菜の花 子供向けのレシピはどんなものが人気?

菜の花
スポンサーリンク

春になるとたくさんの野菜が芽を出します。

中でもブロッコリーやキャベツ、カブなどと同じアブラナ科の菜の花は、春を代表する植物として有名ですよね。

でも菜の花は観賞用と思っている人が多いのではないでしょうか。

実は飛鳥時代あたりから食べられている立派な食用野菜です。

また栄養成分的には、生活習慣病を予防する多くの成分を含んでいます。

その他にも栄養成分は豊富で、大人だけでなく子供も進んで摂りたい野菜です。

ただ春野菜の特徴として辛みやほろ苦さがありますよね。

そこで子供に食べてもらうのが難しいところでもあります。

そこで菜の花の子供向けレシピはどんなものが人気かまとめました。

スポンサーリンク

栄養素も豊富だからこそ菜の花は子供にも食べてほしい

菜の花は春を告げる花と言われるように、春になると土手や野原一面を黄色い花で華やかにしてくれます。

菜の花は春に咲く花というイメージが強いですよね。
しかし菜の花は古くから食用として、人々に広く食べられていたようですよ。

もちろん菜の花もブロッコリーやキャベツと同じようにアブラナ科の植物です。
いまでも春になると菜の花はスーパーなどに並びますね。

しかし栄養価の面では、他のアブラナ科の野菜中で一番高いと言われています。
その成分はビタミンやミネラル、食物繊維はもちろんたくさん含んでいます。

しかも菜の花特有のほろ苦い成分には、血液をサラサラにする効果があるようですよ。
またガン細胞の発生を抑えるなど、生活習慣病を予防する成分が含まれている事もわかっています。

そんな素晴らしい効果を持つ菜の花です。
大人だけでなく子供にも食べさせたいと思うのが親心ですよね。

ただ、にがみを感じる菜の花は、子供に食べさせる事は難しいようです。
それでは子供が菜の花を喜んで食べてくれるためにはどうすればいいでしょうか。

つぎに菜の花を食べやすくする工夫やレシピなどを紹介します。

人気のレシピで菜の花を子供にも食べてもらう・・・

菜の花はサッと塩ゆでしただけで、きれいなグリーンがきわだちます。
ですから料理の脇役として添えても映えますね。

もちろんゆでた菜の花を、お浸しや辛子和えなどにしても十分美味しく食べられます。

でも野菜にスキキライが多い子供達は、ピーマンなどと同じように苦みを感じる菜の花は嫌いな食べ物の代表格でもありますね。

そこで菜の花を、子供に食べてもらいたいと思ってもなかなか難しいことです。
そこで子供も喜んで食べてくれる、菜の花のレシピをいくつかご紹介してみますね。

  • ・菜の花入ハンバーグ
    ・菜の花入カレー、或いはシチュー
    ・菜の花入キッシュ

このように、子供の好きな料理に入れたら、食べてくれると思います。
特にクリームシチューは、菜の花のグリーンとのコントラストがきれいですよね。

そこで見た目につられて食べてくれるかもしれませんよ。

また幼児誌の「めばえ」などに掲載されていたレシピでは、「菜の花のピーナッツバター和え」などが紹介されていました。

これだとピーナッツバターの甘さで、菜の花の苦味もかき消されます。
これなら子供も喜んで食べられそうですね。

つまり子供達に菜の花を食べさせたい場合は少し工夫が必要です。
子供が苦手とする苦みや、野菜の青臭さなどを感じさせないことです。

そこで甘みのあるものと混ぜたり、食欲をそそるように色鮮やかにするとか工夫が必要なのかもしれませんね。

菜の花子供向けレシピのまとめ

人の味覚の基本は、甘味、酸味、塩味、苦味、旨味の5つあります。
これらは日本人特有の味覚と言われています。

しかしこの味覚は当然、大人と子供では違いがあります。
大人よりも子供達の方が、味覚には敏感にできているようです。

特に酸味や苦味は子供達にとって、腐敗や毒のシグナルと捉えられるようです。
ですから子供達は本能的に嫌う味なのですね。

ですから苦味のある野菜を、嫌う子供達は多いという事になります。

ただその味覚は経験とともに変化していきます。
子供の頃に食べられなかったものでも、大人になったら好物になったという話はよく聞きます。

つまり豊かな味覚を育て上げるには、多くの食経験が大切になります。
多くの食経験はスキキライを克服する基本にもなるといえますね。

子供の頃に嫌いな物を無理強いすることは、将来にわたってトラウマを作ることにもなりかねません。

ですから子供には、料理の見た目や工夫など、いかに大切なことか分かりますよね。

タイトルとURLをコピーしました