊崎では、最大瞬間風速が67.6メートルと観測されています。

この時静岡や神奈川県でも台風の影響で、がけ崩れや浸水の被害が多数発生しました。

神奈川県横浜市でも、突風にあおられたトラックなどが、折り重なるように横転して積み重なるという被害も発生しました。

今回の台風19号も似たようなコースをたどりそうなので心配になります。

そのため台風19号も神奈川でも大きな影響を受ける可能性は大です。

今のうちに非常食や飲料水の準備はしておくことに越したことはありません。

またハザードマップの確認、17号でも各地に停電停電被害が出ました。

ですから停電に備えて、懐中電灯やスマートフォンの携帯用の充電器などを準備は必要ですね。

特にスマートフォンなどは充電は満タンにしておきましょうね。

ツイッターでの反応をまとめてみると

今回の台風19号も停電の心配や、防災対策。
すでにスーパーでも食料品の棚は結構品薄状態のようですね。