勘違いをしていた留守堂【家売るオンナの逆襲】第9話感想ネタバレ

こんにちは、テレビっ子です。

早いもので家売るオンナの逆襲も9話を迎えました。
前回は不穏な表情を浮かべていた留守堂でしたが、波乱の前触れでしょうか。

独り立ちした庭野今週は家を売ることはできるのでしょうか。

スポンサーリンク


【家売るオンナの逆襲】第9話あらすじ

 

万智(北川景子)は高齢の母親と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当する。礼子は、立地にこだわりはないが母のために畳のある家にしてほしいと話す。一方、庭野(工藤阿須加)は築45年の古家を売るべく、施工会社の真壁(入江甚儀)と協力して内装のフルリノベーションを進めていた。

今回が設計デザイナーとして一人立ちのデビュー作だという真壁は古臭い家の内装を一新し、スケルトン風呂など自分のこだわりを詰め込む。同年代で似た者同士の真壁と意気投合した庭野は、自分が真壁のデビュー作を売ろうと張り切る。
そんな中、スランプを抜け絶好調の足立(千葉雄大)は出産間近の新婚・新垣夫妻の家探しを担当する。そして、留守堂(松田翔太)は夫と離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家の売却を相談される。偶然にも留守堂担当の迫田家を足立の客である新垣夫妻が内見することになり、一同は迫田家の内見で顔をあわせることに。

築浅で家具付きの素敵な家をすっかり気に入る新垣夫妻だが、壁に夫婦喧嘩でできた穴があることに気づき…。離婚する夫婦の家は買いたくないと話す新垣夫妻を前に必死に取り繕うのぞみだが、そこに別居中の夫・祐樹(永野宗典)がタイミング悪く押しかけ、離婚をやめてやり直したいと懇願! 両夫婦の家の売買が白紙に戻る中、足立はどこか虚ろな留守堂の様子が気にかかる。万智と屋代(仲村トオル)の順調な夫婦関係を前に嫉妬に悩む留守堂は、“密かに思う心の自由”に限界を感じ始めていた…。

リノベ物件の売却に苦戦する庭野はエッジの効いた真壁のデザインが客に不評なことに頭を抱える。そんな矢先、万智がリノベの家を売ると宣言!すでに客の目処もついていると話す万智だが、せっかく真壁がリノベーションした家を再びリノベーションして全面畳に戻し、スケルトンの風呂も直してしまうと言う!真壁の努力とここまでの費用も無駄になってしまうことに抵抗する庭野を、万智は「友情ごっこで家は売れない」と一刀両断!庭野はなんとか今のままで家を売れないかと、万智が家を売る予定の馬場静江(松金よね子)の元を訪ねるが…。

さらに、売上の伸び悩むメンバーたちは現地販売で大奮闘!新宿営業所、家爆売りの予感!?その裏で孤独な留守堂の愛に爆発のカウントダウンが始まっていた…!

引用元:https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/story/

 

【家売るオンナの逆襲】第9話ネタバレ

 

仲良く買い物をする屋代と万智。そのすがたをうかがう留守堂の影が。
その姿は、黒い炎を燃やしているように見えた。

 

 

一方テーコー不動産不動産ではすっかり立ち直った足立と、独り立ちした庭野が仲良く談笑していた。
そしていつものように頼りない屋代と、パワフルにみんなを叱咤する万智の声で一日が始まった。

 

万智の依頼人はたたみにへやにこだわりがある様子だった。
一方庭野は施工会社の真壁と一緒に、新しくリノベーションした部屋を売ろうと張り切っていた。
二人は意気投合してちちんぷいぷいでも盛り上がりを見せていた。

 

また足立は若い夫婦の家探しで、留守堂から手ごろな情報をもらいます。
その売主は早く家を売りたがったいました。

 

さっそく若い夫婦は内見に来ます。一目見てその家を気に入りますが、ある事に気が付きます。それは壁に小さな傷跡がありました。
夫婦は縁起を担ぎ、離婚するために売るのならと断わってしまいました。

 

一方宅間はやるきも見せずに現地販売をしていると、暇をもてあそんでいる別れた美香がやってきます。
二人がやり取りをしているところにお客さんがやってきます。
すると美加も一緒に内見のお客さんに販売攻勢を、なぜか美加を気に入って家は売れてしまいます。

 

布施と八戸も現地販売で客待ちをしていると、中国人のお客さんが現れ、なんと八戸が中国語を駆使して家を売ってしまいます。

 

 

そのころ万智はなぜたたみにこだわりを持つのか調査していました。それはそのお客さんの母親がたたみに家に住みたいということだったのです。

 

そこで万智は庭野が売ろうとしていた家を全面たたみ張りに変えてしまい希望通りの家にします。施工業者と庭野はがっかりしますが、お客さんのことを考えてリノベーションをしろと一喝されてしまいます。

 

そして母親と娘に家をすすめます。しかし母親は拒否します。実はたたみの家に住みたい訳ではなく今の環境を変えたくなかったのでした。

 

しかしその家は今住んでいるところからは2軒先なだけ、何ら環境は変わりませんでした。
娘の夢だった母親との同居。万智の娘の夢をかなえるのも親の務めという一言で母親も決意します。

 

また足立が若い夫婦にすすめた家も、離婚危機から脱した夫婦も環境を変えるために引っ越すことにしました。
そしてやっぱりあきらめきれなかった若い夫婦がその家を買うことになりました。

 

最後に鍵村が販売していたところにこわもてのお客さんが来ます。
そして屋代課長をとそのお客さんが、ビビった鍵村でしたが、ちょうどそこに屋代が現れます。
そのこわもてのお客は、いつも矢代が長電話をしていた相手の関係者でした。
屋代の応対が気に入って現地販売に来たのでした。
屋代の電話対応を馬鹿にしていた鍵村でしたが、何か感じたものがあったのかもしれません。

 

一方で留守堂は万智を母校の小学校に呼び出しますが現れません。そして朝になり万智がやってきます。

 

【家売るオンナの逆襲】第9話感想

今回はテーコー不動産の社員一同なぜかうまく家が売れました。
いつも万智にあおられているばかりの営業所でしたが、今回はみんなうまく行き良かったですね。

 

もっとも庭野だけはダメでしたけれど、それでも何か得るところはあったようですからよしと言えるのでは。

 

今回はあまり留守堂の活躍がありませんでした。
最後に万智を呼び出してなにをしたかったのでしょう。告白をしたかっただけなのですかね、
屋代課長と分かれるはずがないと留守堂もわかっていたはずです。

 

 

しかし小学生の時、留守堂を助けたのは万智ではなかった。
さすがにビックリです。留守堂の勝手な思い違いで今まで生きてきたなんて、ちょっと哀れですね。留守堂がかわいそうでした。

 

また本当の命の恩人が現れます。
予想通りでした。万智とはちがう目立たなかった女の子だったのでしょうね。

 

今まで勘違いして生きてきた留守堂、これからどんな振る舞いに出るのか想像は尽きません。
でも万智に責任があるわけではないですから留守堂には気持ちを切り替えて強く生きて行ってもらいたいです。ちょっときれいごとすぎますかね。

 

【家売るオンナの逆襲】キャスト

三軒家万智 ・・・ 北川景子
屋代大   ・・・ 仲村トオル
庭野聖司  ・・・ 工藤阿須加
足立聡   ・・・ 千葉雄大
布施誠   ・・・ 梶原善
白洲美加  ・・・ イモトアヤコ
宅間剛太  ・・・ 本多力
鍵村洋一  ・・・ 草川拓弥
八戸大輔  ・・・ 鈴木裕樹
床嶋ゆかり ・・・ 長井短
珠城ココロ ・・・ 臼田あさ美
留守堂謙治 ・・・ 松田翔太

スポンサーリンク


最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。
ゆきびーが取り組んだ方法は ⇒ こちら

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから
ゆきびーが取り組んだ方法は ⇒ こちら