外反母趾になったら『おしゃれな靴』はもうはけないの?

外反母趾をかかえている女性の間では、おしゃれな靴がはけないという悩みはおおいようです。

せっかくの卒業式や入学式なのに、フォーマルウエアの足もとがスニーカーという姿も見受けられます。

せっかく素敵なフォーマルウエアを着ても、足もとがスニーカーでは女性としてはちょっと悲しいですね。

この記事では外反母趾と幅広の靴、また靴の選択肢についまとめました。

外反母趾だと幅広の靴しかはけないの?

外反母趾が起きる原因の一つとして、「足先の細いハイヒールを履き続けた」ということが挙げられます。

つまりヒールが高い細めの靴を履き続けると、体重の増加などで足の親指が人差し指側に曲がってしまうのです。



特に親指の付け根(母趾)が外側に飛び出し、靴を履いたとき当たるので痛みを感じます。
症状が進むと脱臼が起きて、素足でも激しく痛むということになります。



そこで痛みを軽減するために、すこしでも幅の広い靴を選ぶようになってしまいます。
しかし幅の広い靴はヒールも低めで、スニーカーのような形が多く『おしゃれ』とは縁遠くなりますよね。



特に若い女性であればなおのこと、靴のおしゃれも目一杯楽しみたい年頃です。

ですから外反母趾で悩む女性たちは、『外反母趾でもおしゃれな靴をはきたい。』とい悩みは当然ですね。



とはいえ痛みを我慢して歩くよりは、初めから幅の広い靴をはいてストレスなく歩けた方がよいという考えもあります



しかし横幅の広い靴ばかりはいていると、足はどんどん横に広がりやすくなります。
つまり大きな靴の中で足指が動いている状態なので、関節が定着せず逆に外反母趾が進行してしまうという話です。

そうなると幅の広い靴を選ぶことが、良いのか悪いのか迷ってしまいますね。



しかし最近のシューズショップには、外反母趾用の『おしゃれな靴』もたくさん見られるようになりました。
ですから外反母趾だからといって、幅の広い靴を選ばなければならないということはないようですよ



ではなぜ外反母趾というと、幅の広い靴を選んでしまうのでしょうか?

なぜ幅広の靴を選んでしまうのか?

外反母趾は進行すると痛みが強くなり、ひどい状態になると素足でいてもジンジンと痛みを感じてしまうものです。

その要因はいろいろ考えられます。

足に合わない靴を選んだり、扁平足などの遺伝。
歩き方の悪い癖、そして運動不足などがあります。



進行してくると他の指への脱臼も現われ、指全体の横アーチが崩れてしまいます。
さらに縦のアーチも崩れることになるので、足の幅が広がってしまうというわけです。



ですから幅の細いおしゃれな靴をはくと、足全体が締め付けられ痛みを感じることが多くなってきます。

その結果痛みがないように歩くため、自然に幅の広い靴を選ぶようになるわけですね。



しかし今は外反母趾用にもおしゃれな靴は販売されるようになっていたのですね。

靴の選択肢も広がる

外反母趾を抱えている人のほとんどが、『おしゃれな靴』をはけないと考えているようです。

しかし外反母趾でも、それは痛みのひどい場合に限ると思います。
外反母趾だからといって、必ず痛みがあるとは限りません。



その判断基準も親指の角度から考えれば、0度~15度までは正常範囲です。

また15度~20度までは軽度といわれ、この段階で痛みを感じてもインソールを替えただけで改善することもあります。



外反母趾も軽度なら、テーピングやマッサージ、運動などで十分改善できる段階と言われています。
そうなると指が多少曲がっていると感じても、日常生活のなかで注意していけば靴の選択肢は広がるといえますね。



いまはシューズショップでも、外反母趾用のおしゃれな靴はたくさん販売されています。
外反母趾だからといって、必ずしも幅の広い靴しか選べないと言うことはないと思いますよ。



しかし痛みがなくても曲がり始めた指は、早めに処置しないと進行してしまうのが外反母趾です。
特に歩き方の癖などは、自分一人で矯正することは難しいですよね。



そんなときは専門医などに相談して、早めに改善しておくことが大切ですね。

外反母趾でお悩みなら美母趾ラボ!!

もし外反母趾を、根本からケアしたいなら耳よりな情報があります。
自分でケアできる外反母趾改善教材です。

DVDプレーヤーなど不要、スマホからでも見ながら実践できるから簡単。

外反母趾は、自分でケアすることが出来ます。