お宮参りは行かずに【七五三は写真だけで済ませる】!!その理由とは?

現代では核家族化が進んだことで両親と離れて暮らす家庭も多くなっています。

ですから子供の成長を祝うような七五三なども、自分たちのスタイルで済ませてしまう家庭も増えています。

なかには神社のお参りも省き、写真だけを残す御家族もあるようですが、七五三の意味を考えると、少し寂しさも感じますよね。

しかし時代と共に日本文化のあり方も少しずつ変化しています。

七五三も写真館やスタジオなど、家族のニーズに合わせたイベントを取り入れているようです。

しかし日本文化を大切にして、出来れば次世代へとつなげてもらいたいところです。

では七五三を写真だけで済ませる理由とは、いったいどんなところにあるのでしょうか?

そこで七五三のお祝いを、写真だけで済ませる理由などについてまとめました。

写真だけで済ませる理由とは

一般的に行われる七五三のイベントは、神社へのお参りと家族での食事会、そして写真撮影があります。
以前は子供が3歳、5歳、7歳と無事に成長したことを、家族連れで盛大に祝ったものです。

特に昔は、医療事情などもあまり発達していなかった事もあり、小さな子供が3歳や5歳、或いは7歳まで無事に育つ事が難しかった時代でもありました。

その為その節目ふしめに、何事もなく成長したことを喜び、神様へ感謝しました。
そしてこれからも無事に成長しますようにと、祈願した事が七五三の習わしと伝えられています。

しかし最近は核家族化が進み、ご両親と遠く離れて暮らす家族も増えています。
また金銭的な事情や、共働きの為になかなか休日がとれないなどの事情もあります。

ですから七五三のお祝いを、写真だけで済ませると言う家庭も増えているようです。

なかには小さな子供連れで神社に行っても、途中で飽きて泣いてしまうなどの理由から写真だけで済ませると言う親御さんもいるようですよ。

そしてそんな現代的な考えと並行するかのように、写真館やスタジオなどでは様々なキャンペーンを行っています。

特に3歳児の場合は、低予算で収める事ができるようで、よりリーズンブルに記念写真を残す事が出来る事から、利用する家庭も増えています。

なかにはロケーション撮影も行っているスタジオもあるそうですよ。
スタジオ内で改まった雰囲気で撮影する写真とは少し違い、よりリアリティーに家族の自然な姿が残せるようになっています。

写真スタジオは日にちに関係なく、。10月~11月までの間の都合の良い日を選ぶ事ができるようになっています。

そこで仕事で忙しい人や、人ごみを避けたい3歳児を持つ親御さんが、ゆったりした気持ちで撮影にのぞめることで人気があるようです。

これらの他にも、以下のような理由から写真だけで済ませている親御さんもいるようですよ。

仕事の事情で都合の良い日にちが選べない。
七五三の時期が子供の体調を崩しやすい時期でもあり、特に3歳児などは心配な事が多い。

経済的な理由から費用が負担になる。
宗教的な理由から。

七五三は写真だけでなくお参りも

現代はいろいろな理由から七五三のお祝いを写真だけで済ませてしまう親御さんが増えています。

しかし日本の文化を考えると、写真撮影だけで済ませるというのでは、やはりさみしさは否めませんね。

七五三は必ず神社でお参りすると言う決まりごとは無いので、自分たちのライフスタイルで自由に行っても良いとは思います。

しかしもともとの七五三の意味には、子どもの成長に感謝し、その後無事に成長できるようにと神様にお願いする事が趣旨です。

やはり写真だけではさみしいですし、お願いもかなわないようにも感じられてしまいます。
愛する我が子を思うのであれば、写真撮影だけでなくやはりお参りの方も、出来たらしてほしいと考えてしまいます。

やはり和装姿に千歳飴という日本の文化は、次世代にも継承していってほしいですよね。

子供が神社にお参りする姿を、動画などで残こしたら一生の記念にもなります。
そしてこんな晴れ姿を、遠方のため一緒にお祝い出来なかった祖父母に観てもらえば、喜びもひとしおかと思います。