彼と行くピクニックのお弁当!レシピの作り方やコツは?

彼とピクニックに行くとなると、やはりお弁当はつきものです。

それが手作り弁当であれば彼も嬉しさ倍増というところですよね。

でも誰もが料理上手というわけではありません。

料理の苦手な女子は、前の晩から眠れないと悩んでしまいますよね。

せっかくのピクニックに行くので、日頃の腕前をぜひアピールしてください。

そこでちょっとしたコツで、驚くほど上手にお弁当を作ることができる奥の手をまとめてみました。

お弁当の基本は手作りです

春先の暖かい日はお弁当を持って、お花見やピクニックと出かけたくなりますね。
お弁当の定番と言えば卵焼きや鶏の唐揚げ、いなり寿司やソーセージなどが多いようです。

子供の頃の記憶をたどると、おかあさんが朝早く起きていなり寿司や卵焼きなどが入ったピクニック弁当を作っていたことを思い出します。

青空の下でお弁当を食べるのは気持ちが良く、開放的な気分にもなるので普段よりも話も弾はずみ食欲もわきますね。

そのためにも弁当は手作りが基本だと思います。
でもお料理の得意な人ばかりとは限りません。

中には料理を全くしないという人もいて、基本的な段取りなどから悩んでしまうかもしれません。

いまではコンビニ弁当で、手軽に済ませてしまう人も増えています。
手作りの良さが失われつつあり少し残念な気もします。

できれば得意料理をお弁当箱いっぱいに詰めて、美味しい料理を囲みながら楽しく食べると言うのが理想です。

でもお料理の苦手な人には難しい事になってしまいますね。
でも安心してください。

いまはITの普及でお弁当作りの苦手なひとでも、上手に作れると言う奥の手があるようですよ。
奥の手って、どんなことなのでしょうか?

料理の苦手なあなたもこんな奥の手が・・・

料理の得意な人は、冷蔵庫内の残りのものを利用してでも、サササッと簡単に料理してしまいます。
料理好きな人なら、どんなレシピを作るか頭の中でイメージがわいているのでしょう。

例えば肉の下味付けや、下処理などを前日に用意していて、当日は時短で作る事もできます。
料理はちょっとしたコツで味に違いも出てきます。

また料理好きな人は手際もよく、短い時間にバラエティに富んだ料理も作れ嬉しいことですよね。
しかし料理が苦手な人にとっては大変なことになります。

レシピ本を片手に調理をしたり、段取りも悪く時間もかかり四苦八苦してしまいます。

また本を見ながらの作業では段取りや手際、そして大切な飾り付けまでをイメージできず失敗してしまうケースも珍しくはありません。

しかし安心して下さいまはスマホなどの普及によってYouTubeの調理動画を見ながら作る方法があります。

実際に段取りから調理方法の様子も、見ながら進められるので失敗も少ないと人気があります。
料理は実践を重ねることで覚えていくので、映像を見ながら作る方法はおすすめですね。

YouTubeにはこんな動画など探せばいくらでも投稿されています。

こんな奥の手があったとはつゆ知らず、悪戦苦闘するなんてもったいないですよ。
あなたもこんな方法で、美味しいお弁当を作ってみてはいかがでしょうか。

ピクニックのお弁当 まとめ

いかがでしたか?
彼と楽しみにしているピクニック・・・

持って行くお弁当がコンビニ弁当では少し味気ないですよね。
できれば手作り弁当で、料理上手なところをアピールしたいですよね。

でも普段から料理をしていない人にとっては、何を作ったら良いかで悩みの種です。
そのためどうしても、コンビニ弁当に頼ることが多くなってしまいます。

でもいまならYouTubeを見ながら「お弁当作りの方法」を知ることができるようようになりました。

ですから、いま若いお母さんや料理の苦手な人も、子供のお弁当作りやちょっとした料理作りなどに上手く活用しているようです。

こんな奥の手があればピクニック時のお弁当だけでなく、お花見弁当などいろいろなシーンでも活用することができます。

もうこれは使わないわけにはいきませんよね。

またお弁当作りを機に、料理に対しても自信が持てるようになればいろいろなな料理に挑戦する楽しみも増えるかもしれませんよ。

お弁当作りのコツや奥の手をまとめると以下の通りになりますので参考にしてみてくださいね。
・レシピをイメージする。
・下処理、或いは用意できる物は前日に済ませておく。
・YouTubeの動画を活用する

最後までお読みいただきありがとうございました。