手作りより美味しい「餃子革命」餃子ブームを陰で支える町工場・独立開業も援助?

餃子はいまだに衰えを知らない人気商品です。

餃子の街の争いといえば誰でもでも、宇都宮と浜松の地名が浮かんでくると思います。

そんな餃子の町を支えている企業が浜松にありました。

餃子製造機一筋40年の東亜工業小さな町工場です。

そんな小さな町工場の餃子製造機が、各地の餃子屋さんやラーメン店で革命を起こしているといいます。

自動餃子製造機メーカーから始まった東亜グループですが、いまや餃子ビジネスのリーディングカンパニーです。


「餃子革命」東亜工業とはどのような会社

東亜工業株式会社は、餃子製造機のリーディングカンパニーです。
同社の餃子製造機は、各地の食品メーカーはじめ一般の飲食店で導入されています。

餃子製造機では国内シェアの60%、また海外シェアも30%を占めているそうですよ。
飲食店向けの餃子革命は、1時間に1500個と手作業の約10倍のスピードで製造できます。

自動製造機ですから当然安定した品質の餃子を製造できるわけですね。
また、食品メーカー向けの餃子革命は、全自動で1時間に1万個の製造も可能だそうですよ。

飲食店によって餃子の大きさ、形、具の量、皮の厚さなどは、その店独自の「こだわり」がありますよね。
東亜工業の餃子革命はオーダーメイドですので、お店のこだわりそのまま手作りの餃子を忠実に再現できるそうです。

こんな餃子製造機「餃子革命」があれば、誰でも餃子のお店を開店できそうな気持になってしまいそうですね。

餃子革命は手作りよりもおいしい秘密?

餃子革命で作った餃子は、なぜおいしいのでしょう。
餃子のおいしさはもちろん味は当然ですが、その香ばしさと食感にあると言えますよね。

そのため餃子革命は手作りでは難しい、餃子の焼き面をフラットにする餃子革命というロボット独自の技術があります。

このため焼き面がいつも一定に保たれ、焼き上がりの味にばらつきが無くなるそうです。
また餃子づくりではポイントとなる皮のはりつけですが、手作りではどうしても皮に水をつける必要があります。

一方餃子革命では皮のはりつけは、中身の具の水分を利用してはり合わせています。

そのため餃子革命で焼いた餃子は、パリッとしていて食感もよく手作りではり合わせた餃子と比べてむらがないということのようです。

手作りにはもちろんその良さは充分にあます。しかし餃子職人の技術がなくても、餃子革命があればだれでも均一な商品が作れるわけですね。

東亜工業【独立開業支援プログラム】で餃子専門店を開店?

【独立開業支援プログラム】とは東亜工業直営の店舗で実践形式で、独立開業のために必要なノウハウを学ぶプログラムです。

このプログラムは飲食店の経験はないがぜひ餃子専門店を開業したいと考えている人。

また経験があって業態変更で餃子専門店を始めたいという人。

あるいは直営店舗などでノウハウを学びながら、開業資金を貯めたまた『浜太郎』ブランド使い、のれん分けで自身の店を持ちたい方を対象にしたプログラムです。

この研修制度の特徴は、研修期間中に給料も支払われることで、行く行くの開業資金んも貯められます。

そして実際の店舗で実践的に独立開業に必要な知識や、ノウハウを学んでいけるところにも魅力を感じますね。

また研修終了者は、浜太郎ブランドを使った『のれん分け』も可能です。

初めからブランド力も利用できるので、あとは努力次第といったところでしょうか。

興味ある方はコチラから