飲む日焼け止めは皮膚科処方、それとも市販で大丈夫?
スポンサーリンク

夏になると気温の上昇と共に、海水浴やプールにと外出する機会も増えます。
さんさんと降り注ぐ太陽の下で、子供と一緒に遊ぶ事は楽しいですよね。

しかし強い紫外線にあたることで事で日焼けをしてしまい、思わぬ肌トラブルを招いてしまう事もあります。
特に日焼けは肌の老化を早めると言われているだけに、出来れば肌を焼きたくないと思っている人は多いと思います。

肌に塗る日焼け止めクリームは汗や水分などで直ぐ流れてしまうため、何度も塗りなおす必要がありますよね。
そこで最近話題にもなっている「飲む日焼け止め」ですが、内服と言う事から少し不安もあります。

皮膚科に行って処方するのが良いか、それとも市販でも安全なのか、なかなか気になるところですね。
そこで今回は、飲む日焼け止めは皮膚科処方、それとも市販で大丈夫かについての解説になります。

スポンサーリンク

飲む日焼け止め、安全性や効果は

夏になると毎年のように記録的な猛暑が続きますが、若者たちはそんな事は関係なく海や山にと暑さをエンジョイしています。

そして夏の終わりには真っ黒に日焼けした姿で、ファッションを楽しんでいたりしますよね。
しかし、若いうちは日焼けしても直ぐ元に戻りますが、加齢とともにその戻りは遅くなります。
気が付くとシミやシワが増えたと言う事にもなるので気を付けてくださいね。

また逆に日焼けをすると赤くなり、肌トラブルを招いてしまう事から絶対に焼きたくない派もいます。
ですから日焼け止めクリームなどをたくさん買いこむ人も多いですよね。

日焼けは、太陽の紫外線によって肌が焼け、黒くなる現象です。
紫外線を浴びると体内の活性酸素が活発になり、それが過ぎるとシミが出来易くなり肌が黒く見えてしまうと言う事です。

また肌の老化も進みシワなども出来易くなるため、原因となる紫外線を抑えるために日焼け止めクリームを塗るわけです。
しかし外から塗るクリームは汗や水分、又は摩擦などによって効果が薄れてしまいます。

そこで何度も塗り直さなければならないと言う手間がかかります。
しかし最近では、「塗る日焼け止め」に対して「飲む日焼け止め」も開発されています。
飲む日焼け止めの発祥は中央アメリカやヨーロッパなどのようですね。

内服用の日焼け止めは、紫外線によって作られる活性酸素を抑える働きをする事から、アンチエイジング効果もあります。

飲む日焼け止めの中では「ヘリオケア」は人気があるようですね。
元々はアトピー性皮膚炎や、白斑の治療薬として伝統的に使われてきたものです。

ヘリオケアは成分的にも日焼止めとしての有効性が認められています。
そのうえ植物から抽出されているため、特に副作用も認められれず、4歳以上から飲めると言うことです。

ですからヘリオケアは、安全面では確立されているサプリメントと言う事になりますよね。
ただ飲む日焼け止めサプリメントも、紫外線対策としては完全とは言い切れないようです。

紫外線を完全にブロックしたいときは、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めを併用することでより強力にブロックすることが出来ます。

スポンサーリンク

飲む日焼け止めは、皮膚科で処方も

日焼も健康的な象徴として考えると魅力的ですが、肌が小麦色に焼けるだけではありません。
日焼けはシミやシワの原因にもなり、老化を早める事から女性にとっては大敵と言えますよね。

その為焼きたくないと言う女性は多く、最近では男性の中にも色白にこだわる人も増えているとか聞こえてきますね。
そこで最近話題にもなっている「飲む日焼け止め」ですが、皮膚科や形成外科などの病院でも処方してもらえるようですよ。

飲む日焼け止めには、シダ植物から抽出されたフェーンブロックを主成分とするヘリオケアなどが有名ですよね。
ヘリオケアは外用薬である、日焼け止めの紫外線吸収剤と似た効果があります。
それに加えて老化を早めると言われる、活性酸素を取り除く作用もあるために二重のブロックが期待できます。

またニュートロックスサンを主成分とする、UVロックも人気があります。
こちらはローズマリーやシトラスの抽出成分からなっているので、天然のポリフェノールとも言えます。

ただこちらは皮膚科処方でしか購入できないサプリメントと言う事です。
このサプリメントの凄さは、日焼け止め効果よりも活性酸素を取り除く作用の強さにあります。

ヘリオケアが服用30分で効果が現れ4時間持続するのに対して、ニュートロックスサンを成分とする方は24時間効果が持続すると言われています。

ローズマリーやシトラスの植物には子宮を収縮させる作用がある為、妊娠中の方は使用できないため病院では処方していません。
このように病院で処方される場合は、しっかり体質や健康状態と照らし合わせて出してくれるので安心して利用できると言えますね。

飲む日焼け止め、市販薬の注意点は


飲む日焼け止めは、インターネット販売や薬局でも販売されており、塗る日焼け止めクリームよりも簡単に日焼け止め効果が得られると人気です。

また、植物由来と言う事で副作用も確認されていないため、安心して飲める事も人気の一つです。
しかし成分である植物のアレルギー体質を持つ人は、危険な症状を引き起こす恐れも皆無とはいえません。

ですから市販品を購入する場合は、薬剤師の方に相談する事も必要なことかもしれません。
以上が飲む日焼け止めは皮膚科処方、それとも市販で大丈夫?についての解説でした。




スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。
管理人をしているゆきびーです。

テレビ番組や旅が好きで、趣味で2018年の11月からブログ記事を書いています。
趣味から始めたブログでしたが、今ではブログがお小遣いを稼いでくれます。

仕事をやめてしまい
収入の道を閉ざされてしまいました。
そんな時、副業の小遣い稼ぎとして取り組んだブログでした。

ブログで、本当にお小遣いは稼げるのですね。

副業でゆきびーが稼いだ金額は、まだわずかです。
でもブログで、本当に稼ぐことができるのだと分かりました。

時間もあまりないサラリーマンや主婦の方には最適だと思います。
副業でブログ記事を書き、あなたもお小遣いを稼いでみませんか。

ゆきびーが取り組んだ方法は

今や副業はサラリーマンにとって、無くてはならない存在になりつつあります。
政府も今では、自分で稼ぐ道を推奨しているようですよね。

副業を始めたおかげで、お小遣いもリッチになりました。
趣味の旅行も時間が許せば、いつでも行くことも出来きます。

10万も稼げれば、マンションのローンだって払えますね。
サラリーマンだけでなく、主婦の方だって副業で稼ぐことはできますよ。

サラリーマンや主婦が、本業の合間に無理なく稼ぐには!
ゆきびーもやっている無料特典付きで、副業を始めるのもいいのではないかと思っています。

ご興味があればこちらから

ゆきびーが取り組んだ方法は