【2019年七五三】行く日はいつ?なぜ男女で祝う年齢が違うの?

日本の年間行事には七五三があります。

毎年11月15日は神社で千歳飴を持った、晴れ着姿の子供たちを数多く見かけます。

七五三は必ず11月15日にお参りしなくてはいけないのでしょうか?

でも神社の混雑や仕事の都合などを考えて1ヵ月前倒ししてお参りする場合もありますね。

七五三にお参りする日は、様々な事情によって決めていることが多いようです。

いつ七五三のお祝いをするか、お祝いする年齢など迷わられることも多いと思います。

そこで今回は、2019年に七五三のお祝いをする日や、お祝いをする年齢などについてまとめてみました。

2019年七五三のお祝いするは何日になるのか?


そもそも七五三のお祝いは、江戸幕府の将軍であった徳川綱吉が、長男徳松の健康を祈り、11月15日に神社にお参りした事が七五三の始まりと言われています。

ですから毎年11月15日は、七五三を祝う日として一般的に周知されています。
しかし2019年の11月15日は、金曜日で仏滅の日でです。
お日柄としてはあまり喜ばしい日取りではないようです。

七五三はお祝いごとですから、出来ればお日柄の良い日にちを選びたいところですね。
そのような事を考えると、翌日の11月16日は土曜日で大安になります。
縁起を担ぐのであればこちらのほうが、お日柄としては良いと言えますね。

おそらくこの日はお参りが集中すると考えられ、神社や写真館、又はレンタル衣装店などは混雑が予想できます。
2019年の七五三詣では、10月~11月の土日祝日で大安が重なるような日は、混雑は確実でしょうね。

もし混雑を避けるなら、仏滅ですが11月15日にお参りする。
またはお日柄に関係なく、別の日にちを選ぶかで判断すると良いと思います。

参考までに主な日取りは以下の通りです。

・10月13日(日)と10月19日(土)は、大安吉日
・11月4日(月)は、祝日で大安
・11月10日(日)は、大安
・11月16日(土)は、大安

以上ように11月15日前後のお日柄の良い日と、土日祝祭日を選ぶと最も混雑が予想される日にちにあたってしまいます。
また10月~11月は季節の変わり目でもあり、大人も子供も体調を崩しやすい時期にもあたります。

ですからご家族全員、元気で七五三をお祝いするには健康管理は当然として、お参りには無理のない日にち選んでみましょう。

なぜ男女によってお祝いをする年齢は違うのか?

七五三の慣習も古くは、室町時代から行われていたと伝えられています。
それが江戸時代になると庶民にも広く伝わり、3歳では男女とも髪置きの儀(男女共に3歳になると髪を伸ばし始める)が行わられるようになりました。

そして5歳では男児が初めて袴を身に着ける袴の儀(着袴の儀)の儀式が行われ男の子だけの慣習として行われることになりました。

また女児は7歳になると、初めて本格的な着物の帯をつける、帯解の儀の儀式が行われ女児だけの慣習となったと言われています。
そこで女児が七五三で祝う年齢は3歳と7歳で、男児は3歳と5歳で七五三を行います。

今では和装ばかりではなく、洋装でのお参りも多くなっています。
現代は慣習にとらわれない祝い方で、子供の健康に感謝し更なる成長を願って、七五三を祝う家族も増えているようですよ。

七五三お祝いの年齢の数え方は?

昔は何かの祝い事を行う場合は、数え年で行う場合が一般的でありました。
つまり産まれた時に既に1歳とみなされ、お正月を過ぎると更に1歳、歳をとる計算になります。

例えば12月31日生まれの場合は、12月31日で既に1歳となり、次の年の元旦を過ぎると数え年で2歳となります。
七五三を祝う場合、数え年で行うのと満年齢で行うのでは少し違ってきます。

現代では満年齢が主流になってはいますが、伝統行事でもある七五三はやはり数え年で行う場合が一般的とされています。
2019年の場合、以下のようになりますので今年七五三をお祝いする方は是非参考にしてみてください。

満年齢
・満3歳・・・2016年生まれ(平成28年)
・満5歳・・・2014年生まれ(平成26年)
・満7歳・・・2012年生まれ(平成24年)

数え年
・数え年3歳・・・2017年生まれ(平成29年)
・数え年5歳・・・2015年生まれ(平成27年)
・数え年7歳・・・2013年生まれ(平成25年)

このように満年齢、数え年齢、どちらで祝っても特に問題はありません。
しかし地域や神社によっては、定められているところもあるので確認してからお参りするのが良いかもしれません。