グッドワイフ2月17日6話感想あらすじネタバレ
スポンサーリンク

スポンサーリンク



グッドワイフも6話になりましたが、この時間帯のドラマ落語家の方が結構出演されていますね。
今回も春風亭昇太さんが出演されていました。
結構な演技力でした、役者としても立派に通用しますよね。
スポンサーリンク

グッドワイフ6話あらすじネタバレがあります

多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。
多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。

杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士が呼ばれていた。
車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)だ。人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。

病気により車椅子生活を送っている立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく一方で、次々と用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースは乱されていく。

結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることに。
しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上する…。

一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。佐々木(滝藤賢一)と共に、南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。そんな中、南原と脇坂(吉田鋼太郎)が接触するところを目撃。南原に自ら接触をはかる―

スポンサーリンク


スポンサーリンク

グッドワイフ6話「崖っぷちの選択」内容ネタバレがあります

多田は今まで無料で相談相談に乗っていた、海老塚建設との集団訴訟の打ち合わせの会場に行く。
そこでなにやら困っている、車椅子の男に遭遇する。男はどこかに、忘れ物をしてしまったということだった。

 

見かねた杏子が探しに行くことになった。
しかしいくら探しても忘れ物は見つからない。そうこうしているうちに時間は立ちます。

 

時間も迫り多田らが集団訴訟の会場に向かうと、そこには車いすの男が。
男は集団訴訟の案件を聞きつけて、代理人になろうと現れた弁護士の三栗谷だったのです。

 

三栗谷はわざと杏子らに同情を買わせ、集団訴訟の交渉を邪魔して代理人の地位を手に入れようとしたものだったのです。

 

そればかりか、自分の障害を利用して同じような境遇の原告たちに、アピールすることを忘れませんでした。
そんな三栗谷のアピールに、代理人の地位は彼に傾き勢いでした。

 

一方で杏子の夫の壮一郎も、拘置所から保釈され戻ってきました。
戻ってきた壮一郎に、息子は冷たい態度で接します。
しかし杏子は、娘のことを考えると思い切って、離婚にふうみ切ることができませんでした。

 

壮一郎は家族の前で釈明をします。自分は無実であること。
そして一度だけ、週刊誌の記者と間違いを犯してしまったことを打ち明け許しを請いました。

 

しかし、壮一郎の不倫相手であった遠山亜紀(相武紗季)のインタビューが放送されます。
それはお互い本気で、何度か関係を持ったというものでした。それを聞いて家族の溝は深まっていきます。

 

そした杏子らの、集団訴訟の代理人選定の日がやってきます。
三栗谷の巧妙な手口の数々で、代理人の地位は彼に傾いたかに見えました。

 

しかしみちるらの調査で、どうやら三栗谷は相手側の海老塚建設と、どこかでつながっている疑いがあるようでした。

 

杏子らの追及で、とうとう当初の和解金より、大幅にアップした条件で交渉すると、三栗谷は約束します。
そして大幅に吊り上がった、和解金2千万円が被害者側に支払われることになりました。

 

杏子らは完全勝利と喜び合います。実は三栗谷が、顧問契約を結びたがっていた総合商社に不利になるとして。
海老塚建設の裁判を回避するためのものでした。

 

本来なら和解の条件は、ひとり4千万円ということでした。
完全勝利と浮かれていた杏子でしたが、実は和解金は半額しか取れなかったのです。
おまけに三栗谷の方はまんまと顧問契約は結んでいました。

 

一方壮一郎の方は林弁護士が、代理人を降りてしまいます。
そんな時、壮一郎の代理人には、杏子自らがなると壮一郎に告げます。

 

そして記者会見の場に望みます。ちょうどその会場にいる杏子のもとに一通の電話がありました。
それは正直になった多田からの告白の電話でした。
しかし偶然電話に出た壮一郎がその告白を聞いてしまうことになります。


スポンサーリンク


グッドワイフ6話感想

車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛役をアメリカ版では、バックトゥザフューチャーのマイケル・J・フォックスが演じていましたね。

 

はじめ似ている人がいると思ってみていましたが、時代を考えてみれば彼ももうこんなに年を重ねていたのだと納得です。
映画の役柄が、今でも頭からはまれないので、若いままのイメージのままでした。

 

昇太さん同様彼の演技には、腹が立ちましたがなぜか憎めないところがありますね。
これもふだん画面を通して感じる、彼らの人柄のせいなのでしょうねなのでしょうか。

 

グッドワイフ6話視聴者はどう見たの

[char no=”1" char=”はな子”]今日の放送の第6話で蓮見杏子(常盤貴子)の夫・壮一郎(唐沢寿明)が拘置所を出られ、杏子が壮一郎と多田征大(小泉孝太郎)のどちらを選ぶかに注目したいですね~。[/[/char]p>

[c[char no=”2" char=”二郎”]国版の大ファンで、仕方なく日本語版を見始めました。日本に対応するべくそれなりに改変されていますが、まあまあ、というところでしょうか[/ch[/char]

[cha[char no=”1" char=”はな子”]郎は保釈されたが、愛人の存在など夫の疑惑はぬぐい切れず、多田の好意を察して杏子の心は揺れる。複雑な表情を見せる常盤貴子さんの演技が秀逸でした。[/char[/char]p>[char [char no=”4" char=”はな子”]て観ましたが、弁護士の狡さとかが観れて面白かったです。[/char] [/char]r no=”[char no=”1" char=”はな子”]の方がいいな…と思ってましたが、告白しちゃいましたね。夫が聞いたけど。[/char]

[[/char]=”5″[char no=”5" char=”二郎”]の夫の事件がメインになりましたね。多田はどう絡んで来るか、壮一郎と杏子の家庭は元に戻るのか。[/char]

 グッドワイフキャスト

蓮見 杏子 … 常盤貴子
多田 征大 … 小泉孝太郎
円香 みちる … 水原希子
朝飛 光太郎 … 北村匠海

小宮 竹生 … 野間口 徹
戸梶 涼太 … 中林大樹
佐竹 凛子 … 末永みゆ
蓮見 隼人 … 小林喜日
蓮見 綾香 … 安藤美優

佐々木 達也 … 滝藤賢一
蓮見 幸枝 … 高林由紀子
林 幹夫  … 博多華丸
遠山 亜紀 … 相武紗季

神山 佳恵 … 賀来千香子
脇坂 博道 … 吉田鋼太郎
蓮見 壮一郎 … 唐沢寿明

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。

ゆきびーが取り組んだ方法は

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから

ゆきびーが取り組んだ方法は