人生の楽園美ら島体験宿【あがいてぃーだ】沖縄県今帰仁村。予約などはどこで?

今回の主人公は静岡県出身で自動車のエンジニアとして働いていた杉本達哉さんと妻の知依美ご夫妻が紹介されます。
そして今回の舞台は今回の舞台は沖縄県今帰仁村(なきじんそん)です。

杉本達哉さんは長年の夢であった沖縄に51歳の時に早期退職してご夫婦そろって今帰仁村に移住してきました。
アウトドア好きのご主人には天職かもしれない、エコツアーがメインの宿泊施設「あがいてぃーだ」をオープンして今帰仁村のすばらしさを伝えています。

沖縄県今帰仁村とはどんな村なの

今帰仁村は地理的には沖縄本島の本部半島のほぼ北半分に位置します。
約1.5km隔てて古宇利島があり、2005年には名護市の屋我地島と橋で結ばれました。

しかし同じ村内にある古宇利島へは、2010年に屋我地島とを結ぶワルミ大橋が開通するまでは、一旦名護市を経由しなければいけなかったそうです。

隣接する自治体には、2000年の沖縄サミットも開催された、沖縄本島北部地域の中心都市である名護市があります。

沖縄というと那覇の国際通りや首里城などの、有名な観光スポットを思い浮かべる人が殆んどかと思います。
しかし沖縄の北部には、昔ながらの沖縄の原風景と言える大自然などたくさん残っていいます。

ですから沖縄の自然や原風景にふれたいのなら北部の今帰仁村などはうってつけのロケーションと言えるのではないでしょうか。

沖縄県今帰仁村のおもな観光スポット

古宇利島・古宇利ビーチ

今帰仁村に来たのなら絶対に外せない観光ドライブコースです。
古宇利大橋を渡る橋からのエメラルドグリーンの海
まるで絵にかいたようなの景色は圧巻の一言です。

古宇利大橋の下にある天然ビーチもおすすめ、シャワーやトイレなどの設備が整っていて小さなお子様づれでも安心して楽しめます。

今帰仁城跡

今帰仁城跡は那覇市街からでも車で90分、北部の本部半島にある世界遺産にも登録されている城跡です。
堅牢な城壁に囲まれた城は標高約100メートル、やんばるの地を守る要の城でした。

沖縄県今帰仁村に移住するには

現在では今帰仁村で移住体験が出来るような取り組みはなされていないようです。
しかし今帰仁村も全域において、人口減少・少子高齢化が進んでいる現実は多くの自治体と同様のようです。

ですから今帰仁村においても移住希望者の受入基盤を造る取り組みは計画されているようです。
近い将来に移住・定住の仕組み作りが進み受け入れ態勢も出来るのではないでしょうか。

しかし現在でも移住希望者には沖縄移住受入協議会というところで個別相談も受け付けているようですよ。
もし今帰仁村に限らず沖縄移住に興味がある人は一度相談してみてもいいかもしれませんね。

お問い合わせはコチラから。

宿泊施設「あがいてぃーだ】の予約方法は

引用元:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/145077/145077.html

映像を見ていると興味もわいてきて一度【あがいてぃーだ】に行ってみたくなってしまいますよね。
それでしたら思い切っていってみませんか。

でも放送直後は興味のある人で直接予約は混雑してしまうかもしれませんね。
そんな時はコチラのサイトにアクセスして予約することも出来ます。

まずサイトにアクセスしてキーワードに【あがいてぃーだ】と打ち込めばですぐに検索できますよ。
楽天トラベル

【あがいてぃーだ】の詳細はこちらから

沖縄・今帰仁村~ 夫婦の美ら島 体験宿 ~内容は

次回の舞台は青々と煌く海に鮮やかな緑、ダイナミックな自然が美しい沖縄県今帰仁村(なきじんそん)。「沖縄で暮らしたい」という夢を実現させ、この地に移住。シーカヤックやトレッキングなどエコツアーがメインの体験宿を始めた杉本達哉さん(57歳)と妻の知依美(ちえみ)さん(58歳)が主人公です。
静岡県出身で自動車のエンジニアとして働いていた達哉さん。沖縄県でのダイビングツアーで出会った知依美さんと25歳の時に結婚。アウトドア好きな達哉さんは、2人の息子が生まれると、毎年沖縄へのキャンプに連れ出しました。なぜなら達哉さんは「いつか沖縄に暮らしたい!」と夢見ていたから。40代になると会社員の傍ら、自然学校でエコツーリズムについて学ぶように。その後は移住に向けて沖縄本島を自転車で回り、土地探しを開始。心を動かされたのが、今帰仁村の大自然でした。「ここだ!」と思った達哉さんは土地を購入。51歳の時に早期退職し、夫婦揃って沖縄・今帰仁村に移住。2013年エコツアーがメインの宿泊施設「あがいてぃーだ」をオープンしました。
今帰仁村の自然や歴史、文化を伝えたいと始めた「あがいてぃーだ」のエコツアー。エメラルドグリーンの海を堪能できるシーカヤックやシュノーケリング、森で植物や生物と触れ合えるリバートレッキングなど、楽しみながら今帰仁村の良さを知ってもらうツアーを用意しています。また、今帰仁村が誇る世界遺産「今帰仁城跡」と城下町・今泊集落のガイドもしています。
ご夫婦が移住して6年。最近ようやく余裕が生まれ、地元の方々との交流も増えてきました。知依美さんは保育所で働き始め、達哉さんは三線教室などに参加し始めました。温かく受け入れてくれる地元の方々に感謝する日々です。沖縄・今帰仁村で素敵な宝物をたくさん見つけた杉本さんご夫婦。宿でのお客さんとの出会いや自然との触れあい、地域の方々との温かな交流をご紹介します。