夏風邪の原因がエアコンの効きすぎという俗説は本当なのか?

人は体が冷えると免疫力が低下し、様々な病気を引き起こしやすくなると言われています。
しかし最近の夏の猛暑には、エアコンを使い室内の温度を保つ必要がありますよね。

特に現代では環境の変化により、気温が通常よりも上昇傾向にあります。
エアコンのない生活はもう考えられないですよね。
ところがそんなエアコンも効きすぎると、思わぬトラブルを招くと言われています。

そこで今回は、夏風邪の原因とエアコンの関係について解説いたします。

夏風邪の種類もたくさんある

風邪はウイルスによって引き起こされるもので、その数200種類以上とも言われています。
そして多くの人は寒くて乾燥した時期こそ、ウイルスが活発に働き風邪を引き起こすと考えています。

実は暑くて湿度が高い時期でも活動しているウイルスは存在しています。

特に夏風邪を引き起こすとされるウイルスには、「エンテロウイルス」と「アデノウイルス」、「コクサッキーウイルス」があり、これらは夏風邪を代表するウイルスで、暑さと湿度を好む事で知られています。

このウイルスは特に抵抗力の弱い小さな子供、或いは高齢者が罹りやすいと言われています。
夏風邪を代表する「手足口病」「ヘルパンギーナ」「アデノウイルス(プール熱)」などを引き起こすと原因と言われています。

症状としては普通の風邪とそう変わりませんが、手足口病やヘルパンギーナなどは、発熱の他に水泡が口や粘膜、或いは手や足などに現れる事もあります。
さらに喉が痛むと言う、特徴的な症状もあるので見分けがつきやすいですね。

また、ウイルスによっては胃腸障害を引き起こすものもあり、下痢や嘔吐の症状を伴う事もあるため脱水症状には十分な注意が必要ですよ。

夏風邪の原因は夏特有のものがある

夏風邪も普通の風邪もほとんどは上気道(鼻や喉)からウイルスが侵入することで発症します。
特に子供に多いとされる夏風邪は、屋外のプールなどが感染経路になっています。

代表的な夏風邪の種類としては「アデノウイルス(プール熱)」「手足口病」「ヘルパンギーナ」があり、毎年6月~7月に流行する夏風邪です

ウイルスに直接触れたり、同じプールに入る事で目や鼻、口などからウイルスが侵入して発症します。
ですから体調が悪い時はプールに入らない、又は眼を良く洗う、うがいをする、と言う事をしっかり行う事が大切ですね。

また夏風邪の原因はこればかりではありません。
患者のくしゃみによって飛び散る飛沫感染などもあり、流行している時期は冬の時期と同様にマスクの着用も必要です。

外から帰ったらうがい、手洗いをしっかり行うようにしましょうね。

夏風邪とエアコンは本当に関係があるの

夏風邪をひく場合様々な原因が考えられていますが、ほとんどは人の集まる場所が感染経路となっています。
そして暑い夏エアコンを効かせた、涼しい部屋にいても夏風邪はひくと言われています。

エアコンは、冷気が部屋中に届くように送風していますが、あまり寒暖差が激しいと体調を崩す人もいます。
その結果、喉の痛みや咳といった症状で悩まされる人は多いようです。

特に熱帯夜などはエアコンを、夜通し付けっぱなし状態にする人も多くなりますよね。
エアコンを付けたまま寝ている間に、喉が乾燥してウイルスも付着しやすくなります。

その結果として朝目が覚めると、喉が痛くて熱っぽいと言う事にもなります。

それを防ぐためにエアコンの温度は、高めにセットする。
それでも暑さを感じるときは、ファンなどを使えば風を循環させ、適度な温度を保つことができます。

しかしエアコンの内部にはホコリやウイルスばかりでなく、カビのウイルスなども繁殖しています。

最近ではこのエアコンのカビが原因で、咳喘息に罹る人もたくさんいるようですよ。
中には肺炎を引き起こしてしまう人もいますから注意が必要ですね。

つまり夏風邪は、ウイルスばかりではなくカビや気温差など様々な原因で起きているのですね。
人の集まる場所に行ったときは、手洗い、うがいを忘れずに行いましょう。

特に夏風邪が流行している時は、マスクを着用して予防することが一番です。
またエアコンなどの効きすぎも、体調を崩す原因になっているので温度設定は高めに保つ。
ファンなどを使って涼しさをアップするような工夫も必要です。

また空気清浄器などを置けば万全かもしれません。
でもその前にエアコン内の掃除を行い、クリーンな空気の中で過ごすようにしましょうね。

以上、夏風邪の原因とエアコンの関係についての解説でした。