庭野、万智から卒業出来るのか【家売るオンナの逆襲】8話感想ネタバレ
スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは、テレビっ子です。

今回の家売るオンナはいろいろ卒業というキーワドが出てきます。
誰が何から卒業するのでしょうか。

スポンサーリンク

【家売るオンナの逆襲】8話あらすじ

 

万智(北川景子)と留守堂(松田翔太)が不動産屋として対等な関係を築く一方、庭野(工藤阿須加)は自分が万智にとってパシリでしかないことに複雑な思いを抱いていた。そんな中、新宿営業所に怪しい男(泉谷しげる)がやってくる。営業所メンバーの名前を次々言い当てた男の正体はなんと庭野の父・茂雄!

真面目な庭野とは正反対のお調子者でいい加減な茂雄は、家を売ったお金でタコ焼き屋を開いて一発当てるため、息子を頼ってきたと言う。亡くなった母が残した実家をいつもの気まぐれで売ることに反対する庭野だが、万智が現れ自分が家を売ると宣言! 庭野は頭を抱える。
一方、留守堂への思いが破裂寸前の足立(千葉雄大)は遂に告白を決行する。しかし、自分が留守堂とどうしたいのか答えが見えないまま、モヤモヤは募るばかり。お互いの鬱屈とした気持ちに共鳴した庭野と足立は、庭野は万智から、足立は留守堂からの卒業を密かに誓い飲み明かす。

そしてその頃、三郷(真飛聖)から食事に誘われた屋代(仲村トオル)は三郷おすすめのおでん屋へ…のはずが気づくとそこはラブホテル街!屋代は遊びでもいいからと強引に誘われて…!!
庭野は、家の売却を担当している客・棟方母娘の境遇に自分を重ねる。夢見がちな母・幸子(南野陽子)はケーキ教室兼ケーキ屋を開くための資金に夫の残した家を売りたいと話すが、家の共同名義主である堅実な娘のすみれ(大後寿々花)は家を売ることに反対。金遣いが荒い母に振り回されてきたすみれの苦労を他人事と思えない庭野は、すみれに協力しようと決意する。

そして、ちちんぷいぷいでは、お金と女にだらしない父親を反面教師にしつつも、たった一人の身内の父に今でも仕送りをしているという庭野に同僚たちが同情を寄せる。このまま “サンチーの犬”で終わらないためにも、庭野は万智の言いなりにはならないと奮い立つ。
翌日。庭野は茂雄を説得しようと実家へ。しかし、すでに万智が家を売る段取りをつけていると聞き唖然とする。しかも買い手はなんと留守堂!あまりに理不尽な万智の仕打ちにショックを受けた庭野は自暴自棄になるが…。

そんな中、万智は美加(イモトアヤコ)から屋代の浮気写真を見せられる。会社に戻った万智は恐ろしい剣幕のまま庭野を呼びつけ棟方母娘の元へ。いつものように劇的に家を売ろうとした万智だが、突然声が出なくなり…!!万智を襲った大ピンチ、その時庭野は…!?感動の逆転劇を見逃すな!
引用 : https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/story/

 

スポンサーリンク

【家売るオンナの逆襲】8話ネタバレ

庭野は自分と万智の関係を悩んでいた、
ましてあの男、留守堂が現れてからはなおさらだった。

 

留守堂は万智と対等に渡り合っているのに、庭野は同僚たちからも、万智のパソリとか犬とか、陰口をたたかれていました。

 

そんなとき庭野は、ある母子の物件の担当になります。
母親は家を売りケーキ屋をやりたいと、娘の意向などそっちのけでした。
そんなところに万智が現れ、私が売りますと宣言します。

 

一方で足立は留守堂との関係で悩んでいました。
足立は告白しますが、留守堂は万智を愛しているといい、逆にどうすればいいかと聞いてくるのでした。

 

そんな留守堂と別れ、足立がちちんぷいぷいに行くと庭野がいました。
庭野も足立と同じように悩んでいたのです。

 

庭野は万智から、足立は留守堂からそれぞれ卒業したかったのでした。
一方屋代は帰り道、偶然なのかスーパーの女店長と会います。


;

店長はおでん屋に行こうと、積極的に屋代を誘い引っぱっていきます。
しかしそこはラブホテルの前、屋代を強引に連れ込もうとしました。
しかし屋代は妻を愛していますからと何とか難を逃れます。

 

そんな時テーコー不動産に不審な男が現れます。
実は庭野の父親で、息子の会社で家を売ってもらおうとやってきたのです。

 

庭野の父親は、最後のチャンスだから家を売りたい。
そして焼き屋をはじめたいというのでした。

 

もちろん半分家の権利を持つ庭野は反対します。
しかし万智は自分が売ると宣言します。

 

庭野にしてみればその家は父親にしても最後の砦、家を失ってしまえばもう行くところはありません。
庭野の事情も考えてくれない万智に反感さえ抱くのでした。

 

そんなおり例の親子がやってきて、万智と庭野は内見に向かいます。
その説明の最中に突然万智は声が出なくなりました。

仕方なく庭野に万智の通訳をやらせます。
しかし庭野は、自分の境遇と似た娘に自分の気持ちをうったえてしまいます。

 

何日かして街の中にランチカーの姿がありました。
一台は母親がケーキを販売する姿、そしてもう一台はたこ焼きを焼く庭野の父親でした。
二人とも希望どおりに家は売れませんでしたが、満足そうな表情をした二人でした。

 

【家売るオンナの逆襲】8話感想

今回一番心に刺さったのは万智が屋代に迫る場面でした。
浮気をやめてくださいと訴える姿は、いつもの仕事のできる万智ではなくひとりの女でした。

 

本当に真剣な心からの思いからだったのでしょうね。
これこそ万智の人間としての素直な感情なのでしょう。

 

物語としては二組の親子が出てきましたね。
一組は庭野親子、そして庭野に家の仲介に来た母子。

 

どちらも家を売ることで親子の対立がありました。
親側は家を売り自分の夢をかなえたいという思いで、周りがよく見えていない。
そしていつもそんな親の犠牲になってきたこども。

 

そんな二組の親子に万智は家を売るといいました。
庭野にしてみれば、自分の気持ちもわからずに万智は家を売ろうとしています。

 

万智に反感をいだいてしまうのも無理はないと思います。
庭野に家を販売させることで、親とのしがらみを断ち切らせる。
万智にしてみたら、そんなもくろみがあったのかもしれません。

 

ですから母子の仲介で万智は突然声が出ななった時、庭野に通訳しろと言います。
そして庭野が思っていた、子供の立場を思い切り言わせます。

 

その結果庭野もその仲介を頼んだ娘も親の束縛から解放されることになります。
この仲介の途中に、万智が声をうしなったのは庭野のためにわざと行ったのでしょうか。
それとも本当に話せなかったのかは分かりません。

 

事実会社に戻った時には声は出ていました。
しかしそれを見て、演技だったと考えるのは早急かもしれません。

 

実際、屋代の浮気を知ったショックからだったかもしれませんから。
ただ最後に屋代に愛しているのはあなただけと言い。
二人一緒に帰る場面を見ると、あながち演技だけとも言えないですね。

 

【家売るオンナの逆襲】8話視聴者の声は

[char no=”1" char=”はな子”]八代夫婦、平凡な夫婦ではないけど大事にならず、信頼し合ってるのがわかってよかったですね。[/[/char]p>

[c[char no=”2" char=”二郎”]課長!手をつなぎたい」    いいねぇーー[/ch[/char]

[cha[char no=”5" char=”太郎”]らほいほいついてゆくんだがw チッ!いくじなしのダークサイドが最高w[/char[/char]p>[char [char no=”4" char=”さくら”]役の仲村トオルさんが、いい感じに年を重ねられたなと思う回でした。[/char] [/char]r no=”[char no=”5" char=”太郎”]んでこんなにウザイ役になった? 前作は憎たらしいながらも、どこか憎めないところがあった。 監督の指示なのかイモトが役作りに失敗したのか。[/char]

[[/char]=”5″[char no=”5" char=”太郎”]多い昨今はっきりして良かった。 最後の最後に円満と思ったが新しい切り口ですね。 いい加減同じ様な番組で嫌気がさしていたので。[/char]

[ch[/char]2″ c[char no=”2" char=”二郎”]然の失語はストレスなのかわからないが、庭野が自分の意見で母親と娘を説得して家を売って一本立ちしたのは良かった。[/char]

[char[/char]1″ cha[char no=”1" char=”はな子”]く庭野が売りました」と報告してもらい、解き放たれた庭野。庭野の父の夢を叶える手…[/char]

[char n[/char] char=[char no=”4" char=”さくら”]報われた庭野を観れて嬉しかったです。[/char]

[char no=[/char] char=[char no=”1" char=”はな子”]1番好きな回かも。 1番のツボは、サンチーが声が出なくなり、庭野くんに通訳させるシーン。[/char]

[char no=[/char]har=”[char no=”2" char=”二郎”] 熱くなった庭野がウケたな~ ついでに足立も面白い。[/char]

[char no=”1[/char]r=”は[char no=”1" char=”はな子”] 目をパチパチパチパチは、 サンチーがまばたきをしない事に対する何かなのでしょうか(笑)。 にしてもサンチー、物まねまでお上手だとは(笑)![/char]

[char no=”4[/char]”さ[char no=”4" char=”さくら”]へ行ってしまったんだと嘆きましたが、無事復活してよかったです。[/char]

[char no=”5" [/char]太郎[c[char no=”5" char=”太郎”]わかる。好きな子の前で音楽が終わると悔しいのに、強がってやっと終わった感を出していた自分が懐かしい。[/[/char]p>

[c[char no=”2" ch[/char]”[cha[char no=”2" char=”二郎”]、とても真面目な演技を見せる二人(ついこの間まで、篤姫と徳川慶喜)が、全く違うキャラを演じるから面白い。[/ch[/char]

【家売るオン[/ch[/char]キャスト

三軒家万智 ・・・ 北川景子

屋代大   ・・・ 仲村トオル
庭野聖司  ・・・ 工藤阿須加
足立聡   ・・・ 千葉雄大

布施誠   ・・・ 梶原善
白洲美加  ・・・ イモトアヤコ
宅間剛太  ・・・ 本多力
鍵村洋一  ・・・ 草川拓弥
八戸大輔  ・・・ 鈴木裕樹
床嶋ゆかり ・・・ 長井短
珠城ココロ ・・・ 臼田あさ美

留守堂謙治 ・・・ 松田翔太

スポンサーリンク


スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。

ゆきびーが取り組んだ方法は

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから

ゆきびーが取り組んだ方法は