【ハケン占い師アタル】第6話あらすじ感想ネタバレ。大崎に声援集まる。

こんにちは、テレビっ子です。

今回スポットが当たるのは大崎チーフ。
中間管理職の苦悩が大きくのしかかっていたのですね。
自分を重ねてみていた人もいたかもしれません。

スポンサーリンク



こんにちは、テレビっ子です。

【ハケン占い師アタル】第6話あらすじ

謎の占い師・キズナ(若村麻由美)の前に、ひとりの女性が現れた。彼女こそはイベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームの課長・大崎結(板谷由夏)。その姿はかつてないほど疲れ果て、まさに抜け殻のようだった…。

さかのぼること2日前――。大崎はいつものように中学生の息子から無視され、夫にもろくに話を聞いてもらえない、ため息交じりの朝を迎えていた。そんな大崎に、部長・代々木匠(及川光博)から非情な指令が下る。本社から遥か遠く離れた倉庫への出向という名目で、Dチームからリストラ候補者を1名選べというのだ!

しかし、Dチームの面々は今や見違えるほど働く意欲に燃え、団結力を増している。誰ひとりとして切り捨てたくはないが、NOと言えない性格もあいまって、代々木の命令を突っぱねることができない大崎。彼女は実情を伏せたまま、部下たちと個別面談を始めることに。ところがその直後、図らずもリストラの話を耳にしてしまった部下たちが、大崎に詰め寄り…!
果てしない葛藤と重圧にむしばまれていく大崎。見かねた派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)は、大崎を飲みに誘い、ある言葉を投げかける。だが、この一件は巡り巡って、アタルの心にも不穏な影を落とす事態を招いてしまい…!?

引用 : https://www.tv-asahi.co.jp/ataru/story/0006/

【ハケン占い師アタル】第6話ネタバレあります

部長の代々木から、会社の経費削減で各チームからひとりずつリストラしている。
そこでDチームから一人選ぶように大崎は言われる。

大崎も最近チームもまとまってきて、やる気満々のみんなを目の前にして、そんな話など出来ない雰囲気である。
いままでと全く変わってしまったメンバーたちである。

リストラで出向してくれなどとは、口が裂けても大崎には言えなかった。
かってはお荷物だった上野を候補に考えてみたが結局。
仕事に対する姿勢が180度変わった上野に、リストラの話などできるわけがなかった。

事務的であった田端でさえ、自分から進んで仕事をするようになり。
やる気満々で生き生きしていた。

それぞれ目黒、品川にしても、そした神田にしてもやる気に満ち溢れ、話す機会を失っていました。
そんな大崎に業を煮やして、部長の代々木は矢の催促です。

現状を説明してリストラは無理だと代々木に訴えますが、何とかするように大崎に丸投げして知らんぷりでした。
一方家庭に帰れば夫からも息子からも相手にされず、ストレスはたまるばかりです。

そんなときDチームのメンバーに、リストラのことがばれてしまいます。
大崎はDチームのみんなから詰め寄られて、煮詰まってしまいます。

そんな大崎を見かねて誰彼となく、アタルに占ってもらうよう言います。
しかし大崎はもうすごい人に見てもらっているといいます。
実はその占い師はアタルの母親キズナでした。

アタルは大崎に、お金が目的だからキズナのいうことなど信じないでと言いますが、聞く耳を持ちません。
仕方なく大崎の頬をたたき正気に返させます。そしてアタルが改めて見ることにしました。

大崎の質問は、「出向のことはどうしたらいいの」というものでした。
アタルはではあなたはどうしたいのか逆に大崎に聞くと、誰も辞めさせたくないという答えでした。

そこを何とかするのがリーダーの仕事とアタルは言い放ちます。
大崎は自分はリーダー器ではなく、選ばれたのも女性管理職が少なくその風潮からである。
そして私は偽物なのといいます。

アタルがのぞき込むと、瞳の向こうには、中学生くらいの大崎がいました。
少女は学級委員でみんなの意見を代弁するような優等生でした。

しかし陰では誰かの真似ばかりと、陰口をされていました。
大人になっても変わらず、一生懸命お手本を真似しているといいます。
そして私の机の上にあるサボテンのように枯れてしまったと訴えるのでした。

アタルはサボテンの花言葉を知っている?と尋ね、こういいます。
サボテンの花言葉は、偉大 温かい心 燃える心 枯れない愛。

全部あんたそのものだよ、毎日頑張っていれば本物になる。
本物のリーダーは、悩んで悩んで、悩みぬく人間なんだといってその場を立ち去ります。

次の日佐々木はリストラ要員が決まったのかDチームに現れました。
佐々木の質問に大崎は神田さんにしますと答えます。

一同ビックリする中で、大崎は話し始めます。
神田さんを出向させれば彼女が辞めて経費は浮くでしょう。

しかし浮いた経費分、Dチームのみんなが働いて埋め合わせすれば神田はやめないで済む。
そう言って、チームのみんなに問いかけます。

みんなで働いてその分利益を上積みするから、辞める必要はないと意見が一致します。
そして大崎はきっぱりと佐々木に出向を断ります。

【ハケン占い師アタル】第6話感想

いつも上からも下からも突き上げられる大崎を見て、身につまされる思いがした。
そんな気持ちになって、視聴されていた人もいたのではありませんか。

中間管理職はつらいですよね。
知っていますか、病院で聞いたのですが潰瘍は、中間管理職の持病だそうです。

それに比べて部長の佐々木は能天気なほどいい加減ですよね。
彼はそんな持病と無関係そうに見えます。

しかし代々木にも、言うに言われる苦悩が、隠されているのかもしれません。
物語が進んでいけば、佐々木の事情も分かってくるかもしれません。楽しみに待つとします。

いよいよアタルの母も次回あたりからは登場しそうですね。
母子の事情とはどんなものなのか少しずつ明らかになりそうです。

アタルによれば、キズナはお金に執着があるようなことを言っていました。
しかしそればかりなのでしょうか?

何かお金以外のものが隠れているような気がします。
単にお金の問題で対立しているとは思いたくはありませんから。

【ハケン占い師アタル】第6話視聴者の反応は

[char no=”5" char=”二郎”]今回のチーフの大崎さんの話は、共感した人も多いんじゃないかな[/[/char]p>

[c[char no=”2" char=”二郎”]崎チーフ楽になれてよかったね♪ 想像以上楽しみなドラマになってます(*´▽`*)[/ch[/char]

[cha[char no=”1" char=”はな子”]さん、本当に理想の上司です。 優しいし相談には乗ってくれるし真剣に部下の事考えてくれてる。 だけどその分大崎さん自身に負担がいっぱいかかってるんだなぁ~。 今日の大崎さんが凄く可哀想で辛さが画面から伝わってきた。[/char[/char]p>[char [char no=”2" char=”二郎”]ルの平手打ちを何度も見返す。刺さった。大崎の泣き顔 アタルの眼差し 素晴らしいシーンだと思う。[/char]<[/char][char no[char no=”1" char=”はな子”]ラマ、深いですね。とても素晴らしいドラマと思う[/char] [/char]r no=”[char no=”1" char=”はな子”]来週は母親登場ですね。若村麻由美さんと杉咲花さんの対決はずっと楽しみにしてました。この母娘がどういう結末を迎えるのか、見届けたい気持ちです。[/char]

【ハケン占い師アタル】キャスト

的場 中(まとば・あたる)(21)・・・杉咲 花
「シンシアイベンツ」制作Dチームの派遣社員

上野 誠治(うえの・せいじ)(45)・・・小澤 征悦
「シンシアイベンツ」制作Dチーム入社23年目の正社員で主査

神田 和実(かんだ・かずみ)(25)・・・志田 未来
「シンシアイベンツ」制作Dチーム入社3年目の正社員

目黒 円(めぐろ・まどか)(26)・・・間宮 祥太朗
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員

品川 一真(しながわ・かずま)(23)・・・志尊 淳
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員で入社1年目

田端 友代(たばた・ともよ)(34)・・・野波 麻帆
「シンシアイベンツ」制作Dチームの入社12年目、独身の正社員

大崎 結(おおさき・ゆい)(45)・・・板谷 由夏
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員で課長

キズナ(51)・・・若村 麻由美
占い師

代々木 匠(よよぎ・たくみ)(48)・・・及川 光博
「シンシアイベンツ」制作Dチームの部長。

スポンサーリンク