代々木の涙のわけは【ハケン占い師アタル】第7話感想ネタバレ

スポンサーリンク


こんにちは、テレビっ子です。

【ハケン占い師アタル】第7話ネタバレ

先日、心神耗弱状態にあったイベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチーム課長・大崎結(板谷由夏)を占ったキズナ(若村麻由美)は、派遣社員・的場中=アタル(杉咲花)の母親だった! しかも大崎から、アタルと一緒に働いていると聞いたキズナは、会社を突撃。ワケありの母子関係だと悟った大崎は、アタルが急に会社を辞めたと嘘をつき、キズナをひとまず追い返すのだが…。
一方、出向先の「シンシアイベンツ」から親会社へ戻る日と華々しい出世を夢見て、上司をアテンドしまくる部長・代々木匠(及川光博)は、自分の手柄となるはずだったリストラ計画を大崎に潰されて逆恨み。Dチームに過去最大の難題を押し付ける。その難題とは、人気ピアニストであるタカオのミニコンサート。なんでも、気難しいタカオが別チームの提案内容を却下した挙げ句、急にコンサートの開催自体を拒否し始めたというのだ! 世界観も会場もすべて白紙状態であるばかりか、開催予定日はわずか1週間後…。さすがのDチームも、お手上げと言わざるを得ない案件だった。
それでも何とかしようと奮起するDチーム。その矢先、想定外の事態が発生する。代々木が親会社へ戻る道を突如絶たれ、Dチームの専任部長に任命されてしまったのだ! 事実上の左遷という憂き目に遭い、放心する代々木。彼は日に日に、周囲に対する憎悪を膨らませていくのだが…!?
引用 : https://www.tv-asahi.co.jp/ataru/story/0007/

 

【ハケン占い師アタル】第7話ネタバレ

今回はいつも上司に媚びへつらう部長の代々木にスポットがあたります。
代々木は今まで、なんとしても本社に戻れるよう社長や上司に気を使い胡麻をする毎日でした。

 

そのため家庭でも孤立していましたが、上司にプレゼントをしたりと出世のために頑張っていました。

 

しかし、代々木の独断で行ったリストラが、部下のことをまるで考えていない上司というレッテルを張られてしまいます。
心待ちにしていた本社への復帰もかなわず、出世の道は閉ざされてしまいます。

 

そして、代々木に与えられたポストは考えもしなかったものでした。
なんと代々木自身が今まで散々に、どうでもいいように扱っていた、Dチームの専属部長というポジションだったのです。

 

さすがに落ち込んでしまった代々木は、ティームの片隅にひとりぽつんと座っていました。

 

代々木は、自分の出世の見込みがなくなってしまったので、Dチームのことなど何も考えません。
むしろ自分で持ってきたコンサートイベントが、失敗すればいいと思ってしまうほどでした。

 

それどころかせっかく開くコンサートを中止させようと、会場に爆弾予告の電話をかけようとします。
代々木の身勝手な行いは、すんでのところでアタルに見抜かれてしまいます。

 

そしてアタルはDチームのために、心がすさんでしまった代々木を占なおうと決心します。
アタルが代々木を見ると、むかしの代々木は、まるでDチームのメンバーと同じでした。

 

代々木も熱い気持ちで、一生懸命仕事にがんばっていたことを知ります。
代々木自身もむかしの自分を見て、その当時の気持ちを思い出します。

 

そして、アタルに才能がない人は努力しない人だということをたしなめられます。
才能というのは、あきらめない努力することだと気づかせてもらいます。

 

そんな時大崎から電話が、コンサートで困ったことが発生したと連絡があります。
コンサートのピアニストが、中止するから上司を呼んでほしいということでした。

 

代々木が会場に着くと、ピアニストは難題ばかり言い中止するといいます。
そんなピアニストに代々木は切れてしまい。
アタルに代々木が言われたことを、そのままピアニストに返してしまいました。

 

Dチームのメンバーもこれで中止になってしまうと思いますが、しかし・・・
ピアニストは若いころに、代々木と仕事をしたことがあり、代々木の叱責で昔を思い出したようでした。
こうしてコンサートは成功のうちに終わります。

 

コンサートも終了して疲れ果て会社に戻ったアタル達でした。
エレベーターに乗り込むと、そこに社長の一行がきます。

 

いつもなら代々木が上司に気を使い、エレベーターを譲るところでした。
しかし代々木は、疲労困憊のメンバーを気遣い毅然とした態度をとります。
こうした代々木の姿勢にDチームのメンバーも心を許していきます。

 

【ハケン占い師アタル】第7話感想

今回は及川光博さん演じる代々木部長が新しく生まれ変わるところが見どころでした。
今まで部下の迷惑をかえりみず、無理難題をDチームに押し付けてきた代々木でした。

 

家庭でも家族のことを考えず、いつもイライラして、出世して本社に戻るということだけで生活していました。
でも、出世が望めないとわかり絶望することになりました。

 

でもアタルの占いというよりは人生の助言でハッと目を覚ますことになりました。
努力し続けることが才能だとわかったんですね。

 

努力し続けることが才能というのは、ドラマの中の代々木だけではありません。
私の心にも、いや視聴者のほとんどの人の心に響いたと思います。

 

オリンピックや歌手として大活躍したりする人を、自分と違う才能の持ち主だと感じています。
でも、そのスゴイ才能の人達はたゆまぬ努力をしているからなんですよね。

 

ですから自分の日々の努力不足を反省し、また頑張ろうと思えるようなアタルの言葉が聞けてありがたいです。

 

今回の終わりでアタルがとうとう逃げていた母親に見つかってしまうシーンがありましたね。
アタルがこれから、自分自身の問題をどう解決するのだろうかということが気になります。

 

恐らく想像ですけど、今まで助けたDチームのメンバーが、今度はアタルを助けてくれる?
そんな風に期待してしまいます。

 

【ハケン占い師アタル】第7話視聴者の声は

[char no=”1" char=”はな子”]前回も感動したけど、今回も感動した!!…涙でました、アタルの喝!いや励ましの言葉に。[/[/char]p>

[c[char no=”2" char=”二郎”]を重ねるごとに、登場人物のキャラがわかりやすくなってきて、展開のパターンは同じだけど、ひとり一人のテーマが違うので、その都度考えさせられる。[/ch[/char]

[cha[char no=”1" char=”はな子”]が必ず職場にいそうなタイプの人がモチーフになっているので共感しやすくて面白いです。[/char[/char]p>[char [char no=”2" char=”二郎”]や専務などに胡麻ばかりすって、部下に無理難題を押し付けていた代々木も、自分と同様の我儘なピアニストや上司から部下を守って良かった[/char]<[/char][char no[char no=”5" char=”太郎”]発揮された回だった。 今までの努力が報われず、ふて腐れ失敗すればいいと思う代々木、アタルに心を読まれ自分の姿を指摘されたことで、本来の熱い代々木が帰って来た。[/char] [/char]r no=”[char no=”1" char=”はな子”]部長の話で泣く事になるとは… 沁みすぎて浄化された。[/char]

[[/char]=”3″[char no=”3" char=”テレビっ子”]気が付きませんでした。[/char]

【ハケン占い師アタル】キャスト

的場 中(まとば・あたる)(21)・・・杉咲 花
「シンシアイベンツ」制作Dチームの派遣社員

上野 誠治(うえの・せいじ)(45)・・・小澤 征悦
「シンシアイベンツ」制作Dチーム入社23年目の正社員で主査

神田 和実(かんだ・かずみ)(25)・・・志田 未来
「シンシアイベンツ」制作Dチーム入社3年目の正社員

目黒 円(めぐろ・まどか)(26)・・・間宮 祥太朗
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員

品川 一真(しながわ・かずま)(23)・・・志尊 淳
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員で入社1年目

田端 友代(たばた・ともよ)(34)・・・野波 麻帆
「シンシアイベンツ」制作Dチームの入社12年目、独身の正社員

大崎 結(おおさき・ゆい)(45)・・・板谷 由夏
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員で課長

キズナ(51)・・・若村 麻由美
占い師

代々木 匠(よよぎ・たくみ)(48)・・・及川 光博
「シンシアイベンツ」制作Dチームの部長。

スポンサーリンク


最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。
ゆきびーが取り組んだ方法は ⇒ こちら

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから
ゆきびーが取り組んだ方法は ⇒ こちら