南瓜は夏野菜なのに冬至に食べる?なぜ南瓜を冬の野菜と思っているのでしょう。

緑黄色野菜の代表でもある南瓜は、栄養価が高く甘味もあるため煮物にしてもお菓子作りにも美味しいですよね。

また、冬至に南瓜と小豆を食べると病気知らずなどと言われる事から、季節的に南瓜は冬の食べ物と認識している方は多いと思います。

しかし、実際は夏野菜だと言う事をご存知でしたか!

そこで今回は、南瓜は夏野菜?について解説いたします。

南瓜は夏野菜だったのです


南瓜は冬至に食べる為、冬野菜と認識している人は多いと思います。
実は南瓜の種まきは3月下旬~4月下旬であり、収穫時期が7月~8月の夏真っ盛りの時期にとれる野菜でもあります。
ですから南瓜は夏野菜と言う事になります。

確かに夏の畑などを見ると大きな南瓜が、ゴロゴロところがっているのを目にする事は多いですよね。
しかし、夏野菜と言われる南瓜も、夏の時期に料理として食卓に並べられる事はあまりありませんよね。

この時期南瓜は、お盆の御供え物用として仏壇に飾られる方が多いと思います。
ですから南瓜を夏野菜と認識している人が少ないのでしょうね。

実際に南瓜の収穫の時期は夏になります。
しかし収穫したばかりの南瓜は水分が多く、甘みも少ないため、食べてもあまり美味しくないと言われています。

種類も日本で見られるものとしては、主に日本南瓜や西洋南瓜、またペポ南瓜の3種類です。
現在は甘味がなく水分の多い日本南瓜に代わって、栗南瓜と言われる西洋南瓜が昭和40年頃から主流になっています。
甘味があり加熱するとホクホクした食感に人気が集まっていますね。

またペポ南瓜などは昔からあり、その中でも金糸瓜(そうめん南瓜)などは良く食べられていましたが味は淡泊です。
また近年よく見られるズッキーニなどもこの種類だったのですね。
ズッキーニは収穫後すぐ食べられ、様々な料理に利用できるので人気がありますよね。

南瓜が冬野菜と思われているわけは


南瓜の収穫時期は夏から秋と言われている為、夏野菜ですが、食べておいしい季節は冬の時期と言われています。

南瓜には、収穫してすぐ美味しく食べられるものと、数か月ねかせて甘味を引き出してから食べた方が美味しく食べられるものがあります。

しかしほとんどの南瓜は、時間と共に美味しくなるものが一般的です。
そのため南瓜は夏野菜ですが、旬として冬の時期に食べられることが多いので冬野菜と思われるのだと思います。

確かに冬至に南瓜を食べる習慣は、今も昔も変わらず続いている事を考えると納得できますね。
でもこれは栄養価の高い南瓜を、冬の緑黄色野菜が不足する時期たくさん食べて、風邪をひかないように過ごすと言う先人たちの知恵でもあります。

現代では南瓜の輸入量が増えており、メキシコ産やニュージーランド産と収穫できる時期にもズレがあります。
ですから南瓜は一年を通して食べられるようになり、野菜としての季節が関係なくなってしまいました。

どちらにしても栄養価が高く美味しい南瓜が、季節に関係なく食べられるようになったと言う事は嬉しいことですね。

では南瓜とはどんな食物


南瓜はウリ科、カボチャ属のツル性の植物の事を総称したものであり、最近ひんぱんに見かけるズッキーニなども実は同じ分類になります。

主にメキシコ、グァテマラを中心とした中南米地域が原産国になりますが、原産地はアメリカ大陸です。
メキシコの洞窟で発見された種を、コロンブスがヨーロッパに持ち帰った事で世界中に広まったとされています。

ですから南瓜は世界中で栽培されておりその種類も多いというわけですね。
南瓜が日本に運ばれてきたのは1541年の事で、九州の大分県に南瓜を積んだポルトガル船が漂着した事が始まりです。

カンボジア人によって南瓜が持ち込まれた事で、カンボジアが訛ってカボチャとしたことが名前の由来とも言われています。

また、カボチャは中国で南瓜と表記されていた事から、関東にはそのまま南瓜の文字で広がりました。
いっぽうで南京と呼んでいる関西などは中国の南京を経由して持ち込まれた為、地域によって呼び方が違っているのですね。

そんな南瓜の栄養価は高く、β―カロテンを多く含むほか、ビタミンA・B・C・Eなどのビタミン群も多く含まれています。
ですから南瓜は緑黄色野菜の代表格としても知られていますよね。

ですから冬の時期に緑黄色野菜がとれなかった時代は、保存のきく南瓜は貴重な食材でもあったのです。
確かに、日本では冬至になると南瓜や小豆を食べる風習があります。
これは冬の間に栄養価の高い南瓜を食べると病気をしないと言う、江戸時代からの言い伝えが現代にも広まったものなのでしょうね。

以上、南瓜は夏野菜?についての解説でした。