寒川神社初詣、駐車場の情報は?

寒川神社へ初詣に行こうと計画しているのなら、近くに駐車場がないか気になりますよね。

普段でしたら寒川神社にも無料駐車場もあり、神社付近の公共施設もあり駐車に困ることもないと思います。

しかしお正月の1日~3日は、寒川神社周辺は交通規制があり神社周辺は通行できなくなります。

当然ながら寒川神社の無料駐車場も、駐車は出来なくなってしまいます。

周辺は交通規制もあり大渋滞は覚悟する必要がありますが、寒川神社周辺の駐車場状況をまとめました。

寒川神社境内の駐車場は駐車できないの?

寒川神社は普段であれば、第1から第4まで400台収容可能な無料駐車場が利用できます

参拝に便利な境内の第一駐車場は、普段ですと参道方面からは左折で駐車場に入れます。

しかしお正月は、寒川神社の境内はたくさんの屋台が並び、駐車場は使えなくなります。

お正月は境内の無料駐車場は、屋台と参拝客でごった返してしています。

また交通規制もあり無料駐車場付近は、いずれにしても利用できません。

そのためお正月には寒川神社の臨時駐車場が出来き、そこを利用することになります。

そのほか近くにある、民間の臨時駐車場が出来利用することが可能です。

寒川神社臨時駐車場は?

例年寒川町観光協会では、寒川神社初詣参拝者のために寒川総合体育館(シンコースポーツ寒川アリーナ)。

そのほか寒川町民センター寒川町役場東分庁舎臨時駐車場を開設されています。

開設期間が昨年は12月31日~1月3日まででした。
利用時間

12月31日 午後11時から~1月1日 午前4時まで(寒川総合体育館のみ)
1月1日   午前10時から~午後5時まで
1月2日   午前9時から~午後5時まで
1月3日   午前9時から~午後5時まで

利用料金

一回、1台  1000円

駐車台数

体育館     (195台)
町民センター  (16台)
役場東分庁舎  (16台)

寒川神社周辺の駐車場

寒川神社周辺には、初詣のために民間の駐車場がこの時期は臨時で開設されています。
寒川神社に向かう車道の両側にいくつもあり、案内のおじさんが立って誘導してくれますよ。

料金は1000円で前払いで払い、特に時間などは決められていなかったように記憶しています。
これら民間の駐車場は、寒川神社から離れたところから近くまであります。

ですから入庫するときは、よく考えて入らないと神社までかなり歩くことにもなります。
もっともこれは一種の賭けになるかもしれませんね。

もし手前の駐車場をパスして、近くの駐車場まで行ってみたら満車ということもあります。
私などは気が小さいせいか、どうしても最初にあった駐車場に入庫してしまいます。

2020年は5日が日曜日ですから、この日まではどこの駐車場も混雑が予想されます。
また6日の月曜日は、会社でも年賀のあいさつの後、安全祈願などで混雑すると思います。

やはり7日以降に行けば、多少混雑も落ち着き、無料の駐車場も利用できるようになるかもしれませんね。

また少し離れていますが川とのふれあい公園に、無料駐車場があるのですが12月29日から翌年1月3日までは駐車場は閉場しています。

それ以降でしたら利用することはできますが、そこ頃には寒川神社の駐車場も利用できるようになっていますね。
参考までに場所は下の地図を参照してください。

寒川神社の混雑状況などはコチラにまとめた記事がありますので参考にしてください。