人生の楽園【農園レストラン つつじヶ丘】熊本県宇土市・営業日メニュー・アクセス行き方8月3日放送

人生の楽園今回の舞台は熊本県宇土市です。

地域の活性化と地元を盛り上げたいと『農園レストラン つつじヶ丘』を開店。

レストランの代表を務めているのは佃 安子さん。

農業のかたわら様々なボランティア活動に参加してきたご夫婦でした。

夫の正人さんも野菜などを作ってレストランを応援。今回はそんな佃さんご夫妻が紹介されます。

【農園レストランつつじヶ丘】営業日メニュー


この【農園レストランつつじヶ丘】は、代表の佃 安子さんら8人のメンバーが運営しているレストランです。

メンバーの皆さんは農家のお母さん方で、地元の野菜をふんだんに使ったビュッフェ形式のレストランになっています。

ですからこの【農園レストランつつじヶ丘】は、営業日は週1日の土曜日だけ。

営業時間は11時30分から14時までの営業となっています。

利用する方は週一度だけの営業なので注意が必要ですね。

メニューはビュッフェ形式ですので、ご自分でお好きなものを召し上がることが出来ます。

料金も大人は700円、子供400円と非常にリーズナブルな価格になっています。

代金はレジにて前払いで払い、テーブル席で食事が出来ます。

〔 時間/定休日 〕 ・毎週土曜日11時30分から14時のみ営業
〔 利用料金 〕 大人700円、小学生400円、幼児(3才以上)200円
〔 駐車場 〕 あり
お問い合わせ  宇土市農林水産課農業振興係(0964-22-1111)

【農園レストランつつじヶ丘】アクセス行き方は


農園レストラン つつじヶ丘ですが、宇土駅からも少し離れているので車の利用が便利のようです。

JR宇土駅からはバスの運行もあるようですよ。

〒869-0455 熊本県宇土市椿原町169ー14
 連絡先      0964-24-6400
〔 所在地 〕     宇土市つつじヶ丘公園
〔 交通アクセス 〕 JR宇土駅から車で約20分

【~ 幸せの味 農園レストラン ~】内容は

舞台は熊本県宇土市。地域を盛り上げたいと、『農園レストラン つつじヶ丘』の代表を務めている佃 安子さん(68歳)と夫の正人さん(70歳)が主人公です。
熊本市出身の安子さんは、青年団で出会った農家の正人さんと26歳で結婚し、3人の子供が生まれました。農業を営みながら、時間があれば婦人会や農業委員など様々なボランティア活動を行ってきたご夫婦。
農園レストランを始めたきっかけは、2013年の春。宇土市から、安子さんが参加する市民活動団体に「公園の管理棟を利用して、レストランを始めてみないか」という誘いがありました。地域の活性化に繋がるならと、安子さんを含む8人のメンバーが参加することに。1年間の研修を経て、2014年5月、毎週土曜日に営業する『農園レストラン つつじヶ丘』がオープンしました。夫の正人さんも、野菜などを作ってレストランを応援してくれています。
『農園レストラン つつじヶ丘』では、その日にある食材をみて、メニューを決めます。この日、安子さんが持ってきたのは正人さんと収穫したナス、キュウリなど。ナスは味噌和えに、キュウリは春雨と中華サラダにしました。レストランには他にも、肉じゃがやカレーなど15種類以上の料理が並び、バイキング形式で食べられます。
素朴な家庭料理が人気を呼び、毎週、開店と同時に沢山のお客さんが訪れます。この日は開店15分でほとんどのお皿が空になり、厨房は大忙し。それでもスタッフは、毎週ここで楽しく過ごせることを楽しみにしています。
年間60種類以上の花を育てている正人さん。平日は夫婦で地元の産地直売所に出荷、お客さんとのふれあいがお気に入りの時間です。
地産地消を目指しスタートした『農園レストラン つつじヶ丘』。地域のために日々奮闘している安子さんと、それを支える正人さん。ご夫婦の暮らしを紹介します。