【七五三の男の子】自分で着付けすることは出来ないか?

毎年11月に入ると、神社や写真館などには七五三を祝う家族連れで一杯になります。

千歳飴を持ちおめかしした子供たちの姿はとても可愛らしく、駄々をこねて泣いている姿も微笑ましく感じてしまいます。

今は子供も大人も、ワンピースやスーツ姿で簡単に済ませる人も増えました。

そのいっぽうで昔ながらの和装スタイルで、キチンと決めてくる家族連れも多いようです。

特に男の子の羽織袴姿はとても凛々しくて逞しさが伝わってきます。

でも着物の着付けは難しそう、あなたは自分着せてあげる自信はありますか。

そこで七五三で男児の着付けをする場所や、自分で着付けをする場合などについてまとめました。

「七五三」やはり着物の着付けは美容院?

「七五三」は子どもの成長を喜び、そして今後の長寿と無病息災を神社で祈祷する古くからの慣習で、それがそのまま現代にも継承されています。

その為か和装でお祝いする御家族も多く、普段着つけない着物の着付けなどに悩む現代人は多いようですね。
和装と言えば、思い出されるのが成人式での着付けです。

成人式は美容院で、着物のレンタルと着付け、髪結い、化粧までをセットでお願いしたと言う人は多いと思います。
そこで「七五三」の着物の着付けも、美容院に頼む方は多いようです。

しかし子どもの場合だと、その後の移動などを考えると大変な事になりますね。

今では写真館や撮影スタジオでも、衣装のレンタルから着付け、そして髪型までをまとめてセットで行ってくれます。

また衣装を自分で持ち込んでも、そこで着付けをしてくれるのでる安心して任せる事が出来ますよ。

これだと神社以外に、写真撮影のために移動すると言う事もなく、一通り終わった後はサッと脱ぎ捨てて帰るだけで済むので便利ですよね。

とくに3歳くらいの小さなお子さんなどは、終始大人しくしてくれるないのでおすすめできますよ。

「七五三」着物の着付け 自分では無理?

いまは冠婚葬祭などを洋装で済ませる人は多く、あえて着物を着ると言う人は少なくなりましたよね。
そこで着物を着る機会が少ないない事から、着付けを自分で出来る人も少なくなりました。

そんなわけで「七五三」の着物の着付けなども、自分で着せられると言う人も少ないと思います。
しかし昔の習わし通りに「七五三」を、和装で祝いたいと言う御家族も、まだたくさんいるのは確かです。

普段から着物を着つけない現代人にとって、着付けは難しく、良くわからないと思います。
特に男の子の羽織袴は、現代ではほとんど着る機会もないため、どのように着せたら良いかで悩む人は多いようですね。

しかし女の子の着物と比べると、結び紐が少ない分、簡単に着せる事が出来来そうですよ。
できれば愛する我が子の為にも、自分で着付けた羽織袴姿を写真に残したいですよね。

さいわい現代の着物は昔よりも簡単な作りになっており、上下セパレート式になっているものもあります。
ですので覚えてしまうと、案外簡単に着せる事は出来るようですよ。

正式には襦袢などから着せて行き、次に着物を着せた後に衿を整え、そして袴を着せて行くと言う行程になります。

そして帯の位置や袴の丈などを合わせる必要もあり、更に何度も紐を交差させるところもあったり多少面倒なところはあります。

でも今は襦袢を着せる前に、ランニングシャツなどの下着を着ても良いようです。
そのうえ襦袢や着物がセットになっているので、分けて着せる手間が省けます。

また子どもの体型が寸胴型であるので、特に補正する必要もありません。
袴の部分をサスペンダーで吊る事で、着物と袴がずれ落ちる心配もなくなります。

子供は動きが激しいので、時間が経つと着崩れが心配ですが、このようにサスペンダーを使うので安心です。
これなら自分でも着せられそうですよね。

「七五三」 着付けは動画でみることが出来る。


今では通信機器の普及により、いろいろな情報を得ることが出来るようになりましたよね。
もちろん着物の着付けなども、動画で見る事も出来ます。

着物を着た事がない若い人でも、簡単に着物の着付けが出来るようになりました。
また「七五三」の着付けも動画配信されています。

これを見て何度か練習を重ね、我が子の着付けを自分でしたと言う若いママさんも多いようですよ。
あなたもこの際、挑戦してみてはいかがでしょうか。