菜の花人気のレシピ、ナンバーワンはやはり・・・・?

春を代表する春野菜と言えば「菜の花」があげられます。

野原一面に咲く黄色い花は圧巻ですね。

また菜の花は飛鳥時代より、食用として栽培されていた歴史があります。

また菜の花は菜種油として、人々の生活に役立ってきたました。

そんな菜の花の人気レシピは、やはり「お浸し」や「辛子和え」などが定番ですね。

春らしい綺麗な緑色とほろ苦さが食欲を増しますね。

そこでこの記事では、菜の花の人気レシピや、なぜ人気があるのかまとめています。

菜の花人気のレシピといえば

菜の花は1月~4月が旬であり、スーパーなどには2月頃から出始めてきます。
春野菜には、独特のほろ苦さがありますね。

でも菜の花は灰汁もなく、短時間で鮮やかなグリーンにゆであがります。
菜の花のお手軽さから、様々な調理法で利用される事が多いですね。

栄養成分的にはビタミンCやミネラルを豊富に含んでいます。
菜の花は健康や美容成分も、たっぷりと含まれているので人気の春野菜になります。

レシピとしては定番料理のお浸しや、辛子和えなどに人気が集まりますね。
その他にはツナ和え、スパゲッティの具としても利用されています。

歴史的にも古い菜の花ですが、時代とともに様々な食べ方があることに驚いてしまいますね。
そこでどんなレシピに人気が集まっているのか、ランキング別に紹介したいと思います。

№1、辛子和え
№2、ゴマ和え
№3、菜の花の卵とじ
№4、菜の花とツナのパスタ
№5、菜の花と厚揚げの煮浸し
・・・・

人気の高い順に5つほどあげてみましたが、和洋折衷と様々な調理法があるようですね。

人気の順といってもどれが人気ナンバーワンかは、どれも定番で意見が分かれるところですね。

でもなぜ菜の花のレシピが、これほど人気があるのでしょう。

なぜ菜の花は人気のレシピなのでしょう?

菜の花にはじつに様々な調理法がありますね。
特に短時間の熱で色鮮やかになり、食べると独特のほろ苦さを感じるのが特徴的です。

菜の花の食用になる部分は、主につぼみや茎の部分になります。
この部分にはワサビや大根にも含まれる、アブラナ科特有の苦み成分「イソチオシアネート」が含まれています。

この成分は血液をサラサラにする効果や、ガン細胞の発生を抑えるといわれています。
ですから菜の花は、生活習慣病予防に高い効果を示すと言われるゆえんですね。

目で春を感じ、美味しく食べて健康を維持できる菜の花は、まさに大自然のサプリメントともいえます。

そんな素晴らしい菜の花は、熱を加えても色鮮やかで見た目もフレッシュですよね。
ですからパスタ料理や、お弁当にと様々な料理にと重宝に使われたりします。

また灰汁も少ないうえに、栄養豊富と言う特徴から人気のレシピになっているようです。

菜の花のレシピまとめ

菜の花は色鮮やかな野菜なので、料理のトッピングとして活用すると料理映えます。
またお弁当などに入れた場合、お弁当箱の蓋を開けた瞬間に春を感じることが出来ますね。

まさに目で春を感じて、食べて健康維持につながると言う感じですね。
そんな菜の花の代表的な人気レシピは辛子和えやお浸しが定番でした。

しかし鮮やかなグリーンの色を利用して、いまは菜の花のパスタやちらし寿司のトッピングなどにも使われる事も多いですね。

また菜の花は食べるとほろ苦さを感じるのが特徴的なところから、お酒の肴などにも喜ばれます。

しかし子供達にはこのほろ苦さが、苦手な子もいるかもしれませんね。
そこで子供には味付けを濃い目にした中華料理や、子供に人気のツナと和えた菜の花のツナ和えなどは喜んで食べてくれそうですね。

菜の花のレシピは辛子和えやお浸し、或いはお吸い物のトッピングと言った和食オンリーに偏りがちです。
しかし菜の花も最近ではパスタやスープ、また中華料理と様々な料理に使われています。

そのようなレシピと菜の花独特のほろ苦さが、意外にマッチしていることにも驚いてしまいますね。

菜の花は鮮やかな見た目だけでなく、栄養成分も美容や健康面に良い働きをすることがわかっています。
この春、菜の花は進んで食べたい野菜になってきませんか。