飲む日焼け止めは皮膚科で処方してもらうものか?それとも市販薬で大丈夫か?

日焼け対策
スポンサーリンク

夏は気温の上昇とともに、海水浴やプールにと戸外で過ごす機会がふえます。
サンサンと降りそそぐ太陽の下で、子供と一緒に遊ぶのは楽しいものです。

でも強い紫外線にあたれば、日焼けをしてしてしまいます。
日焼けは、思わぬ肌トラブルを招くもとなります。

日焼けは肌の老化を早めます。
出来れば肌を焼きたくないですね。

 

せっかくぬった日焼け止めクリームも、汗などで流れ落ちてしまいます。
そのため日焼け止めクリームは、何度もむりなおすことになります。

そこでいま話題になっているのが「飲む日焼け止め」です。

「飲む日焼け止め」は皮膚科で処方してもらったほうがいいか?
市販のものにするか、気になるところです。

 

この記事は飲む日焼け止めは、
皮膚科処方か市販で大丈夫かについてまとめています。

スポンサーリンク

飲む日焼け止めは、皮膚科で処方?

日焼も健康的な象徴として考えると魅力的です。
でも日焼けは、肌が小麦色に焼けるだけではありません。

日焼けはシミやシワの原因になります。
つまり日焼けは女性にとって、老化を早める原因で大敵といえそうです。

そのため、肌は焼きたくないという女性はあんがい多いものです。
また最近は男性も、色白にこだわる人が増えているように聞きます。

 

そこで最近話題になっているのが「飲む日焼け止め」です。
「飲む日焼け止め」は、皮膚科や形成外科などの病院でも処方してもらえます

 

飲む日焼け止めは、
シダ植物から抽出された、フェーンブロックを主成分とするヘリオケアなどが有名です。

ヘリオケアは
外用薬である日焼け止めの、紫外線吸収剤と似た効果があります。

それに加えて活性酸素を取り除く作用もあります。
活性酸素は老化を早めるといわれているので、ヘリオケアは二重のブロックが期待できます。

 

またニュートロックスサンを主成分とする、UVロックも人気があります。
こちらはローズマリーやシトラスの抽出成分です。
つまり天然の、ポリフェノールともいえます。

ただしこちらは、皮膚科処方でしか購入できないサプリメントです。
このサプリメントの凄さは、
日焼け止め効果よりも、活性酸素を取り除く作用の強さにあるようです。

 

ヘリオケアは、服用30分で効果が現れ4時間持続します。
一方ニュートロックスサンを成分とするものは、24時間効果が持続すると言われています。

しかしローズマリーやシトラスの植物には、子宮を収縮させる作用があります。
そのため妊娠中の方には使用できず、
病院では処方していません。

このように病院で処方される場合は、
しっかりと体質や健康状態も考慮されるので安心して利用できますね。

「飲む日焼け止め」の効果や、安全性は?

ちかごろは毎年のように、記録的な猛暑が続いています。
若い方たちはそんなことに関係なく、海や山にと暑さも楽しんでいるようです。

そして夏の終わりには真っ黒に
日焼けした姿も、ファッションとして楽しんでいます。

 

若いうちなら日焼けしても、すぐ元に戻ります
でも加齢とともに、日焼けの戻り方も遅くなる一方です。

気がついたときは、
シミやシワが増えていたということにもなりかねません。

 

またに日焼けをすると肌が赤くなり、
お肌のトラブルを招いてしまい、絶対に焼きたくないというひともいます。

そこで日焼け止めクリームなど、
ケア製品をたくさん買いこむ人も多くなるわけです。

 

日焼けは、
紫外線によって肌が焼け、黒くなる現象です。
紫外線を浴びると、体内の活性酸素は活発になります。

それが過ぎてしまい、
シミも出来やすく、肌も黒く見えてしまいます。
また同時に肌の老化も進行していくので、シワなど出来やすくなるわけです。

 

そこで原因となる紫外線を抑えるために、日焼け止めクリームを塗ります。
しかし外から塗るクリームでは
汗や水分、又こすれるなどして効果が薄れてしまいますね。

そこでクリームは何度も、塗り直さなければならず手間がかかります。
そこで最近になり
「塗る日焼け止め」に対して、「飲む日焼け止め」が開発されています。

 

飲む日焼け止めには、
紫外線によって作られた活性酸素を抑える働きがあります。
つまりアンチエイジング効果
もあるということです。

 

飲む日焼け止めの中では「ヘリオケア」に人気があるようです。
元々はアトピー性皮膚炎や、
白斑の治療薬として、伝統的に使われてきた
ものです。

そのヘリオケアは成分的に、日焼止めとしての有効性が認められています。
また植物から抽出されているので、
とくべつ副作用もなく
、4歳以上なら飲むことが
出来ます。

 

ですからヘリオケアは、
安全面で確立されているサプリメントということになりますね。

ただ飲む日焼け止めサプリメントも、
紫外線対策としては、完全とは言い切れないようです。

 

紫外線を完全にブロックしたいなら、
塗る日焼け止めと、飲む日焼け止めを併用
することがおすすめです。


飲む日焼け止めの効果についてはこちら参考になる記事があります。

市販薬の注意点は


飲む日焼け止めは、
インターネット販売や薬局でも販売されています。

塗る日焼け止めクリームよりも、
簡単に日焼け止め効果が得られるといま人気になっています。

 

また、植物由来と言う事で副作用も確認されていないようです。
そのため、安心して飲めることも人気の一つです。

しかし飲む日焼け止めの成分である植物の
アレルギー体質を持つ人は、危険な症状を引き起こす恐れも皆無とは
いえません

 

そこで市販品を購入する場合。
少しでも不安がありましたら、薬剤師と相談することをおすすめします。

 

【日焼け後のケア】美白を保つためには何が有効か?
美白を意識する女性は多いですよね。 何と言っても昔から「色白七難隠す・・・」と言う言葉もあります。 色白と言うだけでどんな女性も、美しく見えてしまうのですから不思議ですね。 そのために肌を焼きたくないと言う女性も多く、日焼け対策に...
タイトルとURLをコピーしました