菜々緒のドラマ、2019年も目が離せない

今年目が離せない女優の1人と言えるのが菜々緒さんだ。
菜々緒さんは現在、TBS系の金曜ドラマ「インハンド」に美人官僚役で出演中です。

 

主演は、最新科学の難事件を解決していく変わり者の天才科学者に山下智久さん。
山下演じる天才科学者と共に事件に挑むお人好しで正義感の強い熱血助手に濱田岳さん。

 

そして菜々緒さんが演じる牧野巴は、医療機関で起きる未知の病気などに対処する内閣官房サイエンス・メディカル対策室に外務省から出向してきたという設定です。

 

容姿端麗で頭脳明晰なエリートの役ですね。

脱、悪女?


菜々緒さんが演じる牧野巴は、サイエンス・メディカル対策室で結果を出してできるだけ早く外務省へ戻りたいという強い思いを持っている。

 

見た目も性格もバラバラな3人で最新科学がもたらす様々な難事件に立ち向かう爽快なサイエンスミステリーです。

 

今回菜々緒さんが演じている牧野巴は、クールでやり手な内閣官房サイエンス・メディカル対策室の美人官僚です。

 

今までは濃いメイクにボディコンシャスな服、そして相手をにらみつけるような表情といい、悪女のイメージが強い菜々緒さんでした。
今回の役ではメイクやファッション、そして表情も含めてナチュラルに演じているように見えます。

 

牧野巴は喜怒哀楽や気持ちが素直に表情に出る芯の強い女性で、菜々緒さんは今回自然な演技で、今までと違う顔を見せてくれています。

 

昨年菜々緒さんが出演していたリーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜では主人公にライバル心を燃やす、悪女というより野心家の重要な役をこなしていましたね。

 

同じく昨年菜々緒さんが出演していた「BG 身辺警護人」では、彼女は民間ボディガードの1人を凛々しくこなしていました。
少しずつではあるが菜々緒は悪女以外の役を自分のものにしつつあるようです。

菜々緒ファッション


今回話題になっているのが、きちんとした中にも女性らしさを感じさせてくれる、菜々緒さんのファッションである。

 

今回の菜々緒さん演じる牧野巴は、シンプルなベーシックなスーツにピアスのみなどのおとなしめのコーディネートを見せています。

 

黒スーツからさりげなく見える赤いボウタイブラウス、一見派手な色のブラウスも幾何学模様で知的な着こなしだったりします。

 

難しい柄もののスカートはモノトーン、淡い色合いのスーツには白地にダークな色の模様が入ったトップスを合わせるなど、色を上手に使うことでアクセントを付けています。

 

また、上質な白シャツと黒ボトムの組み合わせ、グレンチェックのコートなど幅広い年代の女性たちの参考になりそうなスタイルを披露している。

 

菜々緒さんはauの三太郎シリーズに十二単姿で出演しており、着物姿でドスの効いた高笑いの悪女っぷりはなかなかのものです。
過去に大河ドラマで時代劇に出たことがあるのをご存じでしょうか。

 

菜々緒さんは「女城主 直虎」の中で、役柄は徳川家康の正室瀬名(築山殿)を演じていました。
築山殿は家康に対して強気で嫉妬深く、家康も恐れた悪女と言う説もあります。

 

菜々緒さんは、悪女としての起用ということで納得したと聞いています。
初めての大河でもあり、後に緊張とプレッシャーがあったと告白していました。

今後の菜々緒はどうなる?


悪女のイメージは、作りあげられたものだったのでしょうか。

 

先ごろ菜々緒さんが出演したトーク番組で、美しいプロポーションを保つために日々取り組んでいるトレーニングを公開していました。

 

EMSと呼ばれる電気刺激を利用したエクササイズ器具を装着したまま筋トレをするという、迫力のある内容です。
「見た目以上にツラいけど、ボディーメークには打ってつけ。」と菜々緒さんは言っています。

 

トレーナーによると、ストイックな菜々緒さんは、トレーニングを始めると目つきが変わってケモノのような目になると表現しています。

 

これからの菜々緒さんが悪女で行くのか、はたまたまったく別の顔を見せてくれるのかはわかりません。
でも菜々緒さんはどんな役にも、全力で取り組んでいき私たちを楽しませてくれるのに違いないと思います。

 

それよりも一番楽しんでいるのは菜々緒さん自身なのかもしれませんね。