両親へのお年玉の相場は?子供から渡すのは失礼なの?

 子供のころお正月になると、一番の楽しみは何といってもお年玉でした。

元旦の朝お年玉がもらいたくて、ワクワクしながら待っていた。
そんな楽しい経験は、誰にもあるのではありませんか?

楽しかったお年玉も今では逆に、上げる立場になってしまいました。
ところでお年玉も、お世話になってきた両親にあげたいと思いませんか?

両親へあげるお年玉の相場は?

それでは両親に贈るお年玉の相場はいくらくらい渡すものなのでしょうか。
ネットなどの口コミを見たり、調査したりすると、だいたい1万円から多くて3万円くらいになります。

お年玉といっても両親に渡すものですから、金額の額はそれほど重要なものではありません。
親の立場から考えると理解できると思いますが、子供から感謝されることは何にも増してうれしいものです。

ですから金額よりも感謝されているという形が嬉しいのです。
お正月に子供から「お年玉だよ」と渡されたポチ袋は、捨てないで持っているかもしれませんよ。

それを考えれば両親に贈るお年玉の相場はあったもないようなものです。
口コミのように両親へあげるお年玉の相場は、1万から3万円ということでいいのではないでしょうか。

お年玉は両親にあげるのは失礼?

お年玉といえば子供のころは、両親や親せきなど自分より目上の人にもらっていましたよね。
間違っても、年下の親せきの子供から、もらったなんて経験はありません。

もともとお年玉という習慣は、新年を祝うために贈られる金品だったようです。

このお年玉の風習は、目上の者から目下のものに贈るのが、特徴なのだそうです。

そうすると両親にお年玉を贈るのは、失礼ということになってしまうことになってしまいそうですね。

もっとも目上の者に贈る場合は、お年賀として贈ればいいようです。
かたちはどうあれ、お正月に育ててくれた感謝やお礼は伝えたいですよね。

目上の人といっても両親は他人ではありません。
ですから両親へは、親愛の情が現れているお年玉として贈りたのが子供としての気持ちです。

贈られた親の気持ちとしても、同様ではありませんか?

子供から改まったお年賀としてもらっても、嬉しさも半減しそうですね。
お正月感謝の気持ちを現わして、そんな気持ちを両親に伝えたいなら、やはりお年玉が一番ですね。

両親へのお年玉はいくつから贈るか?

両親へお年玉を上げる年齢は、特に決まっているわけではありません。
そもそも両親へ、お年玉を贈るというという習慣はありませんものね。

しかしお正月には両親に、何かしら感謝のの気持ちを伝えたいと思うのも自然なことです。

そう考えるとお正月にお年玉を両親に贈る年齢は、特別区切りがないように思いませんか?

ですから贈られる両親にしても、贈る子供にしても、幾つから贈るかは年齢に決まりはありませんね。

しかし年齢に関係がないと言っても、贈る子供の方には関係がありそうです。
考えてみてください、無職の子供からお小遣いを上げている親に、お年玉を贈るなんて考えられませんよね。

ですから両親に、お年玉を上げる贈るタイミングというものは、あるのではないでしょうか。

子供の立場から考えると、就職してひとり立ちできた時は、タイミングとしていいかもしれません。

また結婚して家庭を持った時も、お年玉を贈るタイミングとしてはいいかもしれませんね。
どちらも、両親に感謝を現すには絶好のタイミングです。

ですから子供の方から目上の両親に、お年玉を上げることはちっとも失礼になんか感じませんよね。
むしろ「お年賀です」と渡された方が白けてしまいます。

もし両親にお年玉を贈るのなら、自分が自立できた、といったタイミングで送るのがいいのではありませんか?