萩原聖人麻雀の本当の実力は?

萩原聖人さんは1987年のドラマ「あぶない刑事」でデビューした、神奈川県茅ヶ崎出身の俳優さんですね。

今でもドラマ出演など、テレビでも目にする機会がたくさんあります。

萩原聖人さんは、山田洋次監督の「学校」などで知られた数々の受賞歴を持つ俳優さんです。

しかし萩原聖人さんは、実はもう一つの顔を持っているのです。

萩原聖人さんの麻雀の実力は

萩原聖人さんのもう一つの顔はプロの雀士という顔です。
萩原さんはドラマでは、穏やかな表情で優しそうな人柄を現わしよく出演されていますね。

今やドラマや映画のキーパソンとしては、なくてはならない存在です。
しかしそんな萩原聖人さんのもう一つ趣味が、麻雀といわれていました。

萩原さんの麻雀の腕前は、芸能界では屈指と言われて数々のエピソードもあります。

萩原さんが趣味の麻雀で、世の中に名前を知られるようになったきっかけは、「芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン」でした。

麻雀好きの芸能人を相手に、萩原さんは実力を見せつけて、今まで10回以上も優勝を重ねています。

これだけを見ても萩原聖人さんの 麻雀の実力は相当なものと分かりますよね。
しかし萩原聖人さんの腕前は、これだけでは終わりません。

プロ雀士の大会にも出場して、優勝を奪ったことがある実力の持ち主だったのです

萩原聖人が麻雀でプロに!

麻雀もオリンピックの正式種目にといったニャースもある昨今ですが、2018年10月にはプロの雀士が闘う「Mリーグ」が発足しました。

芸能界でも斎藤工さん主演の映画「麻雀放浪記2020」が、麻雀とは関係のない話題で注目を集めてしまいました。

しかし今やマージャンを題材としたマンガや、アニメが大人気で注目を集めています。

またマージャンは集中力や、想像力が鍛えられます。
近頃では認知症予防にと老人ホームでも取り入れられているといったニュースも聞きます。

そんな麻雀の話題がある中、俳優の萩原聖人さんがプロの雀士になっていました。
萩原さんは麻雀の「Mリーグ」が、発足すると聞いた時から、プロの雀士になることを決めていたようです。

しかしいくら萩原さんの実力があるといっても、「Mリーグ」に出場するには、参加企業からのお呼びがかからなければ出場は出来ません。

「Mリーグ」も野球と同じようにドラフトがあって、プロになるには指名を待たなければなりません。

萩原さんも緊張して指名を待っていたそうですが、見事に指名されて「Mリーガー」になれました。

俳優の萩原聖人さんも、晴れてプロの雀士の仲間入りを果たしました。

萩原聖人さんと麻雀

萩原さんにとっては、麻雀は集中力も増し脳内がリセットされるので仕事に大いに役立つそうです。

またマージャンは楽しいだけではありません。
麻雀は脳トレにもなるばかりではなく、ストレスの解消には一番。

あまり聞きなれないマインドスポーツという言葉ですが、萩原さんはその魅力を伝えていきたいと言っています。

プロの雀士という一面も持つ萩原聖人さんです。

萩原さんには麻雀の「Mリーグ」での活躍も期待しますが、これからもドラマで活躍してほしい俳優さんです。