グッドワイフ1月13日第1話感想あらすじネタバレ
スポンサーリンク

こんにちは、テレビっ子です。
いよいよグッドワイフの放送が始まりました。

下町ロケットの後を受けて始まったこのドラマは、たして日曜日のお茶の間にとこ込めていけるのでしょうか。
第一回の放送は注目が集まることになりました。

スポンサーリンク

グッドワイフ第一話あらすじ

蓮見杏子 (常盤貴子) は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。
専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 (唐沢寿明) と共に、幸せな日々を送っていた。
だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。
壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。

法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱していく。
記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。
しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。
杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。

そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大 (小泉孝太郎) だった。
二人は司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていたが、その気持ちとは別に杏子の弁護士としての能力を高く評価し、杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵 (賀来千香子) を何とか説き伏せた。
ただ、それはあくまでも仮採用。
杏子は、半年後までにたった一席の本採用を賭けて、若手弁護士の朝飛光太郎 (北村匠海) と競うことになる。

そんな中、最初の相手となるのは人気キャスター 日下部 (武田鉄矢)。
インターネットで配信している日下部の番組で、スーパーでの幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと放送。
世論の風評に追い詰められた母親は自殺してしまい、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。
多田と共にこの事件を担当することになった杏子は、“表現の自由” を巡り、争うことになる。
パラリーガルの円香みちる (水原希子) とともに、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めるのだが…。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

グッドワイフ第一話ネタバレ

デマを流されて妻が自殺してしまった浜口(泉澤祐希)は、日下部を妻に対する名誉棄損で訴えます。
事件を担当した杏子の事務所に、和解のために日下部が訪問していました。

しかし日下部が事務所に現れたのは、和解に応じるためではなかったのです。
逆に日下部が浜口に対しての反訴で、名誉棄損で争うことを伝えに来たのでした。

こうして杏子の案件は裁判に持ち込まれることになりました。
16年ぶりの法廷は杏子にとって戸惑うことばかり。

多田の助けで何とか乗り切ったものの神山の評価は低いものでした。
このままではライバルの朝飛に本採用の枠は取られてしまう雲行きです。

また裁判で日下部から明らかにされた、浜口の妻の堕胎疑惑、裁判を左右する情報です。
しかし堕胎疑惑を調べ始めた杏子は、病院の医師からの話でデマであったことが判明します。

デマの出所を探っていくうちに、清掃員にたどり着きます。
清掃員は日下部の熱心なフアン、情報を取り上げてもらいたくてデマを流したのでした。

当初、日下部は情報を警察からのものと主張していた。
しかし、実際はフアンからのメールがネタ元でした。

放送直前のメールに、真偽の裏どりもせずに流してしまったのでした。
日下部は視聴率の低下で、番組打ち切りを避けるために苦肉の策を講じてしまったのです。

しかし裁判判決の結果は、両訴共に訴えを棄却されてしまいます。
日下部にとって、この裁判の結果は勝訴と同じ意味でした。

日下部の主張が、完全に誤ったものとは判断されなかったのでした。
しかし裁判の終了後、一通の連絡が今日からの元に届けられます。

浜口の娘の無事が確認されたのです。
浜口の娘は、子どものいない夫婦の連れ去りにあっていたのでした。
結局日下部は和解に応じることになりました。

和解成立のお祝いの席で、パラリーガルの円香みちるから杏子は意外なことを知らされることになります。
円香みちるは、もともと検察事務官で杏子の夫の元で働いていました。

3年間一緒に働いたのち、クビにされたというものでした。
そして杏子に夫、壮一郎を信用しないように告げるのでした。

グッドワイフ第一話感想キャスト

アメリカ版の原作見た人には少物足りないかもしれません。
しか設定を借りただけで、別のドラマととらえた方がいいと思います。

原作と比較して比べてみるのも面白いかもしれませんが、あくまでも純粋に別のドラマとしてとらえて見た方が、楽しめるのではないかと感じました。

アメリカと日本とでは法制度もかなり異なっていると思います。
同じ次元でドラマを成立させていくのは、かなり難しいのではないでしょうか。

ですから日本に舞台を置き換えたのですから、日本の法制度にあったドラマになるように期待します。

今回のドラマで日下部役の武田鉄矢の演技はさすがでしたね。
彼の弁舌さわやかなセリフは、聞いているこちらに内容はともかく心地よく飛び込んできます。

もともと歌手の方ですから、彼の声の音質は耳障りがいいのでしょう。

またもう一つの筋書き、杏子の夫の壮一郎にかかわってくる問題。
こちらもこれからのドラマに、どう絡み合ってくるのでしょう。

検察内部の権力争い(?)も、これからのドラマの、見どころの一つになりそうで目が離せなくなりました。

蓮見 杏子 … 常盤貴子
多田 征大 … 小泉孝太郎
円香 みちる … 水原希子
朝飛 光太郎 … 北村匠海

小宮 竹生 … 野間口 徹
戸梶 涼太 … 中林大樹
佐竹 凛子 … 末永みゆ
蓮見 隼人 … 小林喜日
蓮見 綾香 … 安藤美優

佐々木 達也 … 滝藤賢一
蓮見 幸枝 … 高林由紀子
林 幹夫  … 博多華丸
遠山 亜紀 … 相武紗季

神山 佳恵 … 賀来千香子
脇坂 博道 … 吉田鋼太郎
蓮見 壮一郎 … 唐沢寿明

ゲスト
日下部      …   武田鉄矢
浜口直樹    …   泉澤祐希

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。

ゆきびーが取り組んだ方法は

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから

ゆきびーが取り組んだ方法は