武田真治サックスの実力は?下手なの?!

武田真治さんはご存知のように北海道出身のタレントさんです。

しかし2019年の4月1日からは、NHKのニュース番組。

「ニュースきょう一日」のテーマ曲でサックス演奏を担当するなど、サックス奏者としても有名ですね。

そんな武田真治さんのサックスを始めた動機や、サックスの腕前は本当に下手なのかまとめました。

武田真治がサックスを始めたきっかけとは?

武田真治さんがサックスを始めたきっかけは、チェッカーズのファンであったお姉さんの影響のようです。
武田真治さんのお姉さんは、チェッカーズの大ファンそれも藤井尚之サンのフアンだったようです。

藤井尚之サンといえばボーカル、藤井フミヤさんの弟でチェッカーズのサックスプレーヤーです。
武田さんもお姉さんと一緒に音楽番組を見るうちに、サックスの魅力にひかれていったようです。

武田さんも中学生になると、あこがれの藤井尚之サンを追うようにサックスの練習にのめりこむようになりました。

そのころから将来の夢はサックスプレーヤーになることでした。

そのきっかけが訪れたのは高校生の時でした、将来サックスプレーヤになる夢をつなぐため「第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募します。

その結果武田さんはグランプリを受賞し中性的な美貌を売りにして俳優デビューを果たしました。
武田さんは今でも俳優業で活躍中ですが、同時にサックスプレイヤーとしても活動を続けていますよ。

武田真治のサックスの実力は?


武田真治サンは本業は俳優さんですが、以前からサックスの演奏はたびたびテレビでも見かけていました。
ですからキャリヤから言えば相当長く演奏を続けてこられたわけです。

その一方で何故か武田真治サンの演奏について、否定的な意見も聞こえてきます。
しかし武田さんは今までも、サックス奏者としても活躍しプロのアーティストとも共演しています。

否定的な意見としては、あくまでも「芸能人にしては」という域を出ていないという意見が多いようです。
つまりプロとして満足させる実力はないのではという意見です。

しかし武田さんの演奏がもし下手なのなら、今までもテレビなどでの演奏のオファーも来ないでしょう。

また実際にコンサートでも演奏しているわけですから、武田真治のサックスの実力は有るといってもいいのではないでしょうか。

サックスの実力は実際の演奏を聞いてみてください!!

武田真治さんはたくさんのコンサートにも出演されています。

またコンサートの模様などユーチューブでも紹介されています。

ですので武田真治サンの演奏を一度お聞きになって判断してみてください。

武田真治さんの筋肉リズム体操はこちらです。