人生の楽園『ベジモア・ガーデン』営業日時や「道の駅こぶちざわ」の場所!山梨県北杜市を紹介

情報
スポンサーリンク

今回の人生の楽園~ 八ヶ岳の麓で 農業暮らし ~では、富士山を望む高原の町、山梨県北杜市が舞台になります。

そこで東京から移住して農家になった東正隆さん(54歳)と妻の章子さん(54歳)が紹介されます。

東正隆さん5年前まではオフィス街で証券マンとして働いていました。

しかし二人の息子さんのために空気が良いところで暮らしたいと北杜市に中古の家を購入します。

正隆さんは週末を北杜市過ごすのが一家の楽しみとなり49歳の時早期退職します。

その後正隆さんは、農家として新たなスタートを切ることになります。

スポンサーリンク

『ベジモア・ガーデン』営業日時・メニューなど

ベジモア・ガーデンでは化学肥料や農薬を使わず、有機循環複合型農業を目指しブルーベリーをはじめ色々な野菜を栽培しています。

さらに2018年8月にはベジモア・ガーデンに、カフェ&直売所をオープンしました。

カフェではベジモア・キッチン自慢のツブツブケチャップと手製の生パスタを使ったジェノベーゼが評判です。

そのほかもちろん自慢の、ブルーベリーヨーグルトや焼き菓子などが楽しめますよ。

口コミでもアットホームな雰囲気で、とにかく野菜がおいしいと評判は上々なようです。

素人が立ち上げたカフェとはいえ材料にはこだわりを持っているようです。

パスタの粉はデュラムセモリナと北海道産ルルロッソや有機小麦粉を使っていますが、お米は地元小淵沢産。

桃も北杜市産を使うなど材料にこだわり持って丁寧に調理されています。

『営業日時】
夏季 (7-9月)  木・金・土・日・月 (火・水定休 要予約)
秋   10月~   木・金・土(要予約)
冬季  休業有り

【営業時間】
10時~3時(ランチタイムは11時半~1時半まで)

【主なメニュー】
ランチタイム (11時半~1時半)
旬の野菜プレート+選べるメイン 1350円~
ランチデザート 農家の焼き菓子・プリンなど 300円~
ランチドリンク 300円~

カフェタイム(10時~15時 ランチタイムを除く)

スィーツwithベジモア特製フルーツソース
農家の焼き菓子(マフィン、シフォンなど) 500~
ブルーベリーたっぷりパンケーキ 1200~

【お問い合わせ】
0551-35-9389
農業と並行しているため営業時間中は畑にいる事が多良そうです。
連絡お問い合わせ、予約等は営業時間に。

『ベジモア・ガーデン』へのアクセスは

山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3270-14

小淵沢インターから車で5分程度、身曾岐神社の南600m。
小淵沢駅から1,851m

駐車場有

『道の駅こぶちざわ』場所や行き方は?


東さんご夫妻が栽培する様々な種類の野菜は、道の駅などに出荷し評判を呼んでいるそうです。

出荷されている道の駅が、『道の駅こぶちざわ』です。

八ヶ岳山麓にありまだ2019年春にオープンしたほやほやの道の駅です。

地元産の新鮮野菜はもちろんの事レストラン手作りジャムにパン、足湯まであります。

近くに行った際はぜひ一度立ち寄りたい道の駅です。


【道の駅こぶちさわ】
山梨県北杜市小淵沢町2968-1
Tel: 0551-36-3280
Fax: 0551-36-3282

車利用の場合
中央自動車道・小淵沢ICから清里、富士見方面へ1km先の信号「馬術競技場入口」を越えてすぐ右にあります。(小淵沢ICより約3分)
電車利用の場合
JR中央本線・小淵沢駅下車、タクシーで約5分

~ 八ヶ岳の麓で 農業暮らし ~内容

次回は八ヶ岳に南アルプス、さらに富士山を望む高原の町、山梨県北杜市が舞台。東京から移住し農家になった東正隆さん(54歳)と妻の章子さん(54歳)が主人公です。赤や紫のジャガイモや珍しいカボチャなど少量多品目、100種類を超える野菜を育てているお2人。日々土にまみれ額に汗して農業に勤しんでいますが、5年前まではオフィス街で証券マンとして働いていました。
長崎県出身の正隆さんは、東京の大学を卒業後、証券会社に就職。別の証券会社で働いていた章子さんと出会い、31歳のときに結婚。2人の男の子が生まれました。
共働きで多忙な毎日を送っていた正隆さんと章子さん。やがて2人の息子のために、空気が良いところで暮らしたいと思うように。北杜市に中古の家を購入し、週末を過ごすのが一家の楽しみとなりました。やがて野菜作りに興味を持った正隆さんは、49歳で早期退職し、単身北杜市に移住。農業大学校に通い野菜作りを一から学ぶうちに、地元農業の高齢化を目の当たりにし「農家になる」と決心します。その夢をサポートするために章子さんと次男・隆平さんも北杜市に移住。地元の高齢者の方々から土地を借り、農家として新たなスタートを切りました。栽培する様々な種類の野菜は道の駅などに出荷し評判です。
さらにご夫婦は、2018年8月、自家製野菜を使った料理を提供する農園カフェ『ベジモア・ガーデン』もオープン。閉店した地元のカフェを購入し、カフェの脇にあるブルーベリー畑もそのまま譲り受けました。『ベジモア・ガーデン』は週3日の営業。ランチタイムには朝採れ野菜の味を生かしたボリューム満点の前菜と、野菜をふんだんに使ったパスタなどをセットで提供しています。こだわりの自家製生パスタは正隆さん、ブルーベリーを使ったマフィンやパンケーキなどスイーツは章子さんが担当。また東京の高校を卒業した長男の純平さんも合流し、厨房担当として料理作りを手伝っています。さらに「甲州地どり」の育成まで始めた正隆さん。次から次へと、新しいことに挑戦しています。
農家として新たな人生を楽しんでいる東さんご夫婦とご家族、地域の方たちとの温かい交流を紹介します。

[keni-linkcard url=”https://yukibe.work/archives/2491″ target=”_blank”]

タイトルとURLをコピーしました