飲む日焼け止めの効果、ほとんどないは本当?また体に害はないの?

陽ざしが強くなると紫外線の影響で、肌が黒くなるばかりかシミやそばかす、そしてシワなども出来やすくなります。
そのため多くの女性たちにとって日焼けは天敵とも言えますよね。

この時期日焼け止め対策を行う人は多くなり、中には一年を通して日焼け止めクリームを使い続ける人もいるようです。
それがここ数年「塗る日焼け止め」から「飲む日焼け止め」へと進化し、従来のクリームよりも塗る手間が省けるので人気があるようです。

でも実際のところ、効果的にはどうなのでしょうね?
そこで今回は、飲む日焼け止めの効果について解説したいと思います。
飲む日焼け止め!?美白サプリメント【マスターホワイト】

飲む日焼け止めって、体に悪くはないの


日焼け防止の対策として、帽子や日傘などはいつの時代にも関係なく、幅広く利用されてきましたよね。
また日差しが強くなると同時に多くの女性たちは、日焼け止めクリームを求めてドラッグストアを訪れる人も増えてきます。

 

日焼け止めクリームも肌への負担や効果など、年々進化しているようです。
特に最近よく目にする「飲む日焼け止め」と言うロゴですが、個人的にはとても気になりますよね。

 

いままで日焼け止めと言えば皮膚に塗るタイプがほとんどで、皮膚の弱い人などは肌を荒らすなどのトラブルもよく耳にするところです。

 

そんなトラブルを聞くと、いくら進化して肌に優しくなったとはいえ、飲む日焼け止めは日焼けを無理やり止めるわけです。

 

それが経口用として体内に入ると言う事になれば誰しも不安を持つのは当たり前です。
それに効果の有無についても、半ば疑心暗鬼にもなりますよね。

飲む日焼け止めの成分は安全か

そもそも飲む日焼け止めは、20年前からアメリカで販売されています。
日本でも多くの人の間で話題になった、日焼け予防としてのサプリメントです。

 

成分としては、「ニュートロックサン」と「フェーンブロック」であり、代表的な飲む日焼け止めサプリメント商品は、「ホワイトヴェール」が有名なところです。

 

そしてこの2つの成分には天然由来の植物が使われており、ニュートロックサンはシトラスとローズマリーから抽出したエキスからなっています。
これは天然のポリフェノールでもあり、アンチエイジング効果が望めるようです。

 

またフェーンブロックも同じ天然由来で、シダ類の一種から抽出されたエキスからなって作られています。
これも血液浄化剤として古代マヤ文明の時代から、民間療法として飲まれていたようです。

 

これらの成分内容を見ると、全て天然植物由来のエキスから抽出されたもののようです。
まれに胃腸障害の報告はあるものの、特に重い副作用は報告されていないので、安心して飲めるサプリメントと考えて良いかもしれませんね。

 

ただ植物からのエキスであるため、アレルギーを持つひとは注意した方が良いかもしれません。

飲む日焼け止めとして、効果はあるのか

日焼け止めクリームなどは、何度か塗らないと効果は薄れるため、面倒なところもあります。
一方日焼け止めサプリメントの場合は、小さな粒を飲むだけで済むので便利ですよね。

 

これで100%日焼けを予防することが出来れば最高ですが、気になるのはその効果です。
確かに成分のフェーンブロックは研究結果でも、UV-Bによる最少紫外線量が増したと言う報告があります。

 

ニュートロックサンの天然ポリフェノールを飲み続けるほど、肌の保護力が増し。
3か月間継続して飲んだところ、60%の防御率が表れたと言うデーターもあるようです。

 

しかしこれほどの効果率が表れていたとしても、アメリカのある論文では、太陽の有害な紫外線から、肌を確実に守ると言う科学的根拠はないと書かれています。

 

このように効果については様々な説がたてられ、どちらが本当なのか分からなくなってしまいます。
実際試したひとの口コミを見てみると、効果を感じた人もいれば全くないと言う人もいて人によって効果の違いがあるようですね。

 

ただ確実に日焼けを予防できるのは、サプリメントと日焼け止めクリームの両方を使う事で確実性が増す事は確かなようです。
天然の植物由来の日焼けサプリメントなので、大きな副作用もない事からこの夏、試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

以上、飲む日焼け止めの効果についての解説で開いた。
飲む日焼け止め!?美白サプリメント【マスターホワイト】