ブレイド吉田クビ?「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」第4話あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク


「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」第4話あらすじ

永松隆司(林泰文)が不況のため人員削減に踏み切ると宣言。業績不振の台東支店から対象者が多くなるのは否めないと、原島浩美(真木よう子)らにプレッシャーをかける。最も可能性が高いのは、成績最下位の吉田剣(森永悠希)。
担当先のディスカウントショップ社長・田端章夫に顔を出しても、いまだに暗い表情でオドオドした立ち振る舞いをする始末。
「銀行員に向いていない」と罵倒された吉田は翌朝失踪してしまう。
出典
https://www.tv-tokyo.co.jp/harashimahiromi/story/04.html

 

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」第4話内容はネタバレあり

よつば銀行本部人事部の永松隆司(林泰文)は、業績不振の台東支店に現れる。
そして不況のため人員削減に踏み切ると宣言する。

 

特に業績不振が続いている営業課から、リストラの対象者が出るのもやむを得ないと、プレッシャーをかける。

 

これは副頭取島津(柳葉敏郎)の指示で、原島浩美をl窮地に追い込むためのものだった。
これに対して浩美は一向に気にしている様子が見えなかった。

 

自覚の薄い浩美は、部下の加東亜希彦(丸山隆平)から言われて、初めて管理職と気づくありさまだった。

 

成績最下位の吉田剣(森永悠希)は、一番のリストラ候補。
担当のディスカウントショップに行くたびに、部長の梨本朗(東根作寿英)から嫌味を言われてばかりいた。

 

すっかり自信を失った吉田は、帰り道ひとりうなだれ涙を流していた。
そんな姿を偶然見かけた浩美は、気づかないふりで立ち去ろうとするが、吉田に見つかってしまう。

 

そして「僕はそんなにダメですか?そんなに暗いですか?」と浩美に詰め寄る。
その夜自宅で落ち込んでいるところに母親から電話がある。
心配かけまいと、精いっぱい虚勢を張って母親からの電話を切ってします。

 

そこに落ち込んだ吉田を元気づけようと、先輩の矢野修(塚本高史)が訪ねてくる。
しかし慰めても逆効果になってしまい、矢野は怒って帰ってしまう。

 

翌日吉田は出勤せず失踪してしまう。
本部にとって吉田の失踪は思うつぼであったが幸いにまだ知られてはいなかった。

 

営業課の仲間はあれこれ行ったものの、本当は吉田が心配で探しに飛び出していく。
一方で浩美は吉田の得意先を聞いて回っていた。
得意先では、吉田に厳しいことを言っていても、ある面頼られるところもあったようだった。

 

そしてみんなが探したかいもあり、吉田は見つかって会社に戻ってきた。
支店長の山田太平(寺脇康文)はクビを宣告するが条件を付ける。

 

担当のディスカウントショップの融資を取りつかることが条件だった。
浩美は吉田に、自分できちんと調査したうえで考えた融資額を、社長の田端章夫(水橋研二)に提案するようにアドバイスする。

 

それからの吉田は、ディスカウントショップで話を聞いたり、さまざま情報を集める姿があった。
これを部長の梨本も見かけ、思うところがあるようであった。

 

そして融資額を田端に提案する日、吉田は浩美とともに会社にむかう。
吉田が融資として提示した額は希望額の十分の一。

 

あくまでも強気の田端に対して、会社の実情を解き説得を続ける吉田でした。
納得しない田端はついに支店に乗り込み支店長と面会します。

 

そして支店長も吉田と同じ考えであると知り、承諾するしかないと決断します。
実は田端も初めから、吉田の提案には理があると分かっていたのです。

 

社長はこれからも担当を変えずに吉田を指名して来ました。
こうして辛くも吉田の首は皮一枚というところでつながりました。

 

浩美のいる台東支店でのトラブルを狙ていた島津は、今回もたくらみがつぶれてしまったというわけです。

 

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」第4話感想

今回の決めセリフ「恐れながら申し上げます」が、あまりドラマティックな場面ではなかったような気がしました。
気が付かなければ、そのまま決めセリフを気付かないままドラマを見終わったかもしれません。

 

どうせなら、ディスカウントショップの社長に対して、決めセリフを使った方がドラマ的には面白かったような気がします。
かなりワンマンな社長だったのでそのよう感じました。

 

しかし吉田の名前すごいですよね。
まさかブレイドが本名だったとは、気が付きませんでした。
ツルギとか読むのと思っていましたから。

 

もうドラマもここまで来ると、真木よう子さんのせりふ回しも慣れてしまい不自然さは感じなくなってきましたね。

 

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」視聴者はどう見たか

[char no=”5" char=”男性r”]このままの設定で米倉涼子にぱくられそうだから 真木よう子に頑張ってほしい[/[/char]p>

[c[char no=”4" char=”女性l”]年も業績不振って・・・普通、左遷なのに何故支店長でいられるの?[/ch[/char]

[cha[char no=”1" char=”女性l”]かのブレイド、面白かったです。[/char[/char]p>[char [char no=”2" char=”男性r”]までのテレビ東京のこの枠のドラマに比べたら内容的に落ちると思っていたが今日は良かった。[/char]<[/char][char no[char no=”5" char=”男性r”]演出もつまらない・・・というか、出演する人のレベルが下がった[/char]。[/char]>[char no=[char no=”6" char=”テレビっ子”]価は分かれているようですね[/char]

[/char]r no=”[char no=”5" char=”男性r”]子が異常に綺麗になってきた。かつてないほどの魅力を感じる。[/char]

[/char]h2>「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」キャスト

原島浩美  ・・・ 真木よう子
加東亜希彦 ・・・ 丸山隆平
矢野修   ・・・ 塚本高史
奈良敬三  ・・・ 三宅弘城
松田葉子  ・・・ 西野七瀬
吉田剣   ・・・ 森永悠希
大内安則  ・・・ 兒玉宣勝
中本和夫  ・・・ 鎌田将司
小田美琴  ・・・ 杉浦琴乃
佐藤大介  ・・・ 矢島健一
永松隆司  ・・・ 林泰文
金山さつき ・・・ 片桐はいり
山田太平  ・・・ 寺脇康文
草柳康雄  ・・・ 木下ほうか
鳩山英雄  ・・・ 古谷一行
島津雅彦  ・・・ 柳葉敏郎

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。
ゆきびーが取り組んだ方法は ⇒ こちら

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから
ゆきびーが取り組んだ方法は ⇒ こちら