防災対策はキャンプ用品をそろえる!いざと言う時、キャンプ用品でサバイバル。

日本は地震大国と言われているほど地震が多い国です。

最近は毎年のように暴風雨に襲われ、洪水被害で避難を強いられる地域も増えています。

そのためか防災グッズなどを、準備するご家庭も増えていますね。

ところで防災用品が、キャンプ用品とあまり違わない事にお気づきでしょうか?

しかもキャンプ用品は、過酷な自然環境にも対応できるように開発されたものなので、完璧な防災対策にもなります。

今回は防災対策としてのキャンプ用品や、サバイバルについてまとめました。

災害時あると便利なキャンプ用品


アウトドアなどを楽しむご家庭では、キャンプ用品を揃えていることが多いと思います。
キャンプ用品は普段の生活に必要な火や、ナイフはもちろん、ガスコンロや鍋、ポット、カップなどがありますね。

ですからキャンプ用品があれば、煮たり焼いたり調理が簡単にできてしまいますよ。
考え方を変えれば災害時に、家族で楽しんだりするキャンプ用品が揃っているのはとても便利なことといえそうです。

防災にも使えるキャンプ用品を幾つかあげてみると以下のようなグッズになります。

・ラジオとLEDライト、又はランタン
・コンロ(バーナー)、ポット、カップ、簡単な調理器具、給水タンク、ライター、ナイフ
・クーラーボックス
・テント、寝具
・簡易トイレ

このように普段の生活に欠かせないグッズが、しかもコンパクトに準備できるのでとても便利ですね。

キャンプ用品で防災対策を


災害時に避難するということは、災害によってライフラインがストップすることを意味します。
また危険が差し迫った状態である場合が多く、通常の生活が出来ないということを指していますよね。

また避難所は一時待機の場所であり、長期の避難場所には適用していない場合が多いです。
記憶にも生々しい大きな災害では、東日本大震災や熊本地震などがありました。
どちらも長期に渡る避難生活を強いられた為、避難者のストレスは相当なものと想像ができます。

この時情報源としてラジオや、携帯用のバッテリーなどは持っていても食料はありませんでした。
食べるものや飲み物、或いは寒さ対策の毛布などは全て配給に頼らざるを得ない状態でしたね。
そのため長期避難時は、防災グッズだけでは十分とは言えなかったと思います。

そこで利便性が良いと言われるキャンプ用品などに注目が集まります。
キャンプ用品は厳しい寒さや、灼熱の暑さのような過酷な自然環境の中での使用を想定して開発されています。
そのため長期に渡る災害時には役立つものが数多くありますね。

例えばライトやランタンなどは、ソーラー電気と電池が兼用で利用することができるため長期の避難時にも便利です。
また煮たり焼いたり出来るバーナー(コンロ)もあり、火力も強いので調理が可能です。

その他にもナイフやテント、簡易トイレなども用意されている為、プライベートなどのストレスも軽減できます。
熊本地震では、家屋倒壊を恐れ車の中での寝泊りが長期に続いた為、エコノミー症候群などの心配も懸念されました。

テントなどがあればゆっくり休むことも出来るので、快適に避難生活をおくる事が出来るのではないでしょうか。
災害は忘れた頃にやってくると言われるように、いつ起きるか分からないのが災害です。

そんな災害の為だけに防災グッズを準備しても、結局いつ使うのか分からないと言う事にもなります。
その点、普段でも使えるキャンプ用品は、商品の不備や交換などが常に確認できるので、いざと言う時に役立つのではないでしょうか。

いざと言う時は、キャンプ用品でサバイバルする

皆さんは、突然サバイバルを経験するとした場合、持っていくものは何を思い浮かべますか?
最近の人は携帯と考える人が多いのではないでしょうか。

もちろん情報源はなくてはならないものですし、現代ではスマホはなくてはならない物になっています。
しかし電源となるバッテリーなどが切れた場合はどうするかですよね。

実はサバイバルに持っていくものとして一番大切なのは、「ナイフ」だそうですよ。
ナイフを持っていく事であらゆる原始的な道具も作る事が出来ますし、危険から身を守る為の護身用にもなります。

そう考えると、生きて行く上で最も必要なのはナイフと言う事は納得はできそうですね。
その点キャンプ用品には、ナイフなど必要なものが殆んど備わっています。

つまりキャンプ用品が詰まったリュックを持っていけば、サバイバルも難なく乗り切れるというわけですね。
これからの防災グッズは、キャンプ用品も視野に入れて準備してみてはいかがでしょうか。