「小夜子(木村佳乃)より、私と組みませんか?」【後妻業】第7話感想ネタバレ

こんにちは、テレビっ子です。

小夜子が狙っていた笹島が亡くなってしまいました。
死因に事件性はあったのでしょうか?

朋美は柏木といった何を企んでいるのでしょうか。
ますます目が離せなくなってしまいました。

スポンサーリンク


【後妻業】第7話あらすじ

 

夫の裏切りで失意のどん底に落ち、女としても小夜子に見下されて悔しさがこみ上げる朋美(木村多江)は、何とかして小夜子に勝ちたいと柏木(高橋克典)を誘惑するが、反対に「もう関わるな」とくぎを刺されてしまう。その矢先、本多(伊原剛志)から、小夜子が後妻の座を狙っていた笹島(麿赤兒)が亡くなったと聞いた朋美は、これまでの夫同様、小夜子が殺したのだと確信。警察も他殺で捜査を始めると知り、朋美は本多と次の作戦に打って出る。その頃、小夜子は「この苦しみから解放されたい。早う、死んでしまいたい」とつらそうに話していた笹島のことを思い出していた。

数日後、朋美と本多に呼び出された小夜子は、朋美の亡き父・耕造(泉谷しげる)の遺産の半分を支払うよう要求される。応じない場合、裁判で争う覚悟がある、更には記者会見まで行う、と小夜子を脅す。そんなことをされれば、マスコミによって小夜子の過去がすべて明るみに出ることは避けられない。話を聞いた柏木は、その脅しが本気だと悟り、慌てる。しかし当の小夜子は気にするそぶりもなく、見合い後、すっかりとりこになってしまった舟山(中条きよし)とのデートに意気揚々。柏木は、そんな浮足立った小夜子の様子に微かな嫉妬心を抱く。

その頃、朋美のマンションには、海外出張を終えた司郎(長谷川晴朝)が帰ってきていた。しかし、その出張に浮気相手を連れていったことを朋美が切り出すと、いたたまれなくなった司郎は再び家を出ていってしまう。ひとり部屋に残された朋美がぼうぜんとしていると、そこへ柏木から電話が――。

引用元:https://www.ktv.jp/gosaigyo/index.html

 

【後妻業】第7話ネタバレ

朋美は、柏木の元へ行き、「私と組むことで、罪をなしにしませんか。」と言います。
柏木は、「エリートなお嬢さんが、道を外れるのは良くない。」と説教をして追い返します。

 

一方小夜子から、舟山の様子を聞いた柏木は、小夜子が仕事を忘れ船山に入れ込んだ姿を見て面白くなさそうでした。
その頃本多は、元刑事時代の部下から、笹島が死んだことを聞かされます。

 

小夜子の最初の旦那が死んだ時と同じように、練炭が使われていたことがわかります。
やはり犯人は小夜子だと疑った朋美は、本多と共に小夜子を喫茶店に呼び出します。

 

小夜子と朋美がいつものような口喧嘩たまらず本多は声を荒げてしまいます。
話し合いは小夜子がはぐらかしてばかりで埒があきませんでした。

 

柏木は遺産など、裁判沙汰になったら面倒だと思ったので、小夜子にこっそりと会話を録音させていました。
しかし小夜子の無防備な会話に激怒してしまいます。

 

一方で本多は、朋美とのことが世間にバレても、こちらも小夜子と柏木の手配した司法書士の写真をマスコミに公表しようと考えていました。

 

朋美は小夜子が笹島のことを認めないことが納得いかず、柏木に呼ばれて大阪へ行きます。
しかしその席には小夜子も同席していたのです。

 

二人はまたも激しく罵り合い口喧嘩を始めます。
しかし柏木は「笹島は、サインしていない」と公正証書を朋美に見せます。
それは小夜子が、殺していないという証拠でした。

 

そこへ、朋美の元へ本多から連絡が入り、笹島を殺したのは家政婦だったと聞かされます。

 

家に帰った朋美は、内縁の夫から離婚を切り出されます。
朋美も自分にも非があったからと自分を責めます。

 

そして本多に「飲みに行かない?」と朋美は声をかけますが、「今は会わない方がいい。」と言われてしまいます。
それでも本多に伝言をのこした朋美は、ホテルのバーで一人で飲みます。

 

そこへ、ヒロシと会っていた柏木がやってきて、朋美といっしょに飲むことになります。
酔いつぶれてしまった朋美は、柏木の部屋に・・・

 

その時、朋美を追いかけてきた本多はエレベーターに乗る場面を見かけます。
一方で舟山と食事をした小夜子は、二人でホテルに泊ることになります。

 

【後妻業】第7話感想

今回のみどころは、仕事のパートナーとして信頼関係を築いてきた小夜子と柏木に、少し気持ちに変化が現れてきました。
柏木は小夜子から嬉しそうにはなす舟山の話に、どこか微妙な表情をするところが気になりますね。

 

逆に小夜子も、柏木ん返事がそっけないとか、返事が返って来ないと、少し寂しそうな表情を見せます。
やはりお互いのことが気になっているのでしょうね。

 

もちろんそれは仕事のパートナー以上の感情だと思います。

 

また今回のターゲット舟山に、小夜子は本気になってしまったのか今まで見せなかった女の顔が度々見えます。
どこか立場が逆転してしまったようで少し心配になります。
小夜子のような悪女に肩入れしているようですですが、なんか小夜子にも感情移入してしまいました。

 

また朋美はどうなってしまうのでしょうか。
ついに佐藤と別れてしまいましたが、別れた理由も自分に責任があると深く受け止めてしまったようでした。

 

一人酔いつぶれてしまった朋美でしたが、そこに現れたのは本多ではなく柏木。
まさかの展開で二人はただならぬ関係になってしまうのでしょうか。

 

そのとき現れた本多でしたが、このまま黙って立ち去ってしまうのか。
次回の見どころの一つになるのかもしれませんね。

 

複雑な男女関係、どんどんぬかるみにはまって行くようです。
これからの大人の恋、一体どうなって行くのでしょうか、楽しみです。

 

【後妻業】キャスト

武内小夜子・・・木村佳乃
柏木亨・・・ 高橋克典
本多芳則・・・伊原剛志
中瀬朋美・・・木村多江

佐藤司郎・・・長谷川朝晴
三好繭美・・・篠田麻里子
橋口健太郎・・・平山祐介
山本絵美里・・・田中道子
新井欽司・・・河本準一
西木尚子・・・濱田マリ
瀬川頼子・・・とよた真帆
中瀬耕造・・・泉谷しげる
黒澤博司・・・葉山奨之

スポンサーリンク