刑事ゼロ、沢村一樹テレビ朝日主演2019年1月放送スタート
スポンサーリンク

こんにちは、テレビ子です。
新年1月にテレビ朝日木曜ミステリー枠で新しい刑事ドラマが始まります。
1月からの新番組の中にもいくつか刑事物はあります。
このドラマは今までにない新しい設定のドラマのようです。

スポンサーリンク

刑事ゼロ20年間の記憶を失って“ゼロ”になった刑事


テレビ朝日によると、今回のこの刑事は、記憶も経験もすべて失った“まっさら”な刑事。

今まで見たこともない、常識を覆した異端のヒーローが誕生するようです。
主人公は京都府警捜査一課刑事、時矢暦彦(ときや・れきひこ)。

かっては優秀な刑事であった時矢が、ある事件をきっかけに20年間すべての記憶を失ってしまう。

刑事にとっては、事件の場数を踏むことで経験が蓄積されて、刑事としての感も磨かれていくものです。
それが全て失うということは、刑事生命を失ったと同じ同時にことを意味します。

しかし時矢にはある才能が残されていたのです。
それは研ぎ澄まされた洞察力と、生まれたての赤ん坊のような五感。

時矢も記憶をなくす前は多くの刑事同様、刑事の感に頼った捜査をしていました。
しかし、刑事にあったすべての経験が失われてしまった今、研ぎ澄まされた五感と洞察力で事件を解決していきます。

また事件解決とは別に、時矢の記憶喪失に隠された、重大な秘密があります。
時矢の記憶喪失は、事件の際に負った外傷が直接的な原因です。
しかし心理的要因も大きく影響していました。

時矢は記憶を失う直前に、ある秘密を知ってしまったのです。
その秘密にすべての謎が隠されています。
その謎とは何なのか、ドラマとともに明らかになっていくことでしょう。

沢村一樹(時矢暦彦 役)コメント

『木曜ミステリー』という、長い間、皆さんに親しまれているドラマがずらりと並ぶ中に入れていただき、大変光栄です。“新参者”のようなフレッシュな気持ちで臨めるのではないかと、今、とてもワクワクしています。
僕はこれまで数多くの刑事を演じてきましたが、“時矢暦彦”は今まで演じたことのない刑事です。皆さんも“記憶ゼロ”の刑事にお目にかかることなんて、なかなかないと思います。そんな型破りな刑事が、京都という風情溢れる街で事件に挑んでいきます。
舞台となる京都では、当然ですが、東京では撮れない“画”を撮ることができます。そんな京都ならではの人情味や風情を感じていただけるような、そして幅広い世代の方に楽しんでいただけるような、新しいミステリーをお届けしていきたいと思っています。
僕には時矢のような特に優れた洞察力はありませんが、僕のスペックとしては“透視”ができます。それはもちろん冗談でして、洞察力は普通ですね。
もし仮に、僕が時矢のように記憶をなくしてしまったとしても、また俳優の仕事をやりたいと思う気がします。身体のどこかで役者をやっていることを覚えているような気がして…。できればさわやかな自分として生まれ変わりたいのですが、やっぱり3年くらいしたら“あのキャラ”に戻ってしまっているのでは(笑)。
時矢刑事が記憶をなくす前と後ではキャラクターがガラリと変わるのですが、記憶をなくした後の時矢の行動は、“誠実さ”がいちばん大きな比重を占めていると思います。“絶対に犯人を捕まえるんだ”ということより、被害者の気持ちを考えて、「この人を助けてあげたい」という思いで事件を解決していく…。そんな感じでベクトルが変わっていく、というのは意識して演じていこうと思っています。

スポンサーリンク

刑事ゼロ第1話あらすじ

京都府警捜査一課、時矢暦彦は優秀な刑事だった。
ある時、容疑者を追跡中に廃工場の貯水プールに転落してしまう。

次に目を覚ましたときは病室のなかであった。
見舞いにやって来た元相棒・福知市郎のことを暴力団関係者と誤解してしまう。
時矢は20年間の記憶をすべて失っていた。

新たにコンビを組むことになった新人女性刑事、佐相智佳(瀧本美織)から女性府議会議員椎名蒼が刺殺されたことを聞いてビビりまくる始末。

自分が記憶喪失になったことを周囲に打ち明ける間もなく、新たに発生した殺人事件の初動捜査に当たることになった。
まして遺留品を見せられても、なんのことかさっぱりわからない。

一方の被害者フリーライター、今宮賢は公園の鉄棒に吊るされていた。
鉄棒と遺体の正面には色付きのテープが奇妙な形で貼られていたのだ。

このテープ意味は、犯人からのメッセージなのか?
また府議会議員殺害現場にも意味不明の血文字が残されていた。二人の間に接点があるとは考えられなかった。

しかし時矢は、その現場と議員殺害現場の遺留品と共通する匂いを嗅ぎ取っっていた。
失った記憶の代わりに時矢は、研ぎ澄まされた五感と洞察力が備わっていたのだ。

あれよあれよという間に合同捜査本部が設立されることになった。
しかし2つの事件が連続殺人であるという証拠見当たらず捜査は難航する。

そんな時矢の立場は、本部内で微妙なものになりますがまた第三の事件が起きることになります。

刑事ゼロキャストに瀧本美織

20年間の記憶を失った刑事、時矢暦彦とコンビを組むのが佐相智佳(瀧本美織)刑事。
佐相は念願がかなって捜査一課に移動してきた新米刑事です。

もともとはスマートな敏腕刑事の時矢にあこがれて、彼が手がけて事件の調書は全て読み込んでいました。
記憶を失った時矢にとっては、自分の過去の事件をひもとける唯一の存在。

そんな智佳は、時矢の記憶喪失ということを知ってしまい秘密を共有する羽目になります。

時矢が記憶をなくす前の手がけていたのは、三面記事を騒がせるような事件がほとんどでした。
なぜか記憶をなくした時矢には、ミステリー顔負けの謎多き事件ばかり舞い込んでくるように。

生まれ変わった時矢は、以前のようなに予断を持たず、素直にアプローチできるのかもしれません。
そんなときパートナーとなった佐相刑事の存在が大きな鍵となります。

何しろ智佳は、時矢以上に彼のことに詳しいのです。
時矢が手がけた事件の調書はすべて読み込んでおり、今の時矢にとって“外付けハードディスク”的な存在です。

これから事件が解決されていく物語にも注目ですが。
時矢の記憶喪失がバレないように奔走する2人のコミカルなやりとりも見どころの一つになっています。

2019年1月10日(木)スタート、【毎週木曜】よる8:00~放送。
初回は2時間スペシャルです。

スタッフ
(ゼネラルプロデューサー)
横地郁英(テレビ朝日)

(プロデューサー)
川島誠史(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、望月 卓(東映)

(脚 本)
戸田山雅司

(音 楽)
横山 克 Evan Call

(監 督)
及川拓郎 ほか

(制 作)
テレビ朝日、東映


スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。

ゆきびーが取り組んだ方法は

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから

ゆきびーが取り組んだ方法は