相葉マナブ『旬の産地ごはん~三鷹のナス~』ロケ地はどこか?

タレントさん
スポンサーリンク

相葉マナブ今回の主役は三鷹のナス。

東京都三鷹市でなすを使った絶品料理。

地元農家の奥様方に教えていただきます。

なすといえば思い浮かぶのは麻婆茄子くらい。

どんな一品が飛び出してくるのか楽しみです。

また今回のロケ地はどこなのでしょうか?

スポンサーリンク

東京三鷹市とは?場所はどのあたり

東京の三鷹市は、太宰治や武者小路実篤などたくさんの作家が暮らした街として有名な街です。

また三鷹市は、都市と自然が調和する公園都市であり市内にはたくさんの自然が残されています。

テレビや映画の撮影場所としても有名な井の頭恩賜公園をはじめ、国立天文台三鷹キャンパス、調布飛行場などおなじみの施設があります。

地理的には三鷹市は、多摩地域でも東端に位置しています。

ですから東京23区と、多摩地域の境界を接している隣接市になっています。

三鷹市の北端にはJR中央線があり、三鷹駅を中心に市街地を形成しています。

また三鷹駅の南側は、三鷹市で一番大きな商業地区になっています。

三鷹という地名の由来は、徳川将軍家および御三家が鷹狩を行った鷹場の村々が集まっていたこと。

また世田谷領・府中領・野方領にまたがっていたことに由来するようですが、火災による資料焼失で詳細は定かではないようですね。

ロケ地はどこなのでしょう?

今回の相葉マナブのロケ地ですが、三鷹でなすと検索すると星野農園さんがヒットします。

星野農園さんは、江戸時代から続く農家さんで江戸東京野菜の寺島ナスを育てています。

寺島ナスはかつて寺島村(東京向島)を中心に栽培されていてこの呼び名がついたようです。

この星野農園さんは、以前にもマスコミで取り上げられたことがあります。

ですから今回の相場マナブでも、コチラがロケ地になるのではと勝手に推理しました。

例えば以前の番組では、はなまるマーケット 2009年8月25日。

『地方だけじゃない!東京産のおいしい食材』MC:長野博』 2019年9月4日があります。

星野農園さんは知る人ぞ知る有名な農園さんなのですね。

相葉マナブ9月22日放送内容

今回は、東京・三鷹市で栽培されている、
“三鷹のナス”を使った産地ごはんを地元農家の奥様方から学びます!

都内でもまだたくさんの畑が残っているという三鷹市の農家さんにお邪魔し、
収穫した“ナス”を使った絶品料理を地元農家の奥様方に教わります!

まず教えてもらうのは、パッと簡単に作れる“冷やしナスの肉詰め”!
ナスに十字の切れ目を入れ、そこに豚ひき肉を詰めて揚げるのだそう。
このままでも十分美味しそうですが、
今回はこれに、今の時期に余りがちな“あるもの”をかけて冷やすことで、
より絶品料理に!

続いて、“ナスの万能薬味“を教えていただきます!
この万能薬味は、白いご飯はもちろん、そうめんや納豆、冷奴にかけたりと
何にでも合うのだそう!
そんな万能薬味を、今回はナスを細く切って作る“ナス麺”にかけます!
ナスにナスをかけるとは、一体どういうことなのか!?
驚きの発想にマナブメンバーも大興奮!

そして今回も、相葉くんのお手製“お返し料理”を
お世話になった農家さんの皆さんに振る舞います!
毎回、麻婆と炒飯の2択から選ぶお返し料理。
最近は麻婆を作ることが多いですが、今回は果たして!?

お楽しみに!!

[keni-linkcard url=”https://yukibe.work/archives/2506″ target=”_blank”]

タイトルとURLをコピーしました