『七五三』のお祝はいつ頃から始まったの?

毎年11月になると「七五三」で、子供が無事成長することを願って神社などで祈祷してもらいますよね。

でもなぜ「七五三」のような習慣が出来たのでしょう。

またお参りは誰もが考える事は同じで、お日柄の良い日にちを選び、仕事などの都合から土日祝日を選んでしまいます。

当日はどこの神社も混雑して、祈祷していただくまでの待ち時間も長くなりなすよね。

できれば、お参りする時期をずらして、空いているときに行いたいものです。

そこで今回は、七五三の由来やお参りする日などまとめてみました。

「七五三」のお祝はいつからするようになったのか?

古くから伝えられている「七五三」の行事は、室町時代あたりが始まりのようです。

七五三は数え年の3歳で、男女とも髪を伸ばし始める「髪置きの儀」、5歳で男児だけが袴を身に着ける「袴着の儀」。
そして7歳で女児だけが、着物を着る時に帯を付け始める「帯解きの儀」を祝い、それらを合わせて「七五三」としたと言われています。

これら七五三の意味は、早く大人になって欲しいと言う、願いが込められていることはもちろんあります。
しかし昔は現代のように、医療が発達してはいませんでした。

そんな医療技術が未熟な時代に、子供が3歳~7歳まで無事元気に成長することが難しい時代だったのに違いありません。
そのような環境のなかで、無事に3歳まで育ったなら自然、神様に感謝をし、更なる成長を願いを祈祷したことでしょう。

そして節目でもある5歳や7歳も、同じようにお祝いしたことは想像に難くありませんよね。
その当時は如何に子供が7歳まで、無事に成長することが難しかったかが理解できると思います。

11月15日にお祝いするわけは

習慣的に「七五三」をお祝いする日は、11月15日とされています。
これは徳川家光が体の弱い綱吉の成長を気遣い、神社に祈祷したのが11月15日だったと言う説が残っています。

七五三が広く庶民に広まってきたのは江戸時代からです。
5代将軍だった徳川綱吉が、息子の徳松の成長を祝った事例が七五三の習慣として現代に受け継がれたのですね。

このように伝統行事が現代にも継承されていると言う事は、昔も今も子供の無事な成長を願う、親の気持ちに変わりはないと言う事ですね。

「七五三」はお参りの日がずれても良い?

基本的に「七五三」のお祝いは11月15となっていますが、一般的には10月~11月までの間に行っても良いとされています。
親の都合や子供の成長に合わせ、都合の良い日を選んでお参りする人は多いようです。

しかし多くの神社は参拝する家族連れが集中し、中には長蛇の列ができて祈祷するまでの待ち時間も、長くなってしまうところもあります。

せっかく晴れ着を着て、「七五三」の記念写真を撮りたくても、小さなお子さんは飽きてしまいますよね。
これでは子供もぐずったりしてしまい、親御さんも疲れてしまいます。

また地域によっては、11月に入ると雪が降るところもありますよね。
寒い場所に長い時間いれば、体調も崩してしまうと言う事も考えられます。

そのためには「七五三」の時期を早めたりして、臨機応変に対応することも必要ではないでしょうか。
子供さんにとっても親御さんにとっても、「七五三」は最高の日になってほしいと願っています。

「七五三」のお参りは12月でも大丈夫なのか?

日本には様々な伝統行事があり、祝いごとの日にちなどは、かなり大らかに対応できるようになっています。
特に七五三」のお参りは一年中受け付けている神社もあります。

中には紅葉シーズンにあてて、12月にお参りする御家族もいるようですよ。
たしかに、落ち葉などを踏みしめてお参りするのは、風流で趣があり素敵ですよね。

また、12月であればお参りに訪れる人も少なく、有名な神社でも混雑は避けられそうです。
これなら祈祷や記念写真もスムーズに運び、小さなお子さんを連れてもスムーズに終わりそうですね。

しかし、12月と言えば地域によってはかなり寒い時期にあたります。
混雑を避けると言っても、あまり人がいない神社では寂しいかもしれませんね。

たしかに、12月は混雑しない事では一番のメリットになります。
しかし多少混雑していても、周りに同じような晴れ着を着た子供がいる事で、「七五三」を感じることが出来るとも言えます。

12月でも寒さ対策ができていれば十分お祝いできますが、やはり一般的な時期に都合の良い日を選ぶのがベストといえそうです。

神社によっては、予約を受け付けているところもあるようです。
今年の「七五三」はお日柄の良い日を選び、神社に予約をしてから、お参りに行くのはいかがでしょうか。