木村佳乃、木村多江の直接対決「後妻業」第3話

スポンサーリンク


後妻業2話感想はコチラから>>>

3話あらすじと感想ネタバレもあります

(泉谷しげる)の葬儀が終わって間もなく、小夜子(木村佳乃)と(高橋克典)は早くも次のターゲットに接触しようとしていた。相手は、大手外食チェーンの会長を務める富樫幹夫(佐藤蛾次郎)。早速、小夜子は幹夫が暮らす高級老人ホームへ向かうが、待っていた幹夫は、認知症を患っており、さすがの小夜子でも一筋縄ではいかなさそうで……。

富樫幹夫と小夜子のかみ合わない会話が面白い。
小夜子からすれば、柏木から後妻相手として話が通じていると思っている。

 

しかし富樫のところに行ってみると、全く話がかみ合わない。
小夜子の質問には、とんちんかんな答えが返ってくるだけ。

 

結婚して富樫の元に入り込むには前途多難。

富樫は認知症を患っているところから、たぶん被成年後見人になっているのでは、結婚はできるのでしょうか?

 

その頃、本多(伊原剛志)は、小夜子が過去に3度結婚し、すべての夫と死別していることを突き止めた。「あの女が父を殺したことを証明したい」という朋美(木村多江)の依頼を受け、小夜子のマンションで聞き込みを開始。3番目の夫・武内宗治郎が不可解な死を遂げていた事実をつかむ。さらに、亡くなった宗治郎の家族に話を聞くと、小夜子が耕造と入籍しなかった理由も明らかになる――!
一方、朋美は内縁の夫である司郎(長谷川朝晴)に対し、絵美里(田中道子)との浮気を疑い始める。

 

小夜子が耕造と入籍しなかった理由は3番目の夫武内宗治郎。
武内の遺産を手に入れるためには、妻でい続けなければならないという理由があったのです。

 

ですから耕造と入籍すれば重婚になってしまうため、婚姻が不可能であったということでした。

 

そんな最中、本多から、耕造を含むすべての夫が、柏木が経営する結婚相談所『ブライダル微祥』に入会していた、という報告を受ける。我慢できなくなった朋美は、自ら小夜子と対峙することを決意。ひとりで自宅に乗り込むが、話術に長けた小夜子の前では手も足も出ず、思わず「あなた、後妻業よね」と直球を投じてしまう。しかし、小夜子はその言葉にひるむどころか、とんでもない告白を始めるのだった――。

 

小夜子は、その結婚した相手からすべて殺してほしいと頼まれいました。
みんな有り余るお金は持っていたが、孤独で寂しかったなのだ。

 

だからといって私が殺したとは言っていないと朋美にいう。
限りななく黒に近い小夜子の言葉にますます疑惑を深めていくのです。

 

視聴者の感想はどんなものか

[char no=”1" char=”女性”]ドラマ見てて時間経つの早いから テンポいいのだと思います。 関西弁もそんなに気にならないし、 佳乃さんも好きです。 あんな弾けた演技ができる人だと 思いませんでした。[/[/char]p>

[c[char no=”2" char=”男性”]妻業って、現実にカモられたら最悪ですが、ドラマ自体は面白く、毎週見てます。 木村佳乃と高橋克典のえげつないコンビが良い[/ch[/char]

[cha[char no=”1" char=”女性”]佳乃さんの関西弁、上手だと思います。 気になりません[/char[/char]p>[char [char no=”2" char=”男性”]しのぶ版の映画はチャンスが無くて見られなかったので見た上で、ドラマの感想を言いたいな、という感じ。[/char]<[/char][char no[char no=”3" char=”テレビっ子”]の後妻業の女は大竹しのぶさんはリアリティーありすぎでしたね[/char] [/char]d="jp-relatedposts" class="jp-relatedposts">