アタル占い師を廃業する?【ハケン占い師アタル】第8話感想ネタバレ

こんにちは、テレビっ子です。
残すところあと一回、ついにアタルは母キズナに居所を突きとめられてしまいました。

アタルの能力を利用したお金儲けに反発して、母のもとを去ったアタルです。
このまま連れ去られてしまうのか、それとも立ち向かっていくのか・・・
iいよいよ親子の対立もクライマックスに入りました。

【ハケン占い師アタル】第8話あらすじ

   引用元:https://post.tv-asahi.co.jp

占い師・キズナ(若村麻由美)は、自分のもとから突然逃げ出した娘・的場中=アタル(杉咲花)の居場所をようやく突き止め、連れ戻そうとする。だが、娘の占い能力を散々金儲けの手段にしてきた母親に嫌気がさしていたアタルは、頑として拒否。勤務先のイベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームの仲間も、占いで自分たちを救ってくれたアタルを守ろうと、キズナの前に立ちはだかる。それでも怯まぬキズナは、アタルの存在意義は占い能力のみにあると主張し、いま任されている雑用はいずれAIに取って代わられる程度のものだと言い放つ。その言葉に悔しさをにじませたアタルは、「占い以外にも、この会社であたしにしかできないことがあると証明する」と宣言! それができなければ、おとなしくキズナのもとへ戻り、以前のように占いに従事するとまで言い出す。
アタルの宣言に驚きながらもサポートを誓ったDチームの面々は、彼女とともに大手ゼネコンが主催するCSRイベントのコンペに取り組むことに。しかし、経験値の低いアタルはなかなか妙案を出せず、焦る心を抑えられない。そんな中、アタルは仲間たちが考え抜いた提案内容に、代案もないまま異議を唱えてしまい、人間関係にもギスギスした空気が漂いはじめ…。
生まれて初めて、働く人間の“壁”にぶつかり、悩み苦しむアタル。そんなアタルを突如、Dチームの面々が占うと言い出し…!? やがて“ひとつの結論”にたどり着いたアタルは、キズナと真っ向から対峙することを決意する――。
https://www.tv-asahi.co.jp/ataru/story/0008/

 

【ハケン占い師アタル】第8話ネタバレ

今回はアタルと母親のキズナの親子関係がテーマでした。

 

アタルの居場所を突き止めたキズナは、占い師をさせるためにアタルを連れ戻そうとします。
しかしアタルはキズナを振り切って出社してしまいます。

 

きずなも何とかアタルを連れ戻そうと会社までついていきます。
しかし会社の入り口で止められキズナは、中には入れません。

 

しかし、部長の代々木がキズナの口車にのって社内に連れてきてしまいました。
キズナはアタルに「派遣社員のあなたが、こで何がしたいの?時間の無駄だから帰りましょう」と説得します。
そして必死でフォローする大崎ら対しても、「いずれAIの時代が来て仕事がなくなるのよ」と暴言を吐くのでした。

 

たまりかねてアタルは「ここで活躍できなかったら、家に戻る」とキズナと約束をしてしまいます。
そのあとアタルは焦る気持ちが先行してしまい、仕事はミスの連続です。

 

会議中にいきなりダジャレをとばしたり、ますます墓穴を掘ってしまうのでした。
見かねた大崎達がいつもと逆にアタルを占う事になります。

 

社会人として経験豊富な先輩たちに励まされ、アタルは、自分が一体何がしたいのか。
何が出来るのかを、働きながら探していこうと決意を固めたのでした。

 

そのことをアタルはキズナに伝えるため会社に呼びだします。
しかしキズナはそんなアタルの決意に理解を示めしませんでした。

 

とうとうアタルは業を煮やし、キズナを占うと言い放ちます。
そしてキズナを見ると、そこには小学生のキズナがいていじめられていました。

 

キズナはいじめられていた自分を保身するために占いにのめり込んだのです。
そしてアタルを産んだとき、アタルが特別な能力を持っていると気づきました。
そして自分の意のままにアタルを操って来たのです。

 

アタルがキズナを見た事実をつたえて、「ママから卒業させて!」とアタルは訴えます。
その時突然「卒業」の言葉でひらめきました。

 

その時クライアントの新しい企画で頭を痛めていたDチームのもとに駆け込みます。
そしてクライアントへの新しい企画に「卒業式」を提案します。
企画は、トントン拍子に進みコンペで見事勝利します。

 

自信をつけたアタルはキズナをどうにか説得することが出来ました。
その代わり占いを辞めるよう約束させられたのです。

 

キズナは別れ際に「本当の占い師になるから」と一言残して去って行ったのです。
或る日の街の片隅で、ひっそりと占いをしているキズナの姿がありました。

 

アタルにも平穏な生活が戻りました。
順調にアタルの仕事ももとに戻ったを思われましたが、アタルは急に目眩を起こして倒れてしまいます。

 

【ハケン占い師アタル】第8話感想

母親に実は寂しい過去があったのですね、少し気持ちが分かる気もしました。
誰よりもアタルを愛している気持ちがあるので、余計に自分の元から去られたのがショックだったのでしょう。

 

それにしても今までひとりずつ問題を抱えていた、Dチームのメンバーが今度は、アタルへアドバイスをしてくれて頼もしく思えました。

 

占いの能力はあっても心や経験はまだまだ子供のアタル。
今まで大人びていた感じがあったのに一気に可愛らしさを感じました。

 

また単に母親を拒否してるだけではなかったのが分かって少し温かみも感じました。

 

いつもイベントとか、コンペがもう少し話に絡んでくるのに今回は最後だけで少し物足りませんでした。
でもアタルがキズナとの会話から、気づいたことで提案した案が通り良かったと思いました。

 

それにしても最後に倒れてしまったので心配です。
疲れが重なっただけなのか、重い症状なのかも気になるところですね。

 

また身を引いたかに見えていた母親も登場していた予告だったので、アタルだけでなく母親のことも気になります。

 

【ハケン占い師アタル】キャスト

的場 中(まとば・あたる)(21)・・・杉咲 花
「シンシアイベンツ」制作Dチームの派遣社員

上野 誠治(うえの・せいじ)(45)・・・小澤 征悦
「シンシアイベンツ」制作Dチーム入社23年目の正社員で主査

神田 和実(かんだ・かずみ)(25)・・・志田 未来
「シンシアイベンツ」制作Dチーム入社3年目の正社員

目黒 円(めぐろ・まどか)(26)・・・間宮 祥太朗
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員

品川 一真(しながわ・かずま)(23)・・・志尊 淳
「シンシアイベンツ」制作Dチームの正社員で入社1年目