泉谷しげる、とうとう木村佳乃に「後妻業」2話

こんにちは、テレビっ子です。

ついに小夜子は動き出しました。
哀れな中瀬耕造もとうとう息を引き取ってしまいます。

小夜子莫大な遺産を強奪か

金持ちの高齢者を惑わせて妻となり、夫の死後は多額の遺産を手にする。
小夜子(木村佳乃)は、“後妻業”で荒稼ぎする女だった。

 

小夜子は後妻に入った中瀬耕造(泉谷しげる)の家で、多額の財産をが金庫に隠し持っていることに気がつきます。

 

そして小夜子の思惑どおりに耕造は、病に倒れて入院することになります。
その隙に乗じ、小夜子は柏木(高橋克典)と二人結託し、錠前師を雇い金庫を開けます。

 

金庫の中には不動産の権利書や、総額4000万円の預金通帳などが隠されていました。
早速2人は、それらを解約して現金を手に入れようとするが面倒な手続きに困惑します。

 

何としても金を手に入れたい小夜子は強引に、解約を渋る銀行の担当者を病室へ招き入れます。
そして意識ももうろうとしている耕造に、小夜子は強引に口座解約の意思表示をさせてしまいます。

スポンサーリンク


大金を抱える小夜子に不信感が

 

現金を抱えてマンションに戻った小夜子は、探偵の本多(伊原剛志)に、バッグの中の札束を見られてしまいます。

 

探偵の本多は東京で暮らす耕造の次女朋美(木村多江)の依頼を受け、小夜子の調査をしに大阪へ来ていたのでした。

 

同じころ容体が安定したことを理由に、耕造の転院を朋美と姉の尚子(濱田マリ)は病院から迫られていました。

 

転院できなければ在宅介護もと示唆された姉妹は、お互いに仕事や家事を理由に介護を押しつけ合う二人でした。

 

そんなとき、本多から小夜子が大金を持っているのを見たと報告を受けます。
朋美は葬儀の金もないので半分出してほしいと言っていたことを思い出し、ますます小夜子への疑いを強めていきます。

 

その一方で、仕事のことはいえ親身に相談にのってくれる本多に、かつて抱いていた胸の高鳴りを、思い出していました。

 

視聴者の感想は感想

木村佳乃さん、最高!下手な関西弁って、だからどうした?って感じです!勢いがあるとこさながらその奥にある何かを匂わせているところなんかは流石だと思います!木村多江さんも流石ですね~~。二人のからみとそこへほわんと入ってくる濱田マリさんがこれまた最高。えー、絶対続けてみますよ~~。

 

関西弁のイントネーションに違和感があるといった感想もありましたが、やはりドラマも回をおうごとに慣れてくるのでしょうか。

 

まだ関西圏の人には違和感があるのでしょうが、私なんか区別が出来ないのでほとんど違和感は感じません。

 

このドラマを見終えると、決まって、映画の「後妻業の女」の方が観たくなります。 つくづく大竹しのぶは上手い女優だなと思います。それだけじゃなく、大竹しのぶを、もり立てる トヨエツさんに風間くん、尾野真千子さんに 鶴瓶さん…

 

確かに劇場版映画の、「後妻業の女」は秀悦だと思います。
大竹しのぶさんなんか役に入り込んで、リアルにこんなおばさんいたら恐ろしいと思わせられました。

 

ところで中瀬耕造役の泉谷しげるさんは、映画では中瀬家の金庫を開ける錠前師役で出ていましたね。