後妻業2月19日5話感想あらすじネタバレ【田中道子】いやな女?
スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは、テレビっ子です。
とうとう朋美と本多の関係も、どろどろになってきてしまいましたね。

 

一方でまた新たなターゲットが現れてきました。
小夜子は、新しいターゲットの心をつかむことができるのでしょうか。

 

それとも小夜子の悪事は暴かれてしまうのか。
これからの展開に目が離せません。

スポンサーリンク

後妻業5話あらすじ

本多(伊原剛志)の動きを警戒する柏木(高橋克典)は、小夜子(木村佳乃)の弟である博司(葉山奨之)を東京へ送り込み、本多の過去を探って弱みを握ろうと画策。
しかし本多の居所はつかんでいないため、朋美(木村多江)を尾行するように命じる。
小夜子は「天敵女の尻尾をつかめ」と弟にはっぱをかける。
一方で、認知症の幹夫(佐藤蛾次郎)に苦戦する小夜子には、元開業医の資産家・笹島雅樹(麿赤兒)との見合いをセッティングする。

その頃、夫・司郎(長谷川朝晴)と事務所スタッフの絵美里(田中道子)の浮気を目撃した朋美は、いまわしい記憶をふっしょくするかのように、2人の情事の現場となった事務所のソファを処分。
しかし、その胸中を知ってか知らずか、自分に対して何かと挑戦的な態度をとる絵美里と、何食わぬ顔でいつも通り仕事をする司郎に、朋美の怒りは収まるどころか膨れ上がる。

小夜子は早速、新しいターゲットである笹島と見合いをし、かなりの資産家であることに目を輝かせ、後妻業としてのやる気を漲らせる。

そんななか、姉の尚子(濱田マリ)の頼みで大阪での仕事を手掛けることになった朋美は、早速、リフォームを希望する依頼主の自宅へ向かう。
豪邸で朋美を出迎えたのは、小夜子が狙いを定めている笹島だった。
そうとは知らない朋美は、高齢者の一人暮らしを心配するが、笹島は「お金さえあれば、人を雇って自由に暮らせる」とあくまで一人身が楽だと語り、さらに、最近できたというガールフレンドからの電話にうれしそうな表情を見せる。
そんな笹島に、朋美は亡くなった父の面影を感じる。朋美が笹島邸を立ち去ると、入れ違いで小夜子がやって来る。
二人はまさか同じ老人と向き合っているとはつゆ知らず……。

一方、探偵を命じられた博司は、偵察をさぼってパチンコにいそしんでいるところを柏木にしったされ、本気で朋美と本多の偵察に動き始める。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

後妻業5話ネタバレあります

良人の浮気現場を偶然見てしまった朋美は、夜の街をさまよう。
そこに本多から電話があり、朋美の様子にただならぬものを感じ家に誘う。
だが朋美はホテルに泊まると電話を切る。

 

朋美は忌まわしい記憶を消し去るために、事務所のソファーを処分することに。
その様子を見ていた絵美里は、気にっていたのにと意味ありげに話す。

 

朋美は絵美里に、あなたはなんでも私のものを欲しがるのねと、嫌味を言うが素子ら嘘ぶりであった。

 

そんなおり朋美の姉尚子から電話がある。
尚子の夫の関係で、リフォームの相談に乗ってやってほしいというものだった。

 

仕事は大阪、依頼主は資産家の医者であった。
事務所で、夫の佐藤とリフォームのことでもめていると、絵美里が横から佐藤に賛成と口を出してくる。

 

 

さすがに朋美も堪忍袋の緒が切れてしまう。
私が知らないと思っているのと、二人に浮気を問い詰める。

 

しかし、浮気相手の絵美里は平然と開き直る。
しかも事務所はやめませんからねと、強気の態度だった。

 

一方の小夜子は、柏木から紹介された医者の笹島に会いに行く。
そしていつものように、死んだ主人の分まであなたに尽くしたいと、歯の浮くようなセリフで取り入ろうとします。

 

そして小夜子自慢の漬物を持参して、家庭的な面をアピールすることも忘れません。
そして笹島の関心をだんだんと集めていきました。

 

そのころ探偵の本多も、着々と小夜子の過去を調べ上げていました。
小夜子は風俗で、借金まみれになり働いていました。

 

10年ほど前、すっぱりと借金を返し足を洗ったということでした。
この時、借金をを返済したのが柏木であろうと、本多は思い当たります。

 

また小夜子には子供がいた事実をつき止ます。
そして子供とは年の離れた弟のことではないかと考えます。

 

そんなさなかに、朋美を見張っていた小夜子の息子博司の前に、マンションから出てきた朋美の姿がありました。

 

朋美は夫からは裏切られ傷心の身を、ひとり抱えどこかへ向かいました。
朋美をつけた博司の前に現れたのは探偵の本多でした。

 

スクープだと興奮した博司は、写真を撮り柏木のもとに送ります。
二人の関係を怪しんでいたとはいえ、これには柏木も小夜子もびっくりでした。

 

話は変わり、後日小夜子は笹島の家に現れます。
そして唐突に遺言書を書いてくれ、そして遺産を私に残してほしいと迫ります。

 

後妻業5話感想

いやな女ぶりをアピールしていても、本当は小夜子は柏木のことを・・・。
それを仕事の仲間で、商品には手を付けないといわれては、小夜子も切ないでしょうね。

 

朋美と絵美里の間で、にえ切らない態度の佐藤は見ていて歯がゆいですよね。
これでは朋美がかわいそう、でも朋美まで不倫はよくないですね。

 

絵美里のいやな女ぶりは、視聴者の反感をかいそう。
田中道子さんも、視聴者の反感を買えるようになれば役者みょうりに尽きますね。

 

最近は役者さんの関西弁には、ほとんど違和感も感じなくなってしまいました。
でも関西方面の人にはまだ許せないですかね(笑)。

 

どろどろとした物語の中で、葉山奨之さんが出てくるとなぜかほんのりとしていてしまいます。
若い役者さんですがいい味出ていますね。

 

後妻業キャスト

武内小夜子・・・木村佳乃
柏木亨・・・ 高橋克典
本多芳則・・・伊原剛志
中瀬朋美・・・木村多江

佐藤司郎・・・長谷川朝晴
三好繭美・・・篠田麻里子
橋口健太郎・・・平山祐介
山本絵美里・・・田中道子
新井欽司・・・河本準一
西木尚子・・・濱田マリ
瀬川頼子・・・とよた真帆
中瀬耕造・・・泉谷しげる
黒澤博司・・・葉山奨之

スポンサーリンク


スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。

ゆきびーが取り組んだ方法は

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから

ゆきびーが取り組んだ方法は