留守道に敗北、何があったサンチー「家売るオンナの逆襲」4話あらすじネタバレあり

こんにちは、テレビっ子です。

留守堂謙治の正体は謎だらけですが、初めて万智にも売れない家がありました。
そうです、留守堂に横取りされてしまいます。

家売るオンナの逆襲、第3話のあらすじと感想はコチラから>>>

昭和の企業戦士対平成世代の娘夫婦


定年を間近に控えた山路功夫(佐野史郎)は娘夫婦のために家を探しています。
そんな夫婦の家探しに三軒家万智が担当することにまります。

 

しかしそんな親をしり目に、娘は万智が紹介する物件に文句をたらたら言うばかりでした。
娘夫婦の夫は、会社で栄転も断ってしまうように、出世欲も全くなく家探しにも消極的でした。

 

一方フリーの不動産屋留守堂謙治は、何やら万智の情報を収集している様子でした。

 

鍵村なんと初めてマンションを売る

その夜テーコー不動産の新人鍵村がバーで飲んでいると、隣には昼間営業所に現れた娘夫婦がいました。
夫婦のことなど、すっかり忘れ去っていた鍵村は、紹介された物件の不満に軽いノリで対応します。

 

鍵村とおなじようなタイプの娘夫婦は、鍵村が紹介したマンションを翌日内見することになりました。
翌朝鍵村は会社に無断で、娘夫婦とマンションの内見に行きます。
南欧風のおしゃれな物件に、娘は購入を決めてしまいます。

 

ところが娘の為に購入資金を出すという山路が、テーコー不動産に乗り込んで来ます。
山路の希望した堅実な物件とは、ほど遠く金は出さないと怒り狂います。

 

スポンサーリンク




万智の提案とは

そこで万智が動き出スことになります。
再度、家族と一緒に物件の内見に行き、そこで万智はある提案をするのでした。

 

提案は娘夫婦のためではなく、今まで苦労して働いてきた、自分たちのための住み替えでした。
その物件は、妻の夢であった喫茶店を開くという条件にも、ぴったりだったのです。

 

娘夫婦の家は買えなくなってしまいますが、山路は妻のためにこの家を買うことを決意します。
親の金をあてにしていた娘はカンカンに怒ります。

 

娘の夫の希望の物件は

しかし娘の夫は、自分の身の丈に合った家が希望だったのです。
何十年も、家のローンに苦しめられて生活することに、うんざりしていたのでした。

 

そんな娘夫婦のために、万智は団地の一室を紹介します。
案内した部屋は古ぼけた部屋から一変して、おしゃれな北欧風の部屋にリホームされていました。

 

娘もすっかり気に入り、いよいよ契約というところで、突然留守堂が現れます。
二人も気に入った部屋でしたが、なぜか留守堂は部屋番号を教えます。

 

万智、留守堂に敗北する

部屋は345号室、ミヨコと読めました。
実は夫の元カノの名前と同じでした、娘は即座に契約を白紙にしてしまいます。

 

そして留守堂は別の部屋を紹介します。830号室、ヤザワです。
部屋は矢沢永吉のグッズであふれていました。

 

娘夫婦は矢沢永吉の大フアン、契約は当然のように成約してしまいました。
それを見ていた万智はひとこと「負けた」とつぶやくのでした。
庭野が逆転の秘策は、の問いかけにも「ない」と一言答えるだけでした。

 

ついに万智は留守堂に敗北しました。留守堂恐るべしです。
最後に万智がつぶやく謎の言葉「ジンケンドスル」とは何か?

 

いったい留守堂謙治とは何者なのでしょう謎が深まるばかりです。

 

視聴者の感想

娘夫婦の自宅の購入に資金を援助するつもりだった、自分達の家を購入する気が全然なかった、親の夫婦に奥さんか喫茶店をやりたいと言う夢を叶える格好で7千万円で家を売った三軒屋も凄いが、もう少しで娘夫婦にも身の丈に合った家を売る所だった三軒屋から、契約を横取りした留守堂も凄い。
留守堂はサンチーの元カレで、かつては同じ不動産会社で激しく売り上げのトップ争いをしていたのでは。

 

しかしドラマの最後で、サンチーは留守道の名前に謎の言葉を残していました。
ですので二人の面識はなかったように感じました。
しかし前回留守堂が三軒家万智研究家と言っていたのも引っかかりますね。

 

ドラマが面白いのはもうわかりきってるけど、今回の掘り出し物はなんといっても女性社員役の「長井 短」。このすごすぎる名前もだけどアメリカンB級コメディに出てきそうなキャラクターにもう釘付け。「ネガティブすぎる女栗原類」として有名みたいだが、いや~日本もここまで来たか。さすが大石静ドラマだわ!

 

確かに長井 短さん、名前も個性てきだけど独特の存在感がありますね。

 

屋代課長がかわいい!! 第一シリーズからこのドラマ大好きなんですが、結婚してからのこの夫婦すごく好きです。 屋代の普通に誠実ないい男感と、サンチーのぶっとんだ中にも確実にある女らしさが絶妙にマッチ。 この二人が普通ではな…

 

屋代夫婦のあの感じ、本当にいいですよね。屋代課長の頼りなさなんとも言えずほのぼのとしてしまいます。
やはり歳を重ねてもイケメンの仲村トオルさんだから許されてしまうのでしょうね。

 

キャスト

三軒家万智 ・・・ 北川景子

屋代大   ・・・ 仲村トオル
庭野聖司  ・・・ 工藤阿須加
足立聡   ・・・ 千葉雄大

布施誠   ・・・ 梶原善
白洲美加  ・・・ イモトアヤコ
宅間剛太  ・・・ 本多力
鍵村洋一  ・・・ 草川拓弥
八戸大輔  ・・・ 鈴木裕樹
床嶋ゆかり ・・・ 長井短
珠城ココロ ・・・ 臼田あさ美

留守堂謙治 ・・・ 松田翔太