月9初主演錦戸亮「トレース~科捜研の男~」共演に新木優子、船越英一郎

スポンサーリンク



こんにちは、テレビっ子です。

今回は主演の錦戸 亮さんがびっくりしたといいいます。
そうです、ドラマのタイトルが「トレース~科捜研の男~」。

 

どこか聞いたようなタイトルですよね。
今までにもいろいろなドラマで取り上げられてきた科学捜査研究所。

 

どんな味付けのドラマになるのでしょうか。

 

「トレース~科捜研の男~」とはどんなドラマ


このドラマは『月刊コミックゼノン』に連載中の漫画『トレース 科捜研法医研究員の追想』が原作です。

 

物語は警視庁科学捜査研究所の研究員が、殺人事件などで残されていた、証拠品の鑑定を通して事件を解明していく。
実は主人公の男性研究員は陰惨な過去を持っていました。

 

そんなことから彼は憶測を排除して、真実のみを追求し徹底的に鑑定をしていきます。
原作者の古賀慶さんは、もともと科学捜査研究所の研究員でした。

 

現役の研究員時代には犯人を捕まえたい、真実を明らかにしたいと、強い信念で鑑定に当たっていたといいます。

 

実際に科捜研の研究員だった経験から、背景や備品などはリアルに描かれています。
この原作をもとに月9初主演の錦戸亮さんが「トレース~科捜研の男~」に挑みます。

 

月9ではスーツと、連投の新木優子さんと船越英一郎さんが出演する、リアルで本格てきな科捜研サスペンスドラマです。
なんと共演の船越英一郎さんは、月9ドラマは初出演ということでした。

 

このドラマの見どころは、なんといても原作者が元「科捜研」の研究員でした。
そこであまり知られていない科捜研のトリビアも満載されています。

 

しかし実際の科学捜査研究所は、公開されているわけではありません。
ですので内部のことを知っている人はほとんどいません。

 

原作者は犯罪現場で実際に鑑定をしていたのでその描写はじつにリアルです。
ですから、ベテラン刑事虎丸良平が持ってくる証拠品を入れた容器や小物類、職員たちの雑談や日々行っていた作業内容など、本物ならではの視点で描かれています。

 

「トレース~科捜研の男~」あらすじ

 

真野礼二は過去に悲惨な事件を経験した警視庁科学捜査研究所の法医研究員だった。
彼は鑑定結果こそが真実であるという信念を持ち、膨大な知識と高い鑑識技術で周囲からも一目置かれる存在でした。

 

しかし反面人との交わりを持とうとせず、クールで協調性がないために、科学捜査研究所の中でも浮いた存在であった。

 

ある日新人の新人の沢口ノンナが真野の上司の海塚律子から研究員たちに紹介されます。
ノンナは大学院で遺伝子の研究をしていたところ大学のOGの律子にさ誘われたのだった。

 

ノンナは誘われて科学捜査研究所に入ったものの、殺人事件など遠い世界の出来事、戸惑いを隠すことが出来なかった。

 

そんなとき、警視庁の捜査一課から刑事の虎丸良平がやってくる。
イベント会場で発見された、切断された腕の鑑定結果を聞きに来たのだった。
鑑定を担当した真野は、虎丸等に付着物に珪藻とマンガンが検出したことを伝える。

 

それを聞いた虎丸は、すぐさま多摩川に捜索に向かおうとした、しかし真野は多摩川を探しても無駄である告げる。
だが虎丸はそんな真野を睨みつけ、捜査に出ていってしまう。

 

それを見て真野は臨場の準備をし始める。
真野には心当たりがあるらしく、日原川に向かうと言い出す。
しかし他の研究員たちは真野の勝手な行動にとりあわない。

 

そんな研究員たちを尻目にノンナに同行するよう指示する。
現場に到着した二人は、そこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。
そこには何故か一輪の花も。

 

解剖の結果は、心臓を刃物で刺されたことによる失血死。
被害者には生前にもひんぱんに暴行を受けていた兆候があった。

 

そんな中被害者は娘でないかという五十嵐千鶴と、千鶴の再婚相手の著名な評論家康信がのあらわれる。

 

「トレース~科捜研の男~」キャスト

 

登場人物
真野礼二 … 錦戸 亮

警視庁科学捜査研究所の法医科に所属する法医研究員。膨大な知識と高い鑑定技術を持つが、科捜研内では協調性ないために浮いた存在。幼い頃経験した陰惨な事件のために、他人に心を開くことができず、周囲に壁を作っていた。そんなときに新人として入所してきたノンナとの出会いで少しずつ変化していく。

 

沢口ノンナ … 新木優子

新人法医研究員。大学院で遺伝子の研究をしていたが成果もだせず悩んでいた。そんな折大学のOGに誘われ大学院を辞めて科捜研に入所した。殺人事件など遠い世界の話と戸惑いを感じてしまい、自分には向いていないのではと迷っている。しだいに事件に隠された真相を見つけ出そうと法医研究員として成長していく。

 

虎丸良平 … 船越英一郎

捜査に独善的な考え方を持つベテラン刑事。これまでの刑事の勘で事件を解決してきたという自負があり、客観的な事実と証拠にこだわっている真野と対立する。
検挙数を稼ぐことにがむしゃらで、仕事に没頭するあまり妻と息子に逃げられ今は独り身。いろいろ真野とは衝突を繰り返すが、しだいにブレない信念と確かな腕に信頼を寄せるようになる。

 

錦戸 亮さんコメント

(オファーを)言っていただけてすごく嬉しいことですし、一生懸命頑張らなくてはと思います。

『トレース~科捜研の男~』というタイトルの感想は?
大丈夫なんですか?(笑)。科捜研といえば『科捜研の女』が出てきますし、イメージ強いんで。対抗したいというわけではありませんし、あそこまで長く続く番組ということは魅力がある番組でしょうし、負けないような魅力のある番組になればいいと思います。
真野礼二というキャラクターについてどのように感じていますか。
冷たく見えて実は熱い、ということでしょうけど。原作とドラマになったときの真野というキャラクターがどれくらい一緒になるかわかりませんが、毎週見てておもろいな、と思えるキャラクターがそれぞれ出てきたらいいですし、ドラマはドラマで一生懸命作りたいと思います。

 

その他の共演者

 

相楽一臣  ・・・山崎樹範
水沢英里  ・・・岡崎紗絵
猪瀬祐人  ・・・矢本悠馬
沖田 徹    ・・・加藤虎ノ介
沢口カンナ  ・・・山谷花純
海塚律子  ・・・小雪
市原 浩           ・・・遠山俊也
江波清志  ・・・篠井英介
壇 浩輝          ・・・千原ジュニア

 

原作
古賀 慶
『トレース~科捜研法医研究員の追想~』
(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載)

脚本
相沢友子
岡田道尚

音楽
Ken Arai

プロデュース
草ヶ谷大輔
熊谷理恵(大映テレビ)

演出
松山博昭
相沢秀幸
三橋利行

制作
フジテレビ

スポンサーリンク


最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。
ゆきびーが取り組んだ方法は ⇒ こちら

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから
ゆきびーが取り組んだ方法は ⇒ こちら