家売るオンナの逆襲第3話感想
スポンサーリンク

こんにちは、テレビっ子です。

 

家売るオンナの逆襲、第3話のあらすじと感想です。
毎回いろいろなテーマを取り上げていますが、今回はLGBT(性的マイノリティー)です。

スポンサーリンク

留守堂のことが気になる屋代と庭野だった


いつものようにちちんぷいぷいで屋代(仲村トオル)と庭野(工藤阿須加)は飲んでいるがいつか留守堂(松田翔太)の話題に。
万智(北川景子)がホームレスで、公園で暮らしていたこともあるという過去を知るの留守堂に心穏やかではなかった。

 

ある日課長の屋代から、3つの売りにくい家を売るように指示される。
一つは旗竿地と呼ばれる狭い路地の奥まった家。2つめは元相撲取りが住んでいたという何でも大きな作りの家。
そして3つ目が元画家が住んでいたという家だった。

 

屋代はそれぞれ2人でペアを組ませ販売に行かせた。
庭野が担当したのは画家が住んでいた家、ゲイの見込み客が現れ案内する。

 

日本人の13人に一人はLGBT(性的マイノリティー)なのに、自分はゲイだから日本の法律では結婚できない。
しかし一人で住むために家は買うと言い成約します。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LGBT(性的マイノリティー)は家探しに苦労

新宿営業所では庭野が家を売った客がゲイだったことからLGBTが話題になります。
一方で女性2人組の担当客に内見案内をしていた足立(千葉雄大)は偶然二人がバスルームでキスしているところを見てしまいます。

 

いとこ同士といっていたのに2人がレズビアンであると知った売主は怒って販売を解消してしまいます。
仕方なく別の物件を足立は探しますが、万智は自分が売ると横取りしてしまいます。

 

そんなとき夫婦ともども大企業に勤務する女性客がテーコー不動産を訪れます。
そして庭野が、夫と娘の3人で住む家を探している木村真奈美(佐藤仁美)を担当することになりました。

 

家探しは一任されていると話す真奈美でしたが、万智は庭野を連れて夫の会社を訪問して面会を申し入れます。
当然一面識もない夫の剛史(池田鉄洋)でした。

 

万智は田中と名乗り剛史を呼び出し本人の顔を確認します。
剛史を尾行するために顔を確認する必要があったのです。

 

万智が剛史の知り合いの田中をよく知っていたと感心する庭野でしたが、誰でも知り合いに田中など一人くらいいるものだと煙に巻きます。

 

そして万智は会社帰りの真奈美の夫剛史を尾行しあるアパートへたどり着きます。
そこで万智と庭野が見たのは、なんと女物の着物を着てキョウコと名乗る剛史がいました。

夫はトランスジェンダー

剛史は自分の性別に違和感を感じつつも、男性として生きてきたトランスジェンダーでした。
家族を大切に思う気持ちはあるが、自分は女としての気持ちが強くなっている。
女として生きていきたいのだと、剛史は自分の気持ちを吐露します。

 

そんな本心を聞いてしまった庭野は、万智に二人は離婚したほうが良いのでは話します。
しかし万智は即座に否定、庭野の仕事は家を売ることだろうと一喝します。

 

退社時間を過ぎ会社に残っていた宅間、鍵村、八戸そして庭野に万智は4人のスリーサイズを尋ねます。
何かのこんたんかは不明でした。

 

万智は木村夫婦に二人にピッタリの家が見つかったから見てほしいと相撲取りが住んでいたという家に案内します。
何故かそこには女装した庭野以下4人が夫婦を案内します。
なるほど、このために万智は4人のスリーサイズを尋ねていたのですね。

 

真奈美は女装した4人を見て不快だと怒り出します。
実は真奈美は剛史の一番の理解者だったのです。しかし娘のことを考えて容認することができなかったのでした。

 

しかし二人の娘も今の風潮はわかっているようで、LGBT(性的マイノリティー)など気にしない。
家族3人で暮らしていきたいと申し出ます。

 

こうして万智は今回も売れづらいいえでしたが成約することができました。
私に売れない家はなかったですね。

 

もう一方の足立が担当した旗竿地にたつ家も、留守堂の協力もありレズビアンの二人に販売することができました。
留守堂の口調はまるで万智が話しているようにそっくりでした。

 

留守堂謙治とは一体何者なのでしょう。
正体は謎ですが、ますます興味深くなってきましたね。

感想

LGBT(性的マイノリティー)という言葉は、よく耳にする機会がありますが、私の勉強不足でよく知りませんでした。
今回このドラマで、わかりやすく屋代課長が説明してくれました。

 

ドラマでこんな勉強ができるとは、思っても見ませんでした。
また庭野が家を売ったゲイの男性の言葉でしたが、憲法で同性は結婚できないという言葉が印象的でした。

 

憲法24条で婚姻は、両性の合意があった初めてできるもの。
だから同性は結婚できない。
憲法改正が話題になる昨今ですが、LGBTの方にとっては、24条こそ改正してもらいたい条文かもしれませんね。

 

またテーコー不動産の男性社員たちの女装が、話題になっていますが、そのクオリティーの高さに目を見張りました。
庭野など、少しどころか相当な美人でびっくりしましたした。

それに留守堂の三軒家万智研究家とは、一体何なのでしょう。
ますます留守堂の動静は目が離せなくなってきました。

キャスト

三軒家万智 ・・・ 北川景子

屋代大   ・・・ 仲村トオル
庭野聖司  ・・・ 工藤阿須加
足立聡   ・・・ 千葉雄大

布施誠   ・・・ 梶原善
白洲美加  ・・・ イモトアヤコ
宅間剛太  ・・・ 本多力
鍵村洋一  ・・・ 草川拓弥
八戸大輔  ・・・ 鈴木裕樹
床嶋ゆかり ・・・ 長井短
珠城ココロ ・・・ 臼田あさ美

留守堂謙治 ・・・ 松田翔太

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。

ゆきびーが取り組んだ方法は

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから

ゆきびーが取り組んだ方法は